奈良・橿原|Kame-pan(カメパン)の『もちっと食パン』を食べました。

スポンサーリンク
Kame-pan(カメパン)|もちっと食パン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パン専門店の食パン食べ比べ。今回は奈良県橿原市にあるKame-pan(カメパン)に行って来ました。

チェーン展開していない地元人気系のお店。たまたま近くに行く機会があって、下調べをするとすこぶる評判が良い!こりゃ一度食べてみるしかない。

というわけで、以下レポートです。

スポンサーリンク

[奈良・橿原]Kama-pan(カメパン)の『もちっと食パン』

店舗とか、通販とか

Kame-pan(カメパン)|店舗

Kame-pan(以下、カメパン)は、ここ奈良県橿原市に1店舗しかない地元で超人気のお店。

近鉄大和八木駅から徒歩約10分。住宅街のマンション下で営業されています。駐車場完備

Kame-pan(カメパン)|店舗

この日はあいにくの天気でしたが、それでもひっきり無しにお客さんが買いに来てました。「行列ができる」というふれこみは伊達じゃありません。

Kame-pan(カメパン)|袋

店舗のウインドウや持ち帰り用の袋にURLが掲載されていますが、執筆時はアクセスができない状態でした。WEBはもう、楽天市場をメイン(twitter少々)に切り替えされたのかもしれません。通販でお取り寄せができます。

おいしい食パンの店kame-pan

カメパンの『もちっと食パン』

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パン

カメパンの食パンはいくつか種類がありますが、今回はプレーンタイプの『もちっと食パン』を購入しました。

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パン

一本はちょっと小ぶりな1.5斤サイズ。お値段は640円(税込)なので標準的。

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンの重さ

約600gの重さも標準的。

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンの焼き色

おまけに焼き色も標準的。形もキレイな直方体。

ここまで教科書に載っているかのような、どストレートな食パンの印象です。

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンを切る

パン切り包丁を入れてみたところ、とっても気持ち良い感触。包まれるように適度な抵抗を感じながら、すぅっと一息に切れていきます。切りカスもほぼゼロ。

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンの断面

断面も生地ムラがなく綺麗。

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンのクラスト

クラスト(皮)部分は適度に厚みがあるタイプで食感が楽しみです。

スポンサーリンク

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンを生のまま

それではまず、焼かずにそのまま食べてみます

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンを生のまま

名前の通り、もちもち系の生地。やわらかくてふわふわ。粘りが強くて、ちぎってもなかなか裂けません。

鼻を近づけなくても感じる小麦の香り。袋に入った状態から漂ってました。

甘さは控えめで、素材それぞれの旨味がバランス良くまとまっている印象。しつこくない後味も良いですね。これなら何枚でも食べられます。

Kame-pan(カメパン)|もちっと食パンのトースト

お次はトーストを。

Kame-pan(カメパン)|トースト

トーストにしても、もちっと具合は健在。ぐぃーんとしたって裂けません。表面サクッからのこれなんで、食感のコントラストがすごい!

よつ葉乳業の無塩バター中沢フレッシュクリームなど、材料には厳選されたものが使われていて、焼くとそれぞれ風味がパワーアップするもんだから、めちゃ美味!

それでいて味のバランスは崩れない。生でもトーストでも美味しい食パンです。

あとがき

素材から製法まで、おそらくめちゃくちゃ丁寧なんだと想像します。きちんと美味しい真面目な食パン

派手さはありませんが、万人受けする美味しさなので、毎日の食卓はもちろん、手土産にしても喜ばれると思います。


食パンについての他の記事はこちらからどうぞ!

【保存版】食パン専門店の食パン食べ比べ記事[まとめ]