monkuwa(モンクワ)のおしゃれ作業着がキャンプにもピッタリ!

monkuwa(モンクワ)のロゴマーク

ちょいと仕事で作業着が必要になったので、いつもの通りインターネット界隈をいろいろと物色していたら、こんなブランドを見つけました。

monkuwa(モンクワ)

農業やガーデニング作業向けのワークウェアブランドなんですが、デザインがとっても素敵で、カジュアルウェアとしても使えるんじゃないの?というレベルに仕上がっています。

そもそもが作業着ということで、動きやすさや機能性の高さは織り込み済み。キャンプなど、アウトドアシーンでも活躍しそうなアイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

monkuwa(モンクワ)の気になるアイテム3選

1.ヤッケパーカー

monkuwa(モンクワ)|ヤッケパーカー[ベリー]

「ヤッケ」とは薄手のウィンドブレーカーのこと。風や汚れから身を守るのが主な役割だけど、表面に撥水加工がされているので、少しぐらいの雨なら弾いてくれます。

ちなみに、似たようなアイテムに「カッパ」がありますが、あちらは雨天時の作業に使用するもので、ヤッケよりも防水機能が高く設計されています。

モンクワのヤッケは、表面にUV加工が施されているので、日焼け対策としても活躍します。脇部分がメッシュになっていたり、前面に大きなポケットが2つ付いていたりと、使い勝手よく作られています。さすが作業着ですね。

キャンプの荷物に、こいつをひょいっと忍ばせておけば、いろいろな場面で活躍することだと思います。

色はベリー(写真)の他、アクア(ブルー系)やライム(グリーン系)の3色が展開されています。それぞれ特徴的なパターン柄があしらわれていて、どれもがキュートなデザインになっています。

2.ギャルソンエプロン

monkuwa(モンクワ)|ストレッチエプロン

キャンプをしていると、なにかと”汚れ”は気になることだと思います。テント設営&撤去時の土や砂、調理中にはねる油、火起こしの際に飛んでくる灰や火の粉など。汚れてもいい格好をして行ったとしても、なるべく綺麗でいるに越したことはありません。

汚れる可能性がある作業をするときは、エプロン1枚引っ掛けておくことをおすすめします。

モンクワのエプロンはストレッチが効いていて、動きやすいように作られています。かがんだ時の引っかかった感じがありません。また、マチ付きの大きなポケットが2つも付いているので、軍手や懐中電灯など、不意に必要になるような小物を入れておくことができます。

実はUV加工も施されているので、日焼け対策グッズとしても使えるかもしれません。

3.ガーゼタオル

monkuwa(モンクワ)|ガーゼタオル

キャンプには、タオルは必須。

汗を拭くのはもちろん、屋外での活動ということで、何かと手を洗うことが多い。子どもと一緒だとなおさらのこと。彼らは色々なものに触るし、色々なものをこぼすので。

monkuwaのタオルは、柔らかな風合いのガーゼ素材でできています。ふんわり気持ちよく汗を吸い取ってくれます。サイズは90cm×30cm。一般的なフェイスタオルよりも若干長めに作られているので、首にかけたり、頭に巻いたりしやすくなっています。

このアイテムも遮熱UV加工が施されているので、日焼け&熱射対策として活躍しますね。

あとがき

モンクワは2016年から展開されたブランドで、まだまだアイテム数が少ないですが、魅力的な商品企画がなされていると思います。値段もとってもリーズナブルですしね。まさに道具としてのワークウェア。

ですが、今のところ女性向けの商品しか販売されていません

そもそもコンセプト自体が、

monkuwaが目指したのは動きやすくて、着心地が良くて、快適、それでいて「私らしい」が叶う、遊び心あふれる農作業着。(モンクワ公式サイトより)

とされているので、男性向けの商品展開は望めそうもありませんね。まことに残念!

メンズ用のリーズナブルな作業着は、今のところワークマン 一択。ですが、デザインがもう一歩なんですよね。品質は良いんですが。

モンクワブランドがうまくいった先には、是非ともメンズブランドも展開してもらいたいものです。

何かと便利なキャンプ道具まとめ。1万円以下で買える必需品たち。
キャンプも回数を重ねてくると、こまごましたアイテムが増えてきます。 気軽に買えてしまう値段のものは、ついつい試してみたくなるもので。キャン...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

フォローする