直火用ホットサンドメーカーは、”分離型”がおすすめな3つの理由

スポンサーリンク
ホットサンドクッカー(コフラン)|分離型
スポンサーリンク
スポンサーリンク

早いもので、ホットサンドメーカーを買ってから1年以上が経ちました。

コフランの直火式ホットサンドメーカーは、耳まで美味しく焼ける!

愛用しているのは、コフランの「ホットサンドクッカー」。

いつものことですが、事前にあーだこーだと悩んだおかげ(?)で、とっても満足して使っています。

購入の決め手となった理由はいくつかあるのですが、使い込んでいくうちに、改めて気付いた価値があります。

それは「プレートが分離できる」こと。

スポンサーリンク

調理が速い!

家族4人分を作る時間

ホットサンド完成

直火用ホットサンドメーカーの調理手順は、

  1. [予熱]下プレートを火にかける
  2. [セット]パンA→具材→パンBをのせ、上プレートでプレス
  3. [焼く]片面を火にかけて焼く
  4. [焼く]ひっくり返して、もう片面も焼く

が基本になります。直火用なら、おそらく他のホットサンドメーカーでも同じはず。

強火だと焦げやすくなるので、火加減については「弱火寄りの中火」がベスト。ゆっくり熱を伝えることで、中の具材も美味しく仕上げることができます。

けれども、これだと結構な時間がかかってしまいます

片面を焼き上げるのに必要な時間は、約1分〜2分半。予熱の時間を含めると、両面が焼き上がるまでには、約3分〜6分ほどかかります。家族4人分なら、かるく20分を超えてしまう。

平日の朝にリクエストがあっても、おいそれと作ることはできません。

プレートを両方とも予熱しておくと、時短になる

ホットサンドクッカー(コフラン)|両方のプレートを予熱する

なんとか時短ができないものかと考えたのが「プレートを両方とも予熱しておく」という方法。

これまでの手順だと、上プレートが熱を持つのは[手順4]のタイミングでした。具材が美味しく仕上がることに違いはありませんが、パンBの表面がカリリっと仕上がるまでに時間がかかってしまうのです。

新しい手順は以下の通り。

  1. [予熱]上下プレートを火にかける
  2. [セット]パンA→具材→パンBをのせ、上プレートでプレス
  3. [焼く]片面を火にかけて焼く
  4. [焼く]ひっくり返して、もう片面から火を通す

この方法だと、

  • パンBの表面を焼くのは、手順2でスタート
  • 終始、上下から熱が入る

といった時短要素を含みます。

片面にかかる時間は、長くても1分ほど。ホットサンドを1つ焼き上げるのに、最大で3分ほど短縮することができます。もちろん美味しさや仕上がり具合は変わりません。

家族4人分なら12分の短縮。この差は大きいです。

上下分離と蓄熱性

ホットサンドクッカー(コフラン)|ガス火で調理

言うまでもなく、これは上下プレートが分離できるからこそ為せる技。バウルーのような一体型なら、この技は使えません。

さらに言えば、鋳鉄製であることもポイント。鋳鉄は蓄熱性が高いので、[手順1]で蓄えた熱は、[手順3]まで残り続けます。

  • [手順2]パンBの表面を、ある程度まで焼く
  • [手順3]余熱が具材に伝わる
  • [手順4]仕上がりまでの時間が短い

といった好循環を生み出すわけです。

取り回しが良い!

ホットサンド焼き上がり

焼き上がったホットサンドを取り出す時、上下が分離できると実に簡単。片手でホイッ!とお皿にひっくり返すだけで、取り出すことができます。卵焼きや餃子と同じ要領です。

一体型の場合はどうするのでしょう。フライ返しを使うのか、はたまた開いた隙間から落とすのか。

いずれにせよ、ワンハンドの取り回しの良さには敵わないんじゃないでしょうか。

後片付けがラク!

ホットサンドクッカー(コフラン)|上下分離

洗いやすい

これは購入前から想像が付きました。

  • 入り組んだ構造のヒンジ部分が無い
  • プレートは片方づつ洗うため、軽い
  • 1枚のフライパンのように洗える

鋳鉄製なので、基本的には洗剤は使わず水洗いのみ。タワシでこびり付きを落とせば終了です。

メンテナンスが速い

洗った後は、火にかけて水分を飛ばします。その後、薄く油を塗ってメンテナンスは完了となるわけですが、上下が分離できるとめちゃくちゃ速い!

  • プレート2枚を、同時に火にかけることができる
  • ヒンジ部分がないため、サッと油を塗ることができる

水分が留まっていると錆を発生させてしまうので、メンテナンスがしやすい構造なのは、長く使い続けるうえで大事なことです。

あとがき

逆に、一体型のメリットってあるのかな?と考えてみたのですが、1つも思いつきませんでした。

分離型の方が圧着する力に劣るわけではありません。シンプルな構造の中、唯一、壊れる危れがあるのはヒンジ部分なわけです。なので、これを採用する理由は、正直謎です。

というわけで、直火用ホットサンドメーカーは、分離型が断然おすすめです。

キッチン用品
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com