[A&F特注]COGHLANS(コフラン)の直火式ホットサンドメーカーは、耳まで美味しく焼ける!

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|焼きあがったホットサンド

キャンプでも活躍しそうな「直火式ホットサンドメーカー」について、あれこれ検討した結果、COGHLAN’S(以下コフラン)のホットサンドクッカーを購入しました。

直火用ホットサンドメーカーの選び方。人気のバウルーよりも、僕はこちらをオススメする。
「ホットサンドイッチが食べたい!」という家族の要望がありまして、はじめはあまり気乗りがしなかったものの、いろいろ調べていくうちに、とっても欲...

僕がホットサンドメーカーに求めた条件(以下参照)

  • 上下の分離が可能
  • 焼き印なし
  • ハンドルが取り外せて、コンパクトに収まる
  • パンの耳を切らなくても、そのまま焼ける
  • 鋳鉄製
  • 手頃な価格

が全て備わっています。特に「パンの耳まで焼ける」のは、かなりオススメ!

ホットサンドイッチで一番美味しい部分はパンの耳、と言ってもオーバーじゃないほど、フワッカリッに仕上がります。

それでは以下、レビューをお届けします。

スポンサーリンク

COGHLAN’S(コフラン)A&Fホットサンドクッカー

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|外装

外装は、プレート部分に厚紙が巻かれただけの、とってもシンプルな姿で届きました。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|外装裏面

裏面には使用方法が記載。シーズニング済ということなので、到着してすぐに使うことができます。ロッジのスキレットもそうですが、最近の鋳鉄商品はシーズニング済のものが増えてきましたね。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|外装裏面

輸入元はA&F(エイアンドエフ)。コフラン社自体はカナダの会社で、450種類以上もの商品を取り扱うアウトドア用品メーカーです。このホットサンドクッカーは、A&Fがコフラン社に特注して作ったもの。いわゆるコラボ商品です。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|上面プレートの刻印

なので上面のプレートには、コフランとA&Fのロゴマークが浮彫りにされています。

いい感じのマークとレイアウトだなぁ、と思っていたら、A&Fのロゴマークのデザインは佐藤卓さんということを知り、非常に納得。「キシリトールガム」や「おいしい牛乳」などのグラフィックデザインをされた方で、大好きなデザイナーの一人です。余談でした。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|全体

鋳鉄と木製ハンドルの組み合わせが美しい。

ハンドルを含めた全長は約36cm。もともとコフラン社で扱っていたホットサンドクッカー
(正式名称はキャンプクッカー)は、キャンプ寄りに設計されていたためか、全長が約66cmと長いものでした。

これじゃあ家庭で使うには長すぎる、ということで短く設計されたのが本製品、と予想します。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|取外し可能なハンドル

さらにハンドルとプレートの接合部はネジ式になっているので、取り外すことができます。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|ハンドルを取り外した姿

約19.5cmのプレートと、ほぼ同じ長さ。非常にコンパクトに収まります。収納袋が付属していれば完璧だったのに。惜しい!

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|上下分離

プレートも上下で分離することができます。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|ヒンジ部分

ヒンジ部分は引っ掛けるだけの構造。結構ゴツくて、焦げカスなどが溜まりにくく、洗いやすい構造になっています。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|上面プレートは角度が付いている

上面プレートとハンドル(写真手前)には、少し角度が付けられています。これがバネの役割を果たし、しっかりと密閉する力となるわけです。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|ハンドルのロック

ハンドルも、がっちりロック。裏面を焼くときにひっくり返しても、ピタッとくっついて、ずれる気配はありません。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|造りは甘い

工作精度は甘い。ハンドルを取付ける穴の位置が、中心から少しずれてしまっています。生産地は某国。使用上は問題なく使えるので、ご安心を。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|イワタニ ガスジュニアコンパクトに置いてみたところ

