『BifiX(ビフィックス)ヨーグルト』はヨーグルティアで培養できる?

スポンサーリンク
Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|パッケージ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回培養するのは、グリコの『BifiXヨーグルト(以下、ビフィックスヨーグルト)』。

ビフィックスヨーグルトには「加糖」や「脂質0」、「フルーツ味」といった種類がありますが、まずは砂糖不使用の「プレーン」に挑戦。

果たして、無事に培養できるのか。以下レポートです。

スポンサーリンク

『BifiX(ビフィックス)ヨーグルト』とは

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|パッケージ

ビフィックスヨーグルトは2019年にリニューアルされ、100%野菜由来の食物繊維「イヌリン」が配合されるようになりました。他の食物繊維(難消化性デキストリン)よりも、腸内での発酵力に優れているらしいです。

商品名にもなっている「BifiX」は、グリコ独自のビフィズス菌だそうで。「X」は大文字表記。「スパルタンX」とか「プロジェクトX」とかのような究極感があるのか、ないのか。

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|中身

オリジナルの状態は、かなりトロトロ。これまで食べたヨーグルトの中で、最も液体に近い。傾けると、こぼれ出しそう。

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|液状に広がる

容器に入れたら、瞬時に広がるユルユル状態。もはや飲むヨーグルトです。

公式サイトを見てみると、このプレーンタイプは

シリアルなどにもおいしく絡めやすい”なめらか食感”

とあります。なるほど、意図したものだったんですね。確かに、これだとシリアルと食べやすい。

でも、元がこんなにユルユルだと上手く培養できるのか、いささか不安です。

スポンサーリンク

『BifiX(ビフィックス)ヨーグルト』を培養

準備&設定

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|牛乳を混ぜる

それでは、いつもの通り「ヨーグルティア(タニカ)」を使って培養します。

底を覆う程度の少量の水を入れ、電子レンジで容器とスプーンを殺菌(500Wで1分30秒)。種菌として、ビフィックスヨーグルトを100gほど投入し、牛乳入れかき混ぜます。

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|牛乳を入れて混ぜる

元がユルユルだったので、牛乳と混ぜ合わせてる感覚がありません。ただただスプーンを回してる感じ。大丈夫かな。

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|牛乳と混ぜた

終始、液状。はてさて、どうなることやら。

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|ヨーグルティアにセット

ヨーグルティアで、

  • 温度:41度
  • 時間:10時間

に設定。

いつもはこれで固まりますが、今回はどうでしょう。もっと温度が高い方が良いのか、あるいは発酵時間を長くした方が良いのか。やってみなくちゃ分かりませんね。とりあえず一晩待ちましょう。

完成

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|完成

というわけで、翌朝。少しドキドキしながら取り出してみると、おや?ユルくない。

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|スプーンですくってみたところ

スプーンですくってみても垂れ落ちない。エッジも形成されているし、固形物と呼んでも、ギリギリおかしくないぐらいには固まっています。

Bifix(ビフィックス)ヨーグルト|培養成功

味の方は、マイルドで食べやすく仕上がっている印象。オリジナルが少し酸味を感じるものだったので、それよりも優しい。ほんのり甘く、砂糖やハチミツを入れずとも美味しくいただけます。

また、なめらかクリーミーな食感はオリジナルと大差無し。培養大成功!と言ってもいいんじゃないでしょうか。

あとがき

こんなにユルくて本当に固まるのか疑問でしたが、全く問題ありませんでした。むしろオリジナルよりも美味しく思うのは気のせい?

本種よりもユルくなるのが当たり前でしたが、まさかの逆パターンという結果に。こんなこともあるんですね。発酵の世界は奥が深い。

安定のヨーグルティアです。


その他のヨーグルトを培養した記事はコチラをお読みください。

【保存版】ヨーグルティア(タニカ)で市販のヨーグルトを培養する
ヨーグルト
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどん.com