アンティークの「ねこねこ食パン」は可愛いだけのイロモノじゃない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高級食パンの食パン食べ比べ。今回は、ついにあの禁断の食パン「ねこねこ食パン」のおでましです。

言わずもがな、ねこ型フォルムの食パンなんて唯一無二。ベリーキュート。特に、ねこ好きでない僕でさえ心惹かれます。

反面、ああいう攻め方をされると、頭のどこかで警戒心が生まれるのも事実。「俺はあっち側のターゲットじゃねぇぞ。食パンなんだから、味で勝負せいや!」なんてね。

だから、これまでずっと禁断の食パンでした。

スポンサーリンク

アンティーク「ねこねこ食パン」

ねこねこ食パン(アンティーク)|紙袋

でも、こんだけ食パンをレポートしてきて、一切触れないのも逆に意識しすぎ。なんて、もっともらしい理由を付けて、あっさり禁を解き購入しました。

ねこねこ食パン(アンティーク)|袋

包装袋には、ねこの顔が丁度良い位置にくるよう、上手いことプリントが施されています。たまらない人には、たまらない仕掛け。

ねこねこ食パン(アンティーク)|原材料

原材料を見てみると、砂糖、はちみつ、バター、生クリームに加えて、ナチュラルチーズの表記が。ちょっと驚き。

ねこねこ食パン(アンティーク)|プレーン

購入したのはプレーン。他にチョコレートやこしあんなど色々ありました。季節限定の抹茶も美味しそうでしたよ。

ねこねこ食パン(アンティーク)|横から

正面はまさしくねこ型ですが、横から見たフォルムは北欧デザインのスピーカーみたい。

これ、どうやって焼くんだろう?と思って調べてみると、焼き型が売られてるんですね。

他に、クマ型もある。

チョコペンなんかでちょちょっとお絵描きすれば、パンダやカエルにも変身!しかも1,000円。

あぁぁ、じわじわ欲しくなってきている自分を感じます。

ねこねこ食パン(アンティーク)|重さ

意識を取り戻して、いつもの通り重さを測ってみました。

1本約470g。1斤分として考えると、意外にもずっしり重い食パンです。

ねこねこ食パン(アンティーク)|焼き色

焼き色は標準〜少し濃い目。均一な焼き加減で、シワの少ない綺麗な表面です。

もうこの時点で、”耳”にかじりつきたい。食パンだけに、ねこだけに。

ねこねこ食パン(アンティーク)|断面

パン切り包丁を入れると、しっとりした手応えでお出迎え。切りカスもほぼゼロ。断面もめちゃくちゃ綺麗です。

スポンサーリンク

ねこねこ食パン(アンティーク)|生のまま

いよいよ実食。まずは焼かずにそのまま。

ねこねこ食パン(アンティーク)|生のまま

しっとりした食感で、ほんのり甘め。国産小麦に加えて、水分は100%ミルクなのも納得の上品な味。こりゃ美味しい!

ねこねこ食パン(アンティーク)|トースト

続いて、軽くトーストしたものを。

ねこねこ食パン(アンティーク)|トースト

さくっもちっ!に変身。耳が薄くて食べやすい。バターの香りが目覚めて、より一層、風味が豊かになりました。

あとがき

ねこねこ食パンは、そのキャッチーなフォルムに目を奪われてしまいがちですが、味そのもも本格的に美味しい実力派食パンでした。

可愛い見た目に美味しいが合わさって、子どもたちも大喜び。ひょいっと手土産にも良いですね。

そういやナチュラルチーズはどこにいったのだろう。


食パンについての他の記事はこちらからどうぞ!

【保存版】食パン専門店の食パン食べ比べ記事[まとめ]