ヨーグルティア(タニカ)|『プロバイオティクスヨーグルト』は増やせる?

スポンサーリンク
プロバイオティクス(バロー)|パッケージ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回ヨーグルティアで培養するのは、バローの『プロバイオティクスヨーグルト』。

バローのPB商品のヨーグルトの中では、最も安い99円(税込)。プロバイオティクスとは、やたらカッコいい名前ですが、果たして培養できるのか。

早速、レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

『プロバイオティクスヨーグルト(バロー)』とは

プロバイオティクス(バロー)|パーケージ

プロバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌など「体に良い働きをする生きた微生物」の総称。”生きた”というのが重要で、使用されているビフィズス菌「Bb-12」は胃酸に耐える力が強く、菌数を保ったまま腸に届くという特長があります。

プロバイオティクス(バロー)|パッケージ

しかも酢酸臭が弱くて食べやすい。生乳50%以上使用ということで、舌触りもなめらか。ただし美味しさを優先したヨーグルトではないので、スイーツのような満足感を得るなら別の選択をおすすめします。

プロバイオティクス(バロー)|パッケージ

製造しているのは群馬県にある「榛名(はるな)酪農業協同組合連合会」。『北軽井沢発 生乳100%ヨーグルト』と同じですね。

ヨーグルティア(タニカ)|『北軽井沢発 生乳100%ヨーグルト』は増やせる?

プロバイオティクス(バロー)|

オリジナルの状態は結構固め。いわゆる普通のヨーグルトといった感じです。

スポンサーリンク

『プロバイオティクスヨーグルト(バロー)』を培養

準備&設定

プロバイオティクス(バロー)|牛乳を注ぐ

それでは、いつもの通り「ヨーグルティア(タニカ)」を使って培養します。

いつもの通り、電子レンジで殺菌(500Wで1分30秒)した容器に、『プロバイオティクスヨーグルト』を種菌として入れます。で、牛乳を丸々1パック注いで、混ぜ混ぜ。

プロバイオティクス(バロー)|牛乳を注ぐ

今回は元が固形だったので、よくよく混ぜながら馴染ませていきます。久しぶり、この感覚。

ヨーグルティアの設定は、もはや定番。

  • 温度:41度
  • 時間:10時間

それでは後ほど。

完成

プロバイオティクス(バロー)|完成

しっかり固まりました。完成です。

味はオリジナルよりも酸味が強くなって、明らかに酸っぱい。砂糖やはちみつをかけて食べましょう。でも、なめらかな舌触りはそのまま。ちょっぴりねっとしていてクリーミー。食感は好みの感じに仕上がりました。

あとがき

調べてみると、ビフィズス菌は酸素を極端に嫌うため、特殊な環境下じゃないと増殖は難しいそうです。なので今回、培養に成功したと言っても、それは牛乳が発酵して固まっただけで、ビフィズス菌が増えたわけではないそうです。

ただし酸味がアップしたのは、 乳酸菌の力によるものかもしれません。乳酸菌は酸を発生するからです。全くお腹に良い成分が引き継がれていない、ということではなさそうなので、免疫アップのためにせっせと増やして、毎日食べようと思います。

(参考)『酪農ジャーナル』質問コーナー「ヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトの成分は、元のヨーグルトと同じですか?」より。

ヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトの成分は、元のヨーグルトと同じですか? « 酪農ジャーナル電子版【酪農PLUS+】
ヨーグルト
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどん.com