アトリエグーテの超高級食パン「プレミアムプラス」にパン屋の本気を見た!

スポンサーリンク
アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|外観
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パン専門店の食べ比べ。今回は大阪なんばの「ATELIER GUTE(アトリエ グーテ)」に行ってきました。

アトリエグーテの母体は、1948年創業の「A-1 BAKERY(エーワンベーカリー)」というパン屋。主に駅ナカ・駅チカに出店。食パンに特化したブランドとして、2015年にアトリエグーテをスタートさせたそうです。

歴史あるパン屋さんが、あえて食パンに特化したお店を構える。時流にのっただけのパチモノか、本物か。早速レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

「ATELIER GUTE(アトリエグーテ)」

店舗外観とか

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|なんばウォーク店の外観

なんばウォーク2番街に店を構える「なんば店」。外観は、黒×白×金を基調とした重厚かつエレガントな佇まい。1番街にある「なんばグーテ」とお間違えなきようご注意を。

「嵜本」もそうでしたが、食パン専門店の装いはラグジュアリーな方向へ向かっているのでしょうか。

高級食パン専門店「嵜本(さきもと)」の食パンを食べた残念な感想

執筆時現在、アトリエグーテはここ「なんば店」以外にもう1店舗、京阪百貨店ひらかた店内にある「枚方店」があります。2店舗しかないんですね。こりゃ貴重。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|紙袋

モノトーンでまとめられた紙袋は、洋服でも買ってきたの?と思われそうなお洒落なデザイン。まさか食パンが入っているとは誰も思うまい、と内心思いながら、家へと持って帰りました。

『プレミアムプラス』

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|外装

半透明な袋で覆われた『プレミアムプラス』。

お値段は1,100円(+税)と、これまでで最高値。王冠が描かれたシールも貼られていて、ロイヤルな感じがムンムンします。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|全体

焼き色は濃いめ。しわが多く、デニッシュ系の薄皮ミミを想像する外観。乃が美なんかと比べると、サイズはちょっと小ぶりかな。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|重さ

量ってみると583gでした。2斤分(1斤:350g~400g)とするには、ちょっと足りませんね。せいぜい1斤半といったところ。一本堂の1斤サイズが約580gだったので、130gほどしか差がありません。

「乃が美(のがみ)」vs「一本堂」。人気専門店の食パンを徹底比較!

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|ショップカード

そのあたりのことは正式にショップカードに記載されています。

アトリエグーテの食パンは一般的なものより少し小ぶりの大きさになります。
お子様・ご年配の方、一人暮らしの方にもおいしく召し上がっていただくため、スライスすれば食べきりサイズになります。

冷凍保存ができるので、この説明には納得しかねるものがありますが、まいっか。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|ミミ

へこんでるのは水分が多い証拠。教科書的には良しとされない仕上がりですが、『プレミアムプラス』の場合、牛乳と生クリームでやわらかくするのが狙いなので問題なし。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|断面

実際、少しばかり切りにくさを感じるぐらいのやわらかさ。切りカスもほとんど出ず、パン切り包丁が吸い付くほどにしっとりしています。この時点で甘い匂いが漂います。

スポンサーリンク

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|スライス

まずは焼かずに生のまま食べます。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|生のまま

もっちり&しっとりの食感で、ちぎろうとしてもちぎりきれないほどの粘りがあります。子どもたちの感想は「プリンみたい!」でした。

小麦の匂いはほのかに香る程度ですが、バターの風味が強くてリッチな味わい。ミルク感とのバランスも良く爽やかな後味重すぎない甘さが絶妙です。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|トースト

お次はトースト。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|トースト

外はサックリ、中はもちっ!お手本のような仕上がり。ミミとの境目が全くない食感で、別途水分を摂らなくても、スッと食べれてしまうのどごしの良さにびっくりしました。

小麦とバターの香りもパワーアップ。それでいて、あざとさを感じないのは、良い素材が使われているためだと思われます。このトーストは、なかなか他では味わえないかも。

アトリエグーテの食パン「プレミアムプラス」|食べ方

予熱したトースターで1〜2分程度、軽めに焼くのが美味しさを引き出すコツ。表面の水分だけを飛ばす感じ。

あるとき一気に焼き色が付き始めるので、目を離さないように注意しましょう。

あとがき

値段だけのことはありますね。かなり美味しい。生で食べても、焼いて食べても、どちらにしろハイレベル。パン屋さんが材料にこだわり、手間をかけて作った本気の一品といった感じがします。

コスパはめちゃくちゃ悪いですけど、この食パンじゃなきゃ味わえない美味しさがあるように思います。ひとつの到達点なんじゃないでしょうか。

今度は別の食パンを試しみようっと。

パン
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com