鋳鉄製ということで、重さは1.4kg。アルミニウム合金製なら、28cm径のフライパンでも700g程度なので、かなりのヘビー級です。

けれども、コンロに置いた時のバランスは良く、安定感は高いイワタニのガスジュニアコンパクトバーナーとの組み合わせでも、バチッと決まります。ん?でもこれは、バーナーの方を褒めるべきなのかな。

実際に、ホットサンドを作りました

それでは実際にホットサンドを作ってみましょう。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|パンにバターを塗る

まずは、パンにバターを塗ります。冷蔵庫から取り出した直後のバターでは固くて塗りにくいので、10秒ほどレンジで温めるといいです。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|パンをセットし、具合をのせる

バターを塗った面を下(プレート側)にし、塗っていない面に具材をのせます。今回は、

  • とろけるスライスチーズ ×1枚
  • トマト ×1切
  • ピザ用のチーズ ×適宜
  • 塩・コショウ(粗挽き)×適宜

のダブルチーズ・サンドにしました。具材の量は、これでもまだ少ないぐらい。プレート内の容積はなかなかのものなので、たっぷりのっけても大丈夫。逆に、具材が少ないと、プレスが効きにくくなってしまうので、ボリューミーに作りましょう。美味しいですしね。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|パンでフタをする

具材をのっけたら、もう一枚のパンをセットします。こちらもバターを塗った面はプレート側になるように。そうすることで、焼き色が綺麗になり、表面がカリリッと仕上がります。

かなり厚みがあるように思いますが大丈夫。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|プレス

パンの耳を押し込みながら、もう一枚のプレートでプレスしていきます。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|完全にフタをした状態

コフランのホットサンドクッカーは、市販の食パンよりもひと回り大きなサイズなので、徐々に押さえ込んでいけば、はみ出すことはありません。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|火加減

鋳鉄は蓄熱性が高い代わりに、温まるまでに時間がかかります。なので

  • 焼き始め〜1分:強火
  • 1分〜2分半:弱火よりの中火 → 引っくり返して、反対面を焼く
  • 引っくり返して〜1分:弱火よりの中火
  • 1分〜2分半:弱火

という流れで火加減をコントロールするのがおすすめ。でも、中に入れる具材やパンの厚みなんかでも変わってくると思うので、状況によりますね。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|途中で焼き具合を確認

途中でプレートを開け、焼き具合を確認するのは全然オッケー。様子をみながら、仕上げましょう。

開始1分ほどで、トマトの水分がふつふつする音が聞こえてくるので、前半の折り返しの合図です。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|焼き上がり

綺麗に焼き上がりました!

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|耳までしっかり焼けた

耳までしっかりと焼け、きちんとプレスされていて、具材が飛び出るようなこともありません。

プレートが分離できるので、ホットサンドを取り出すのも楽チン。きっちり油引きのメンテナンスを行っていれば、こびりつかず、逆さまにするだけでポロンと落ちてきます。

COGHLANS(コフラン)A&Fホットサンドクッカー|完成

完成!

外はカリカリ、中はふわふわ。とろりと溶けたチーズとトマトの水分が混ざり合って、最高に美味しい!

ヤマザキ ロイヤルブレッド6枚切

ちなみに今回使った食パンは、ヤマザキのロイヤルブレッドの6枚切です。

6枚切の食パン2枚&具材が、美味しさのあまりペロリと食べれちゃう(しかも、まだまだ食べられる)ので、食べ過ぎには要注意です。

あとがき

スノーピークのトラメジーノは、パンの耳を切り落とさなければいけないようで、はっきり言って、もったいない!と思います。ホットサンドイッチは、パンの耳こそ食べるべき

トースターで焼いたときのような、耳だけが固く、パサつくようなことにはなりません。むしろクッキーのようなしっとり感が残っていて、絶妙な食感なんです。

市販の食パンの1辺は、11cm〜13cmぐらいなんで、そのサイズ以下のホットサンドメーカーの場合、パンの耳まで焼けるかどうかは、よく調べてみる方が良いと思います。

コフランのホットサンドクッカーは、ホントおすすめです。