古いMacBook Proのバッテリーは簡単に自分で交換できた話。

MacBook Proのバッテリー状況
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iMacは2019年版の最新モデルに新調しましたが、実はもう1台、古いMacを持っています。MacBook Pro(2009 Mid)。これまた10年前のモデルです。

この古いMacBook Proですが、仕事で使っているアプリケーションが最新のOSでは動かないため、リプレイスすることができません。動作的には不満がないので、まだまだ現役で活躍を期待する頼もしい相棒です。

ただしバッテリーは寿命がきてしまいました。どれだけ充電しても100%にはならず、2、3時間ほどでシャットダウンしてしまいます。基本的にはコンセントに繋ぎっぱなし。ノマドワーカーになりきれない理由の一つです。

すでにWindowsマシンのSSD換装は経験済み。腕には自信アリです。

古いノートPC(Lavie)のHDDが壊れたので、SDDに換装した話。

というわけで、バッテリー交換に挑戦しました。

スポンサーリンク

MacBook Pro(2009 Mid)の対応バッテリーを特定する

対応バッテリーを特定する

このMacBook Proについて、もう少し詳しい情報をまとめておきます。

  • モデル名:MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)
  • 機種ID:MacBookPro5,5
  • バッテリーの型番:A1278
  • 部品番号:MB991xx/A、MB990xx/A
  • 最終対応のオペレーティングシステム:OS X El Capitan 10.11.6
  • その他の仕様はアップル公式サイト参照

対応するバッテリーを特定するには、型番を知るのが確実。上記であれば「A1278」というやつです。

左上のアップルメニューをクリックして「このMacについて」を選択。そこに表れる「詳しい情報」や「システムレポート」から、各種ハードウェアの情報から調べることができます。

あるいは、モデル名や機種IDが分かっていれば、下記のサイトから判別することもできます。

パソコンアール / Mac型番一覧(ノート)
Mac型番一覧(ノート型)です。「Mナンバー」と呼ばれるMac特有の型番を調べることで自分のMacが何なのか、修理に必要なパーツはどれなのかを判別することができます。

対応バッテリーを購入

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|

んでもって、購入したのがこのバッテリー。WorldPlusのもの。

評判が良く、値段も手頃。取扱説明書や1年間保証もついているので、とりあえず安心。

MacBook Pro(2009 Mid)のバッテリーを自分で交換する

バッテリー交換作業に必要なもの

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|パッケージ内容物

MacBook Pro(2009 Mid)のバッテリーを交換するには、裏面全体を覆っているフタというか、カバーを外さなければいけません。ネジで留まっているので、対応するドライバーが必要です。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|付属のドライバー

ひとつは一般的なプラスの精密ドライバー。100均でも入手可能です。もうひとつはY型の特殊精密ドライバー。少し気の利いたホームセンターあたりには置いているかな。

と言っても、WorldPlusのバッテリーにはセットされているので問題なし。別途、用意することなく、作業を始めることができます。

バッテリーの交換作業開始

作業を始める前、家の壁などを触って、体内の静電気を逃しておきましょう。故障リスクを減らすためです。

裏面のカバーを外します。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|裏面カバーのネジ

裏面のカバーを留めているのは、プラスのネジ。数は10本。ただし場所によって、長さは違います。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|場所によってネジの長さが違う

写真で言えば、左下の3本が長いネジ。あとは全て3mmほどの短いビス。間違うと、余計な力を加えて壊しかねないので、できれば記録しておいた方がいいでしょう。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|裏面のカバーを外したところ

裏面のカバーは、簡単に取り外せます。開けると、すぐそこにはパーツの数々が。左上に黒く横たわっているのが、バッテリーです。

しっかし見事なまでに美しく、びっちりとレイアウトされていますね。

MacBookPro内部に溜まったホコリ

コンピューターの内部には、ホコリやチリがいっぱい。ブロアーやブラシを使って、できる限り取り除いておきます。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|Y型特殊精密ネジ

バッテリーを留めているのは、Y型のネジ。2箇所のみ。でも、このタイプのネジをわざわざ使う意味って、何なんでしょうね?

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|引っ張り上げて外す

バッテリーに付いている白い半透明のテープをつまんで、少し手前方向に引っ張り上げます。まだ基盤と接続されたままなので、軽く取り外す程度に。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|基盤から外す

基盤と接続しているコネクタを外して、バッテリーを完全に取り外します。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|バッテリー交換完了

あとは逆の手順に作業を進めて、新しいバッテリーへの交換作業は完了となります。

かかった時間は、ほんの10分ほど。めちゃくちゃ簡単!ミニ四駆を作ったことがあれば、楽勝です。

MacBookPro用交換バッテリー(WorldPlus)|交換作業完了

何の問題もなく稼働しました。警告表示も消えています。35%というのは、換装直後の充電量です。やったー。

バッテリーを交換して、トラックパッドの動きが良くなった

古いバッテリーと新しいバッテリー

バッテリーを交換して、トラックパッドの動きが良くなりました。押し込んでも反応しないエリアがあったのですが解消。新品のように、快適に反応します。

比べてみると、古いバッテリーには若干の膨張が見られます。トラックパッドの直下にレイアウトされているので、押し込みの妨げになっていたようです。嬉しいサプライズです。

あとがき

昔のMacBook Proは、メモリやHDDの交換についても、自分で簡単に行えるよう設計されています。必要に応じてバージョンアップできるので、どんどん愛着も湧いていきます。

次はSSDに換装しようかな。

お役立ち
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com