N-ONE(ホンダ)が、空気取り入れ口からの雨漏り発生でリコール。異臭の原因はコレだった!

N-ONE(ホンダ)|エンブレム

新車で購入してから5年目となったN-ONEですが、昨年の夏ごろから、車内が変な臭いで充満するようになっていました。

乗り始めが異常に臭くて、エアコンを付けたり、窓を開けたりするうちに、息ができるぐらいには回復します。けれども、ドアを閉め、再び乗車するときには、また同じ症状のくり返し。消臭剤や芳香剤、フロアマットの洗浄など、自分でできることは試してみましたが、改善はされませんでした

そこで、半年前の定期点検のとき、ディーラーに相談。エアコンのフィルターがかなり汚れていることが発覚し、新しいものに交換して様子をみることに。ですが、それでも状況は良くなりませんでした。

スポンサーリンク

リコールの知らせ

N-ONEのにリコールの知らせ

そんなこんなで半年が過ぎ、再び定期点検を迎えた7月。点検の案内とともに、ディーラーからリコールの知らせがありました。なにやら雨漏れの恐れがあるようで、対策部品に交換するとのこと。少し遅れて、メーカーからもDMが届きました。もちろん無償修理です。

N ONEのサービスキャンペーン | Honda
Hondaご愛用の皆様には大変ご迷惑とご心配をお掛けいたしておりますことを心からお詫び申し上げます。

対象車の製造年月日から考えると、よくある「初期ロットの不良」というやつですね。足元がびちゃびちゃになるほどの醜い症状が発生したユーザーもおられるようです。

うちのN-ONEは、目に見えるほどの被害はありませんでしたが、

雨漏れ→カビ発生→異臭

の流れが思い付くので、早速、修理してもらいました。

異臭よ、さらば!

N-ONE(ホンダ)|インテークダクト

修理後、2週間ほど経過しました。臭いはわずかに残っていますが、明らかに減少傾向にあります。消臭&芳香剤が効くようになってきたので、このままいけば完全になくなりそうです。まさかの雨漏りが原因だったとは。

交換した部品は、

  • インテークダクト
  • インシュレータ

だそうです。

「インテークダクト」とは、車内へ空気を取り込むための開口部のことです。エンジンやその他の機器を冷やすために設けられています。それとボディーとの合わせ目に取付けられるのが「インシュレーター」で、緩衝材としての役割を担います。それらが上手く密閉構造を形成できておらず、そこから雨が侵入してしまっていたようです。

あとがき

1年以上にわたって悩まされ続けてきた異臭とも、ようやくおさらばすることができました。

どのような臭いなのかと言うと、「腐りかけの草や苔」をイメージすると、かなり近いと思います。いやイメージしにくいか。

もしもそんな臭いに悩まされる方は、一刻も早く、ディーラーにN-ONEを持ち込みましょう。修理に2時間ほど掛かりますが、きっと改善されるはずです。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

フォローする