北欧倶楽部(バロー)の『北欧ミルク食パン』が美味しい!コスパ抜群!

スポンサーリンク
北欧ミルク食パン(バロー)|食パン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前、食パン専門店と普通のスーパーに売られている高級っぽい食パンの味の違いを比較した記事を書きました。

食パン専門店と普通のスーパーの高級っぽい食パンはどう違うのか?

その時の結論は「さほど値段が変わらないのに美味しくない」というもの。やっぱり専門店の食パンすごい!と。

ですが、今回購入したスーパーの食パンは、その結論を見事にくつがえしてくれました。美味しくて、しかもコスパ抜群。

早速レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

北欧倶楽部(バロー)の『北欧ミルク食パン』

北欧ミルク食パン(バロー)|パッケージ

購入したのは、北欧倶楽部の『北欧ミルク食パン』。北欧倶楽部とは、スーパーマーケット「バロー」内にあるパン工房です。

1本のお値段は298円(税別)。普通の食パンよりかは高いけど、食パン専門店のものよりは、はるかにリーズナブルです。

北欧ミルク食パン(バロー)|食パン

サイズについては、一般的な1本売りのものと同じ。

北欧ミルク食パン(バロー)|重さ

でも重さを計ってみると、およそ1.5斤分ほどでした。どうりでズシリ感がないわけだ。

北欧ミルク食パン(バロー)|表面

焼き色はしっかり目ですね。きつね色。ムラなし。大胆なほどに凹んでいて、シワも結構目立ちます。きめ細かさとは無縁です。

北欧ミルク食パン(バロー)|表面

持つと折れそうな柔らかさはありませんが、ふんわりした感触は伝わってきます。

北欧ミルク食パン(バロー)|断面

抵抗なくスッと入るパン切り包丁。断面も荒れることなく、切りやすい。

北欧ミルク食パン(バロー)|クラスト(表皮・耳)

しっかりとしたクラスト(表皮・耳)の厚みが確認できます。でも切った感触からすると、厚みほど固くはなさそうです。

北欧ミルク食パン(バロー)|切りカス

ほんの少しですが、切りカスは出ますね。ボソボソした感じはありませんが、しっとり感は控えかもしれません。

スポンサーリンク

北欧ミルク食パン(バロー)|生のまま

まずは焼かずにそのまま食べてみます。

北欧ミルク食パン(バロー)|生のまま

もっちり&しっとりよりも、ふんわり強めな食感。クラストまで柔らかいので、食べやすい部類に入ります。

味についても、ほんのりさり気ない甘さが好印象。わずかですが小麦の良い香りも感じられ、十分美味しいと評価できるレベルです。

北欧ミルク食パン(バロー)|トースト

続いてトーストしたものを。

北欧ミルク食パン(バロー)||トースト

外がサクッとなって、中のふんわり感が一層強調されます。甘み、小麦の香りともにアップするので、トーストした方がより美味しく感じられます。口の中に入れて目をつぶり、風味を味わう楽しさがあります。

焼かずに食べてもトーストしても、「乃が美」や「に志かわ」のような圧倒的な甘美さはありません。けれども、この突出していないことこそが、デイリーで食べるのに適した美味しさとなっている。ましてや値段のことを考えると、かなりコスパの高い食パンだと言えます。

あとがき

カットされたハーフサイズも用意されています。しばしば20%オフになっていることが多く、その場合、もう某コンビニの高級食パンを買う理由は消滅します。

我が家はここ最近、1週間に1本の割合で購入しているほどのハマりよう。確実に金銭的価値よりも美味しさが上回っています。コスパって、やっぱ大事です。


食パンについての他の記事はこちらからどうぞ!

【保存版】食パン専門店の食パン食べ比べ記事[まとめ]
パン
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどん.com