「熟成純生食パン専門店 本多」の高級食パン『雅』を食べた感想

スポンサーリンク
熟成純生食パン専門店 本多|ロゴ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パン専門店の食パン食べ比べ。今回は姫路市に総本店を構える「熟成純生食パン専門店 本多」に行ってきました。

本多の食パンは、伊勢神宮外宮に奉納という実績を持っています。それがどれだけすごいことなのかはよく分かりませんが、なんだか由緒正しく厳かな感じがする。

というわけで、早速レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

「熟成純生食パン専門店 本多」

店舗とか

本多の店舗は兵庫、大阪、三重、そして岐阜に展開されています。今回訪れたのは「岐阜多治見店」。出張ついでに立ち寄ることができました。

お店はマンションの1階にあります。駐車場は店舗前に2台。もっと厳かな感じがする店舗を想像していましたが、どちらかというと雑多な雰囲気の店構え。

色々とデザイン要素が渋滞してしまっている印象です。

紙袋もこんなデザインだったり。

俄然、奉納推しかと思いきや、

こんな遊びを入れていたり。いやぁ、分かるんですけどね。でも、これは違う気がする。

スポンサーリンク

本多の熟成純生食パン『雅』

しきり直して。食パンなんだから要は味。パッケージのデザインがどうとか言ってても、どうしようもないわけです。

本多には、かなりの種類の食パンがあります。その中で代表的なのは『白鷺』と『』。

『白鷺』は冷蔵低温熟成を16時間以上かけて、究極のうまみ成分を引き出した食パン。一方、『雅』はマスカルポーネを使用し、湯種製法で作られています。

『雅』の方が甘みを強く感じるので子どもは喜ぶかも、という店員さんのアドバイスで、今回は『雅』を購入しました。

どどーん、と1本2斤分。お値段は税込864円

重さは771gなんで、相場的には若干軽め。

焼き色は普通より少し濃い目。ムラなく焼き上がっていますが、シワや凹みははっきりしています。

パン切り包丁を入れると生地が包丁に吸い付く感覚がありました。切りカスもほとんど無いので、生地はしっとりしてそうです。

光が透き通るほど薄いクラスト(皮)。こりゃ柔らか食感で確定だ。

それでは実際に食べてみます。まずは焼かずに生のまま。

やっぱり生地はふわふわで柔らかい粘りもあってしっとりしている。この水分をしっかり含んでいる感じは湯種製法の賜物ですね。

食べると口に広がる甘みは、店員さんのアドバイス通り。おとなしい感じの甘さですが、しっかりと存在は感じることができます。

モチモチ食感で、噛むのが楽しくなる美味しさです。

続いて軽くトーストしたものを。

外は薄皮1枚分、さっくり食感に。中のもっちり具合はキープ。若干ですが、香りや旨味がアップしたような気がします。

派手さはありませんが、しっかり美味しい食パンという印象。毎日食べても飽きがこない、という触れ込み通り、日常の食卓用ですね。

あとがき

ちょっと高級食パンに食べ慣れてきているせいか、これぐらいの美味しさは普通に感じてしまう自分がいて、フェアなジャッジができているのか不安になります。

この『雅』だって、美味しい食パンであることには間違いないはず。でも家族全員が特に感想も無く、1枚約100円の高級食パンをむしゃむしゃ食べてしまう光景は、残念といえば残念。

「熟成」を売りにする本多だけに『白鷺』を選択する方が良かったのかもなぁ。


食パンについての他の記事はこちらからどうぞ!