古いMacbook ProのHDDをSSDに換装するのは簡単だった話

スポンサーリンク
Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装
スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕は古いMacbook Pro(2009 Mid)を使っています。仕事上、どうしても必要なアプリケーションがあって、それが新しいバージョンのMac OSでは動かないためです。

動作的には問題ありませんが、さすがに10年以上前のハードウェアなので、各パーツ消耗による劣化は避けられません。ちなみに不調だったバッテリーは、1年ほど前に交換しました。

古いMacBook Proのバッテリーは簡単に自分で交換できた話。

今後、故障する可能性が高いのはHDD。その確率は、日に日に高まっていくのは間違いありません。

というわけで、突然の惨劇に備えるため、SSDに換装しておきます。

スポンサーリンク

Macbook Pro(2009 Mid)に対応しているSSD

860EVO 500GB(Samsung)|外箱

SSDの選び方

まずは購入するSSDの検討から。

といっても、次の3つのポイントを抑えるだけです。

  • [接続方法(インターフェイス)]SATA(シリアルATA)方式
  • [サイズ/厚み]2.5インチ/9.5mm厚
  • [容量]250GB(既設HDDの容量)より大きいもの

基本的には、以前行ったWindowsノートPCのSSD換装と同じです。

古いノートPC(Lavie)のHDDが壊れたので、SDDに換装した話。

けれども今回はシステムの復元方法が違うため、既設HDDより容量大にする必要があることに注意です。

購入したSSD

860EVO 500GB(Samsung)|本体

で、購入したのはSAMSUNGの「860 EVO」。仕様は以下の通り。

  • [接続方式(インターフェイス)]SATAⅢ 6Gb/s
  • [サイズ/厚み]2.5インチ/7mm厚
  • [容量]500GB

接続方式については上位互換性があるので、上位のものを選んでおけば問題なし。容量は値段とのバランスを考えて500GBを選択しました。まぁ、こんなに使うことはありませんが。

メーカー的にはSanDisk製も捨てがたいところですが、

性能と評判が良かったので、今回はSAMSUNG製にしてみました。

Macbook Pro(2009 Mid)をHDDからSSDに換装

ざっくりとした手順

まず始めに、SSDに換装するざっくりとした手順を確認しておきます。

  1. 新品SSDをフォーマット(初期化)
  2. 既設HDDのデータを、まるっと新品SSDにコピー
  3. 既設HDDを取り外し、新品SSDを取り付け
  4. 起動

アプリケーションの中には、再度プロダクトキーを入力を求めるものあるので、適宜対応ということで。

データ移行の方法としては、Mac OSの標準機能である「Time Machine(タイムマシーン)」を使うのが王道です。けれども、別途外付けディスクが必要であることや、改めてTime Machineでバックアップを取るのが面倒。日常的にこの機能を活用していれば良いんですけどね。

そこで今回は、新品SSDに直接まるっと使用環境をコピーすることにしました。

ちなみに以前行ったWindowsノートPCの換装作業は、クリーンインストールでした。

古いノートPC(Lavie)のHDDが壊れたので、SDDに換装した話。

必要なもの

次に、換装に必要なものをまとめておきます。

  • 新品SSDを入れるケース
  • プラスドライバー
  • ヘクスローブドライバー(別名トルクスドライバー)

ケース

今回の方法では、一旦、新品SSDを外付けディスク化します。MacbookとUSB接続するためのケースが必要です。

購入したのは、ORICOのケース。

ケース自体は、換装後も既設HDDを入れて外付けHDDとして活用することができます。なので見た目も重視。

他に抑えておく仕様は、

  • SATA3.0対応
  • 2.5インチ/7mm厚のディスクに対応
  • USB3.0対応
  • Mac対応

ぐらいかな。あとは安さですね。

プラスドライバー

適応するプラスドライバーは#00、もしくは#0。100円ショップにも売っている精密ドライバーセットがあれば対応できます。

ヘクスローブドライバー

ヘクスローブドライバー、通称トルクスドライバーは既設HDDに付いているネジを外すのに使います。T6という大きさのものが必要。おそらく100円ショップには売っていないと思います。

Amazonなんかで安いセットを揃えておくと重宝しますが、

実はマイナスドライバー(1.6)でも回せないことはありません。ただしネジ山を潰す恐れもあるので、作業は慎重に行わなければなりませんが。これなら先程紹介の精密ドライバーセットに含まれています。

