LODGE(ロッジ)スキレット|12インチを追加で購入したので、サイズ選びの参考に!

LODGE(ロッジ)スキレット|12インチと10インチ

スキレットで調理すると、どんなものでも美味しくなる。もともと美味しかったものは、さらに美味しくなる。

半年ほど前に10 1/4インチ(以下10インチ)ものを使い始めてから、毎日のように実感していることです。

LODGE(ロッジ)のスキレットを選ぶ理由。UNIFLAME(ユニフレーム)と比較して。
「スキレット」を買いました。LODGE(ロッジ)社製のものです、大きさは10-1/4インチ。12インチに次いで、2番目に大きなものです。キャ...

長らく使ってきた28cmサイズのフライパンが、いよいよ表面のコーティングが剥がれてきたので、スキレットに置き換えることにしました。

スポンサーリンク

10インチとの比較

サイズや重さ、ハンドリングについて

LODGE(ロッジ)12インチ スキレット|10 1/4インチとの比較

購入したのは、12インチのもの。10インチと同じくLODGE(ロッジ)社製です。というか、12インチのスキレットって、LODGE以外には製造していないようなのです。

形状および見た目は、10インチとほぼ変わりありません。違うのは、当然のことながら、大きさと重さです。

【10インチ】【12インチ】
全 長約42cm約45.5cm
内 径25.7cm29.9cm
深 さ4.7cm5.2cm
重 さ2.54kg(専用カバー1.83kg)3.6kg(専用カバー2.32kg)

全長で3.5cm、内径で4cm強の違いですが、実物は数字以上の差を感じます。大人と子どものように、存在感が別物のようです。

その差は、持てばはっきりと分かります。

12インチは、気軽に片手で扱えるような代物ではありません。僕は、決して非力な人間ではないと思うのですが、片手だけだと、調理したものをお皿に移すのもしんどいです。女性の方なら、両手持ちは必須になる重量だと思います。

10インチはフライパン、12インチはテッパン

10インチだって、2.54kgもあるのだから、普通のフライパンに比べれば、はるかにヘビー級です。専用カバー(ふた)を合わせると4kg超え。12インチ単体より重い。それでも、まだなんとか普通のフライパンのように扱うことはできます。けれども12インチは、一般家庭で使う調理器具の枠組みからは、一歩はみ出してしまっているような気がする。

別の言い方をすれば、10インチはフライパンのカテゴリーに属しているけれど、12インチは、もはやテッパン(鉄板) に分類されるような代物です。

5人前のパスタ(500g)だって、一度に作れる

LODGE(ロッジ)12インチ スキレット|5人分のパスタが作れる

ここまで12インチのネガティブな部分を強調してきましたが、使ってみると一転、その全てが長所に変わります。

1.4人分多く作れる

内径4cmの差が生み出す面積比は、約1.35倍。10インチで4人分の調理をしていたなら、12インチでは5.4人分まで対応可能という計算になります。

1.4人分多く作れるというのは、ずいぶん違いがあるもので、パスタなら500g放り込んでも、余裕でソースと絡め合わせることができます。10インチでは400gでも厳しく、今まで使ってきた28cmフライパンでも、これほどの量は調理できませんでした。

動かないから、両手で調理ができて楽チン

3.6kgの重量は、取扱いには苦労するけれど、コンロに乗せてしまえば問題ありません。逆に、重くてずれにくいことで、左手が自由に使えます。

写真のように、大量のパスタとソースを和えるような場合でも、左手に調理スプーン、右手にトングというように、二刀流で混ぜ返せます。軽いフライパンでは、勢い余って動いてしまうので、左手は柄をつかんでおかなければいけません。

端っこでも、熱ムラなく調理が可能

10インチよりも面積が約1.35倍ほどあるわけですが、蓄熱性能の高さは健在で、熱源から離れた周縁部であっても、温度の低下に悩まされることはありません。端っこでも、しっかりと食材に熱を入れることができます

10インチ程度の大きさなら、一般的なフライパンでも、熱ムラによる影響は少ない。けれども12インチ(約30cm)クラスともなると、中央と端とでは、明らかに温度差が生まれていたので、このサイズにして、改めてスキレットの能力を知ることとなりました。

あとがき

LODGE(ロッジ)12インチスキレット|チャーハン

くり返しになりますが、12インチのスキレットは、フライパンというよりは、据え置きの鉄板といった方がしっくりきます。お好み焼き屋やステーキ屋で使われているような、あの鉄板です。振ったり、あおったりといった調理方法は不向きですが、コンロの上に固定し、肉厚の鋳鉄から伝わる熱で、じっくりと食材を調理するような使い方が適しています。

とは言っても、チャーハンや焼きそばが作れないわけではありません。むしろ美味しく作ることができます。広い面積と、蓄熱性の高さが効いているのでしょうね。米粒一つ一つがパラッパラッにほどけ、芯からふんわり。僕史上、最高の出来になりました。

ステーキ屋で食べるガーリックライスや、屋台の焼きそばの美味しさを目指すのならば、12インチスキレットは一度お試しいただきたい一品です。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

フォローする