『クリーミーカスタードバニラヨーグルト』はヨーグルティア(タニカ)で培養できる?

スポンサーリンク
家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回ヨーグルティアで培養するのは、安曇野食品工房の『家族の贅沢 クリーミーカスタードバニラヨーグルト』。

クリーミーでカスタードでバニラということで、かなり甘めのスイーツ系ヨーグルトですが、果たして無事に培養できるのか?

以下レポートです。

スポンサーリンク

『家族の贅沢 クリーミーカスタードバニラヨーグルト』とは

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|

安曇野食品工房が販売する『家族の贅沢 クリーミーカスタードバニラヨーグルト』は、その長い名前から想像できる通りの美味しいヨーグルトです。

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|原材料

原材料には卵黄生クリームが入っています。バニラエッセンスで香りが付けられているので、プリンみたいな味。酸味が苦手な子どもは「これ美味しい!」と大喜びでした。まさに”家族の贅沢”。

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|ゆるめ

舌触りもとっても滑らかでクリーミー

一般的なプレーンタイプのヨーグルトより柔らかめですが、ある程度の固さはあります。培養して固まるかという不安は、この時点ではありません。

どちらかと言えば、酸味が少ないことが懸念材料。「酸味が強い=乳酸菌が多い」という誤った解釈からの発想ですが、実際、スイーツ寄りの成分がどう影響するのかは心配ではあります。

スポンサーリンク

『家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト』をヨーグルティアで培養

準備&設定

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|培養過程

それでは、いつも通り「ヨーグルティア(タニカ)」で培養します。

電子レンジで殺菌(500Wで1分30秒)した容器に、種菌としてクリーミーカスタードバニラヨーグルトを適当量入れ、牛乳1Lを注いでよくかき混ぜます。

で、ヨーグルティアを以下の通り設定。

  • 温度:40度
  • 時間:10時間

前回、オリジナルがユルユルな『淡路島プレーンヨーグルト』がしっかり固まったので、同じ設定で試してみます。

完成

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|培養完成

無事、完成!普通にちゃんと固まりました。

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|培養完成

しかも結構キレイな仕上がり。

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|培養完成

スプーンですくっても崩れ落ちません。明らかにオリジナルよりも固まりました。

どうやら設定を1度低くするのは効果があるのかもしれません。

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|

特筆すべきは味。

ほんのりカスタードとバニラの風味が残っていて。舌触りのクリーミーさも健在。わずかながら酸味を感じるようになりましたが、ヨーグルトらしくなったと思えば、それまでの話。

家族の贅沢クリーミーカスタードバニラヨーグルト(安曇野食品工房)|

超マイルドな仕上がりなので、ハチミツなんかで甘さを調整すると、かなり美味しいヨーグルトになります。

あとがき

カスタードやバニラの風味って、結構強いもんなんですね。この傾向は3回転目まで続いたので、なかなかの驚き。それ以降は酸味が強く主張するようになりました。

家族全員が美味しい!となったので、培養成功です。


その他のヨーグルトを培養した記事はコチラをお読みください。

【保存版】ヨーグルティア(タニカ)で市販ヨーグルト培養[まとめ]