大阪・枚方の高級食パン専門店「わたし入籍します」に行ってきました

スポンサーリンク
高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|ねぁ一緒に食べよっか♡
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パン専門店の食べ比べ。今回は「わたし入籍します」に行ってきました。

何のお店か分からないユニークな名前に一瞬とまどいますが、京都の高級食パン専門店「別格」と同じプロデューサーと聞くと期待が高まります。

京都の高級食パン専門店「別格」の『たなびき』は生が最高に美味い!

では、早速レポートといきます。

スポンサーリンク

高級食パン専門店「わたし入籍します」

店舗外観とか

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|店舗外観

行ってきたのは大阪枚方市の店舗。京阪枚方市駅からは徒歩6分ほどで、隣には枚方警察署という立地。

目の前の道路は交通量が多いので、車の場合はすぐ横にあるコインパーキング(100円/30分)が便利です。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|外壁イラスト

店名に負けず劣らず、外壁に描かれたイラストも奇抜。子供人気が無さそうな、リアルしょくぱんまん。果たして、やなせ先生はどういった感想を持たれるのか。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|メニュー看板

食パンにもキャッチーな名前が付いています。

プレーンタイプは「ねぇ一緒に食べよっか♡」で、レーズン入りが「胸キュンな午後♡」。それぞれコンセプトが反映されているようですが、逆に名前からだと全く味が想像できませんね。

スポンサーリンク

ねぇ一緒に食べよっか♡

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|ねぇ一緒に食べよっか♡

購入したのは、プレーンタイプの「ねぁ一緒に食べよっか♡」。名前とはうって変わって、食パン自体は王道そのもの。妙な安心感を覚えます。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|ねぇ一緒に食べよっか♡

表面の焼色は濃い目で、油分がペトつくタイプ。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|薄皮

デニッシュみたいにクラスト(皮)が薄くピロピロなのは、「別格」の食パンと通じるものがあります。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|ねぇ一緒に食べよっか♡

1本は2斤分で、重さは約800gと標準よりも少し軽め。これも「別格」と同じです。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|ねぇ一緒に食べよっか♡

じゃあ「別格」と違うのはどこかというと、まず生地の柔らかさが挙げられます。

自重で潰れるほど柔らかい「別格」に対して、こちらは一般的な固さで、形状はキープします。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|断面

パン切り包丁は生地の湿り気を感じながら、スヌゥーッと進んでいきます。柔らかいけど形が崩れないので、切りにくさはありません。切りカスもほぼ無し。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|生のまま

まずは焼かずに食べてみます。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|生のまま

「別格」ほどの粘りはないものの、十分ふんわりもっちりしています。

小麦の匂いや甘みも、どちらかといえば控えめ。美味しいには違いないですが、ネーミングが強烈だっただけに、なんだか肩透かしをくらった印象です。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|トースト

続いてトーストしたものを。

高級食パン専門店「わたし入籍します」(大阪枚方)|トースト

周囲表面はうすーくサクッとした仕上がりに、中はしっとりのまま。はちみつの甘さは主張こそ少ないですが、自然で食べやすい。全体的に優しい味の食パンです。

あとがき

「別格」の食パンが、また食べたいと思うほどの美味しさだっただけに、どうしても物足りなさを感じてしまいます。

こだわり素材を比べてみると、

  • 別格「たなびき」:国産クリーム、国産バター、名水百選瓜割の水
  • わたし入籍します「ねぇ一緒に食べよっか♡」:ローズソルト、北海道蜂蜜、国産バター

といった違いが。

生地の粘りは国産クリームに依るところが大きいと思います。あと、に志かわの食パンもそうですが、水が良いと食パン全体のレベルがアップするように思うのですが、実際どうなんでしょうね。引き続き着目したいと思います。


食パンについての他の記事はこちらからどうぞ!

【保存版】食パン専門店の食パン比較記事まとめ
パン
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどん.com