2つ目のヘッドライトに、モンベルのパワーヘッドランプを選ばない理由

MS-B4(マイルストーン)

1つ目に購入したヘッドライトは、ジェントスの「VA-01D」、

2つ目は、マイルストーンの「MS-B4」。

ヘッドライトの購入を検討していた段階では、VA-01Dは1位、MS-B4は3位に評価していました。

キャンプ&釣りに最適なヘッドライトとは?おすすめ5選+2
日が暮れた後、キャンプや釣りに必要なのは「明かり」。 これまでにランタンについての記事は、いくつか書いてきました。 主に居住スペ...

ランキング通りなら、2位の「パワーヘッドランプ(モンベル)

を選ぶことになるわけですが、そうしなかったのには理由があります。

スポンサーリンク

モンベルの「パワーヘッドランプ」を選ばなかった理由

1.光の色が被る

パワーヘッドランプは、1つ目に購入したヘッドライトVA-01Dと光源の仕様が被ります。

 VA-01Dパワーヘッドランプ
メインLED白色LED
[Boost]200ルーメン
[High]100ルーメン
[Eco]30ルーメン

白色LED
[High]160ルーメン
[Low]25ルーメン

サブLED電球色LED
5ルーメン
電球色LED
20ルーメン

どちらもメインの光源は白色LEDで、サブは電球色LED。ルーメン値も似たようなもので、実際の使用で差を感じるレベルではないかと。低照度モード(Eco、Low)は、ほとんど同じ値ですしね。

ちなみにMS-B4は、メインLEDが電球色で、サブに赤色LEDを搭載。キャンプでは雰囲気重視で電球色、釣りでは釣果とマナーの点で赤色LEDが重宝します。

2.操作が1ボタン式

両ヘッドライトとも、点灯、光源切替、消灯を1つのボタンで操作します。僕自身の好き嫌いは別として、これ自体は一般的な仕様でメリットもあり、否定するものではありません。

ですが、MS-B4の2ボタン式を知ってしまうと、無性に試してみたくなります。こっちはこっちのメリットがあるわけで。

ヘッドライト程度のシンプルなアイテムでも、インターフェースが違うと、新鮮な気持ちで接することができます。

3.単4電池が3本必要

同じ単4電池使用でも、VA-01Dは2本でパワーヘッドランプは3本必要。

 VA-01Dパワーヘッドランプ
照射時間

[High]8時間
[Eco]19時間
[サブLED]65時間

[High]40時間
[Low]90時間
[サブLED]120時間

おかげで照射時間はグンと増えていますが、正直、2、3泊のキャンプでは、オーバースペック。予備電池のことや、重量のことを考えると、電池は少ない方が好みです。

とは言え、パワーヘッドランプが特別に電池食いなわけではありません。MS-B4も3本必要ですし、いたってポピュラーな仕様です。VA-01Dと比較して残念、という話です。

4.無難すぎるデザイン

アウトドア用品界のユニクロとも呼ぶべきモンベルのパワーヘッドランプは、良きにしろ悪きにしろ無難。機能的な話だけでなく、見た目的にもです。

格好悪いわけではないけれど、惚れ惚れするような格好良さもない。

見た目の話なんで、おおよそ主観の問題。パワーヘッドランプのデザインが好きな人もいれば、そうでない人もいる。

そんなことは大前提で話を続けますが、MS-B4のルックスは他では見られない系統のもので、愛着が湧きます。

あとがき

そんなこんなで、2位にランクインしたパワーヘッドランプを選ばなかった理由を一言で表すなら、「おもしろくない」から。

初めて購入するヘッドランプとしては、間違いなく候補に上がるでしょう。バランスの良さはピカイチ。友人にも、胸を張っておすすめできます。

なので今回の話は、あくまでも2つ目のヘッドライトとして、1つ目とはまた違ったタイプのものを持ちたい、という好奇心(貧乏性)からくる戯言として聞き流していただければ幸いです。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

フォローする