【ヨーグルティア(タニカ)】腸活は”毎日欠かさず”がポイント!

ヨーグルティア

ヨシケイを始めてから、便秘で悩されることはほとんどなくなりましたが、思い返してみると、それと平行して始めたことがあります。

それは、毎朝ヨーグルトを食べること。

当初は食材以外を買いに出かけたついでに、毎回450ml入のプレーンヨーグルトを数個購入していました。1日1人100g。うちは4人家族なんで、ほぼ1個を毎日消費していくわけです。1回の買い物で4個購入。それを週に2回行ければ足りるのですが、1回しか行かなければ、食べられない日が発生します。

じゃあ7個まとめて買えば良かったのか。賞味期限のこともありますが、何よりも450ml×7個=3150gの重さに負けました。牛乳もまとめて4本買っていたので、それだけでも7kgオーバーです。買い物行くのがますますイヤになります。

何とかならないものかと、ネットで調べてみると世の中良いものがありますね。

ヨーグルトメーカーは色々な機種が市販されていますが、この商品はAmazonなどのレビューで評価が高く、実際に使っている方のブログなどを見ても、非常に良い代物だということで決定しました。

スポンサーリンク

操作がとっても簡単

使ってみて真っ先に感じたのが、操作がとっても簡単だということ。

  1. 容器に少し水を入れ、レンジで消毒(500Wで1分30秒)。
  2. 種になるヨーグルト(100g程度)と牛乳(1リットル)を入れる
  3. よくかき混ぜる
  4. 本体にセット(ヨーグルトの種類や好みにもよるが、6〜7時間程度で完成)。
  5. 冷蔵庫に入れ、冷やす

本体にセットするまで、ものの3分程度で終了します。

前回セットした温度や時間は、そのまま残っているので、特に変更がなければスタートボタンを一度押すだけで発酵が始まります。2年以上続けていますが、もはや空気を吸うように自然に準備が完了します。

とにかく経済的

容器が2つあれば、Aの容器で完成したヨーグルトを食べるときに、Bの容器(消毒済)に100g程移し入れ、1〜5の手順を繰り返し、再度ヨーグルトを1リットル分作ることが可能です。

ランニングコストは、市販のヨーグルト1個分(100g)120円の約5分の1以下、約23.6円(メーカーオンラインショップHPより)ということになるらしいです。

僕がよく行くスーパーでは牛乳が170円弱(メーカの設定は200円)なので、さらにコストは下がります。

賞味期限は牛乳のそれと一緒ということなので、理論的には半永久的に増産が可能なのですが、途中で雑菌が入るからからなのか、経験上1ヶ月もすれば固まりにくくなり、風味も落ちてくるように思います。

長持ちさせるには、消費の回転を早く(3日で食べきるぐらい)することがポイントです。

まとめ

健康って維持することが本質だと思います。

”一瞬だけ健康”とか、”1日置きに健康”とか、そんなの健康とは言えないですよね。”毎日が健康”だから、健康って言えるんです。

この”毎日”っていうの大事。

毎日ということは、継続するっていうこと。

お金がかかってしまっては、毎日続けることが困難になります。

お金と労力の負担が減れば、毎日続けることへのハードルがグッと低くなります。

ヨーグルティアがあれば、毎日の腸活がラクに継続できますよ。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク