相次いで手持ちの機材が故障!ヨドバシカメラとケーズデンキの長期保証制度を比較。

保証内容のパンフレット

先月某日、とある回転系のすし屋にて、愛機X-Pro1をコチコチのタイル床の上に落としてしまいました。カバンのファスナーが全開になっていたことに気付かず、混雑した店の中、他のお客さんと接触。腰のあたり地上1mからの落下でした。

自慢のファインダー前面ガラス部にヒビがはいり、電源をONにしてもシャッター幕が全く動作せず、液晶モニターは真っ暗なまま。目の前も真っ暗に。


その数日後、今度はプリンターに異常発生。紙詰まりが起こったのか、「ガガガッ」という一瞬で異常と分かる音が鳴り、再起動を促すエラーメッセージ。再度電源を入れるも、同じメッセージ(サポート番号=5100)が表示されるのみで、復旧かなわず。

立て続けに機器トラブルが起こってしまい、出費がかさむなぁと思っていたところ、よくよく考えてみたら両方とも家電量販店の長期保証サービスに加入していることを思い出しました。

あまりこういう事態に遭遇しないのと、ああいうのって何となく入っているフシもあって、てっきり忘れていました。

スポンサーリンク

家電量販店の長期保証って微妙に違う

早速、それぞれの保証内容を確認。

  • X-Pro1:ヨドバシカメラの延長保証サービス
  • プリンター:ケーズデンキの安心延長保証

どちらも購入金額の5%を支払って加入するサービスです。比較をしてみると、結構違いがあるので表にしてみました(優れている内容については強調表示をしています)。

検討
項目

ヨドバシカメラ
延長保証サービス

ケーズデンキ
あんしん延長保証
対象
商品
購入金額1万円以上の指定商品購入金額1万円以上
かつメーカー保証期間が1年である指定商品
保証
期間
最大5年間3〜5年間
(購入金額と商品種類によって
異なる)
修理
回数
1回限り無制限
(PCやディスプレイは除く)
修理
限度額

購入日〜1年未満:100%
1年以上〜2年未満:80%
2年以上〜3年未満:70%
3年以上〜4年未満:60%
4年以上〜5年未満:50%

なし
(PCやディスプレイは除く)
その他

購入金額1万円以上の
エアコン・洗濯機・冷蔵庫・14型以上のテレビは
5年間・全額・何度でも保証。

購入金額1万円以上3万円未満の
エアコン・洗濯機・冷蔵庫・
液晶テレビは
3年間保証

※上記は掲載時点での情報なので、時期によっては変更されている可能性があります。

ケーズデンキは修理回数が”無制限”なのに対して、ヨドバシカメラは”1回限り”と頼りない感じは否めません。

また修理限度額を比べても、ケーズデンキは基本”上限なし”に設定されていますが、ヨドバシカメラは1年毎に減額される設定になっています。

ただしケーズデンキは、購入金額や商品の種類によって保証期間が3年間になるので注意が必要ですが、それ以外の項目が圧倒的に好条件なので、僕はケーズデンキの保証制度の方が使いやすいかなぁと思っています。

自然故障の落とし穴

ところが両制度とも規定内容にはこんな説明書きが。

正常な取扱のもとで発生した自然故障の範囲で保証

言い回しに多少の違いがあるものの、内容は同じ。

自然故障??

ヨドバシカメラのパンフレットにはこのように記載されています。

自然故障とは、取扱説明書や本体ラベルなどに記された使用方法に準じて正常に使用した状態で故障した場合を指します。

つまり落下・水漏れ・改造・天災・物理的損傷・摩耗消耗・盗難等は対象外ということ。

ん!?落下

そう、X-Pro1は落っことしての故障なので、保証対象外だったんです。これにはひどく落胆しましたよ。だって7000円ほどの金額を払っていたんですよ。それが全く効力を発揮しないなんて。

再び途方に暮れた僕は、何か手段がないものかとホウボウ探ってみた結果、ありましたありました、救いの道が。

長くなったなので、続きは次回に。


※ちなみにプリンターはケーズデンキの保証を使って、無償(5年間保証の対象)で修理してもらえました。修理依頼から約2週間かかりました。メーカー直送ではないので仕方がないかな。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク