食パン専門店「LA・PAN(ラ・パン)」の「高級クリーミー生食パン」を食べた感想

スポンサーリンク
LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パン専門店の食パン食べ比べ。今回はうさぎのマークが可愛い「LA・PAN(ラ・パン)」に行ってきました。

ラ・パンの食パンは「高級クリーミー生食パン」という名前。そういや乃が美の食パンも「”生”食パン」でしたが、”クリーミー”が加っているので違いが気になります。

というわけで、以下レポートです。

スポンサーリンク

食パン専門店「LA・PAN(ラ・パン)」

店舗外観とか

LA・PAN(ラ・パン)出町柳店|外観

お邪魔したのは京都の出町柳店。景観条例が厳しい京都の中心地でも、ラ・パンのようなナチュラルなデザインだと問題ありません。欲を言えば、も少しアンダーな色味の木材だったら、より溶け込んでいただろうとは思いますが。

出町ふたば

数件隣には、豆餅で有名な「出町ふたば」があります。そして近くには鴨川。川のほとりに腰を下ろし、高級食パンと和菓子で休憩なんて乙です。

LA・PAN(ラ・パン)出町柳店|タペストリー

「みんなのしあわせ ふくらむ LA・PAN」。パンだけにね、ふくらむ。なんか素敵。

ちなみにラパンとはフランス語で「うさぎ」の意味。スペルは「LAPIN」が正解。こちらはLAPAN。パンだけにね。

LA・PAN(ラ・パン)出町柳店|立て看板

食パンの種類は「高級クリーミー生食パン」1つだけど、大きさはS、M、Lが用意されているので買いやすい。しかも値段は正比例と、これまたありがたい。

スポンサーリンク

高級クリーミー生食パン

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

こちらが「高級クリーミー生食パン」。色白で、とってもキレイな顔立ちの食パンです。銀座に志かわの食パンと似ているかな。

「銀座に志かわ(にしかわ)」の高級食パンは「乃が美(のがみ)」を超えた!?

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

購入したのはLサイズ(2斤分)。値段は税込880円なので、ほぼ乃が美と同じ。これぐらいの値段だと、もう高級に思えない自分がいるのが恐ろしい。

そう思うと、アトリエグーテのプレミアムプラス(1,100円+税)って、ものすごく高いですね。

アトリエグーテの超高級食パン「プレミアムプラス」にパン屋の本気を見た!

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

焼き色は標準〜淡い寄り。受ける印象は、とってもおだやかです。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

やわらかいので、持つと一瞬折れそうになりますが、かろうじて形状を保つだけの強度は備えています。それはこのビシッと決まったエッジの感じからも伝わるかな。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

パン切り包丁は抵抗を感じることなくスッと入ります。耳を含む全体がふんわり、やわらかい。ふわふわ過ぎて、少々切りにくさを感じるほど。

もらった説明書きには、こうあります。

[カット方法]:「パンナイフ」又はお持ちの「包丁」を少しお湯で温めますと綺麗にカットできます。

ふむふむ。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パンの切りカス

切りカスは多めですが、パサつきはありません。湿り気を帯び、まとまった形状をしています。水分が多く含まれているのでしょうね。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パンの耳

耳は非常に薄くて、生地部分と見分けがつきません。耳までパクつけるやつですね。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

いつもの通り、まずは焼かずにそのまま食べてみます。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

持つと、自重でグニャリと曲がるやわらかさ。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

糸を引くような粘り気はありません。”ふんわり”強め。それでいて口当たりはなめらかなのは、キメが細かいおかげでしょうか。”しっとり&もっちり”とのバランスが上手い具合に取れています。

味については、甘みを強く感じます。後に残るようなきつさはなく、優しい感じ。ハチミツ?牛乳?バター?小麦?とにかく自然な甘さです。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パン

続いてトーストしたものを。

LA・PAN(ラ・パン)|高級クリーミー生食パンをトースト

いわゆる「外はサクッ、中はふんわり」という焼き上がり。ですが、そのコントラストは他よりもレベルが上。焼いて生まれるサクサクゾーンは非常に薄く、歯応えを感じるのは一瞬の出来事。すぐにふんわりゾーンに突入し。綿菓子のような口溶け感に心を奪われます。

また、焼くことで小麦とバターの香り&甘みが明らかにアップするので、お店の説明には反しますが、僕はトーストに1票を投じたいです。

あとがき

クリーミーには”口溶け感”は含まれているのでしょうか?そうじゃなければ、ぜひとも商品名に口溶け感を表す言葉を含めて欲しい。あの口の中で消えていく感じは特別な体験です。リピ買い確定です。

パン
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどん.com