スポンサーリンク

換装作業スタート

1.新品SSDをフォーマット(初期化)

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SSDをフォーマット

まず最初に、新品SSDをMac環境で使えるよう、フォーマット(初期化)を行います。

  1. SSDをケースにセット
  2. 電源の入っていないMacbook ProとUSBケーブルで接続
  3. 電源を入れ、直後に「command + R」を押し続ける
  4. 起動後、写真のダイアログボックスが出現するので、「初期化」を押す

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SSDを初期化

するとディスクユーティリティが起動するので、左のドライブ一覧から新品SSDを選択し「消去」を始めます。その時の注意点は、

  • 選択するドライブは絶対に間違わないこと!
  • [フォーマット]が「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」になっていることを確認
  • [名前]は任意

当たり前ですが、もしも既設HDDを選択して消去してしまうと、その時点でゲームオーバーです。くれぐれも慎重に。

フォーマット作業自体は、ほんの数秒で終了します。

2.既設HDDのデータを、まるっと新品SSDにコピー

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|データをコピー

次に、既設HDDのデータをまるっと新品SSDにコピーします。

同じくディスクユーティリティ上で、[復元]タブを選択。

  1. 左側ドライブ一覧から既設HDDを選択し、[ソース]にドラッグ&ドロップ
  2. 左側ドライブ一覧から新品SSDを選択し、[復元先]にドラッグ&ドロップ
  3. [復元]ボタンを押してスタート!

僕の環境ではなぜだか既設HDDに名前が無く、[ソース]欄が空欄になっています。これで問題ありません。名前が付いているドライブが選択できていれば、[復元先]欄の通りに表示されます。

この時も、選択するドライブを間違ってはいけません。1箇所づつ指差し点検で作業を行いましょう。一番の山場はココです!

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|データをコピー

コピーするデータ量によって、かかる時間は変わります。僕の場合は30GB少々だったので、1時間30分ほどでした。10GBあたり30分の計算かな。

3.既設HDDを取り外し、新品SSDを取り付け

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|裏蓋を開ける

コピーが終われば、いよいよHDDとSSDの交換作業です。裏蓋の開閉までは、バッテリー交換の記事を参照いただければと思います。

古いMacBook Proのバッテリーは簡単に自分で交換できた話。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|HDD

バッテリーの横にあるのがHDD。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|HDDを外す

プラスドライバーを使って、HDDの片側を固定しているパーツを外します。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|HDDを固定しているパーツ

外したパーツはこんなもの。オレンジ色の部分はゴムで、HDDの横に取り付けているネジを挟み込み、固定する仕組みになっています。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|HDDを外す

もう片側は同じゴム素材の穴に突き刺しているだけ。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SATAのケーブルを抜く

接続されているSATAのケーブルを左右にグニグニしながら抜けば、HDDを取り外すことができます。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|トルクスネジ

で、これがトルクスネジ。六角形の星のような形をしています。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SSDにトルクスネジを装着

外したトルクスネジを4本、新しいSSDに取り付けます。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SSDにSATAケーブルを装着

あとは逆の手順を踏んでいきます。まずはSATAケーブルを接続し、

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SSDを取り付け

SSDの片側を固定穴に差し込む。

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SSDを取り付け

もう片側も所定の位置にセットし、

Macbook Pro(2009 Mid)をSSDに換装|SSDを固定

先程のパーツを使って固定します。あとは裏蓋を戻して完了です。ハード的な作業自体、かかった時間はものの数分です。超簡単!

4.起動

電源を入れると、いつもより少しだけ遅れてリンゴマークが出現。各種挙動を確認してみましたが、特に不具合は見られませんでした。

改めて設定し直した箇所も、ほぼ無し。唯一、Office for Macだけが再アクティベーションを求めてきただけ。それも無事に終了。

予想外にあっけなく換装作業は終了しました。

あとがき

換装後、明らかに動作がキビキビしています。本体およびアプリケーションの起動、各種処理など、隅々まで高速化されていて気持ち良い。

驚いたのは、WEBサイトの表示速度の改善。古いマシン&サポートが切れたブラウザなので、ノロマなのは諦めていましたが、今使っているiMac(2019)と遜色無い程度になりました。

ファンもほとんど動かず静かだし、熱くもならない。しかもちょっとだけ軽量化

10年前に中古で購入したものなのに、まだまだ余裕で活用できます。やっぱりProモデルはコアシステムが優秀です。

お役立ち
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどん.com