『淡路島プレーンヨーグルト』はヨーグルティア(タニカ)で培養できる?

スポンサーリンク
淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回ヨーグルティアで培養するのは、淡路島牛乳の『淡路島プレーンヨーグルト』。

名前だけ見ると、ごく普通のプレーンヨーグルトのようですが、実は乳脂肪分が脅威の1.0%という低カロリーを特長としたヨーグルトです。

でも、ここでは培養できるかどうかがテーマ。脂肪分が少ないことは、どう影響するのか?

それでは以下レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

『淡路島プレーンヨーグルト』とは?

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|

前回の『白バラヨーグルト生乳100』の時もそうでしたが、商品名に”淡路島”が付くと、良いモノ感が出ますね。

『白バラヨーグルト生乳100』はヨーグルティア(タニカ)で培養できる?

「淡路島たまねぎ」や「淡路島ビーフ」など。実際に美味しいからこそ育ったブランドパワーです。

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|成分表

すでに書いたとおり、このヨーグルトの乳脂肪分は1.0%。一般的なプレーンヨーグルトは3%台のものが多い中、1.0%というのは驚異的な数字です。

それでもパッケージのどこにも低脂肪とは書かれていないのが不思議。

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|安定剤、香料、不使用

安定剤や香料が不使用など、かなり健康に配慮したヨーグルトです。

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|オリジナルの状態

公式サイトには下記のとおり紹介されています。

程よい酸味とクセのない味わい、生地はやや柔らかめでお召し上がりやすく仕上げました。

食べてみたところ、ほぼ同じ印象を持ちました。

少し酸味を感じるものの、全体的には優しい味の食べやすいヨーグルトです。

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|オリジナルはユルユル

ただし、”やや柔らかめ”という紹介文には納得できかねます。

オリジナルは、液体一歩手前ぐらいのユルユルさ。容器に入れると、底面いっぱいに拡がってしまいました。ちゃんと固まるのか、不安です。

スポンサーリンク

『淡路島プレーンヨーグルト』をヨーグルティアで培養

準備&設定

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|牛乳投入

とは言っても、何か策があるわけでもなし。いつも通り「ヨーグルティア(タニカ)」で培養しましょう。

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|ヨーグルティアにセット

電子レンジで殺菌(500Wで1分30秒)した容器に、種菌として淡路島プレーンヨーグルトを100gほど入れます。

今回は、温度を1度低くしてみました。

  • 温度:40度
  • 時間:10時間

低温でじっくり時間をかける方が、菌が活動しやすいかなと想像して。根拠はありませんが。

あとは祈るのみです。

完成

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|完成

意外にも。そこそこ固まりました

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|培養完成

一般的なヨーグルトほどではないものの、揺らしても崩れないぐらいの固さはあります。

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|培養完成

オリジナルがユルユルだっただけに、それよりも固くなったのは驚きです。温度を下げたのが良かったのかな。

淡路島プレーンヨーグルト(淡路島牛乳)|培養完成

少し酸味が強まりましたが、あいかわらずあっさりとした優しい味。

あっさりし過ぎていて、ヨーグルト感は弱いです。誇張して言えば、牛乳が固まっただけのような感じになってしまいました。いわゆるヨーグルトを求めるなら、物足りないかな。

あとがき

とはいえ、培養については成功と言っていいでしょう。

3回目も同じように固まったし、味についても同じように薄めではありますが、不満に感じるレベルではありませんしね。


その他のヨーグルトを培養した記事はコチラをお読みください。

【保存版】ヨーグルティア(タニカ)で市販のヨーグルトを培養する