BenQの24インチ液晶モニターは、サブディスプレイにおすすめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サブディスプレイとしてBenQの液晶モニターを購入しました。GW2480というモデル。24インチに分類されていますが、正確には23.8インチです。

先日新調したiMac(2019)用ではなく、妻が使っているWindowsのノートパソコンに繋ぐためのもの。SSDに換装して、十分使えるマシンになったやつ。

古いノートPC(Lavie)のHDDが壊れたので、SDDに換装した話。

夫婦共々、PCワークが原因の肩こり・頭痛は年々ひどくなる傾向。その症状の緩和と、作業の効率アップが狙いです。

スポンサーリンク

液晶モニターを選ぶポイント

PC用の液晶モニターなんて、検索すればいくらでも出てきます。その中から選ぶとなると、いくつか購入のポイントを整理する必要があります。

画面の大きさ

大きく分けると、

  • 21.5インチ:幅*約500mm
  • 23.5インチ:幅*約550mm
  • 27インチ:幅*約600mm

というのが現代の主流。横幅は、およそ5cmづつの違いがあります。

大きいに越したことはないでしょうけど、サブとして使うなら、27インチは必要ないかな。ノートパソコンと並べて使うので、置き場所(机の幅80cm)的にも24インチぐらいが最適です。

ちなみに、以前使っていた古いiMac(2009 Late)のディスプレイが21.5インチで、新調したiMac(2019)は27インチ。およそのサイズ感は分かります。

パネル

パネルについても、

  • VA方式
  • TN方式
  • IPS方式

の中から選ぶことになります。

それぞれの特徴をざっくりまとめたのが、次の表。

TNVAIPS
視野角
色再現性
コントラスト(黒が綺麗)
応答速度
値段

サブモニターとして使う場合、角度を変えても映りが安定していることは重要。視野角と色再現性に優れたIPS方式が第一候補で、次点にVA方式。TN方式は無しかな。

光沢(グレア)か、非光沢(ノングレア)か

画面の見え方としては、光沢(グレア)と非光沢(ノングレア)があります。

光沢(グレア)は、画面の色が鮮やかで、黒が引き締まり、とても綺麗な映りをします。けれども、蛍光灯などの映り込みが強く、目が疲れやすいというデメリットがあります。

一方、非光沢(ノングレア)は、地味な発色ながら、映り込みが少なく、長時間の作業では目が疲れにくいというメリットがあります。

今回の目的の一つが「肩こり改善」なので、迷うことなく非光沢(ノングレア)を選びます。

VESAマウント対応か

VESAマウント」とは、業界で定めたれたモニターアームの規格。対応していると、色んなアームやスタンドが使えるので、自由度が広がります。

現状は、机に直置きの予定なので、対応しているに越したことはない程度ですが。

ピボット機能、昇降機能

ピボット機能」が付いていると、画面を回転させて、縦画面で表示させることができます。WEBブラウザや資料を並べるのに重宝しそう。

昇降機能」があれば、楽なポジションで作業ができます。

BenQの24インチ液晶モニター「GW2480」

んでもって、選んだのがBenQの「GW2480」です。

GW2480(BenQ)|ノートパソコンと並べて設置

画面サイズは23.8インチ。幅80cmの机の上に、ノートパソコンと並べて使うのにギリギリ収まる大きさ。

GW2480(BenQ)|斜めからでも安定した映り

IPS方式のパネルは、斜めからでも見え方は変わりません。おまけに非光沢(ノングレア)なので、目も楽チンです。

GW2480(BenQ)|VESAマウント取付穴

VESAマウント(10cm×10cm)には対応していますが、ピボット機能や昇降機能は付いていません。購入時、BenQ製品で取り扱っているお店を見つけられませんでした。

目に優しいモニター

GW2480(BenQ)|アイケア技術

その代わり、以下BenQ独自の「アイケア技術」が盛りだくさん搭載されています。

  • 「フリッカーフリー技術」:不快なちらつきを抑え、目を守る。
  • 「ブルーライト軽減機能」:ブルーライトをカットし、目の疲労や刺激を効果的に軽減。
  • 「ブライトネスインテリジェンス機能」:周辺環境や表示コンテンツに輝度を最適化。

このモニターを選んだ最大の理由。

まだまだ効果のほどは分かりませんが、落ち着きのある映りで好印象には間違いありません。

スポンサーリンク

その他の良いところ

GW2480(BenQ)|マットで上品な質感

他にも、フレームがマットで上品な質感であることや、

GW2480(BenQ)|ケーブルがすっきりまとまる

ケーブルがすっきりと収納できる点、

GW2480(BenQ)|ソリッドなデザイン

ソリッドでシンプルなデザインが気に入っています。

GW2480(BenQ)|道具不要の簡単組み立て

組み立ても道具不要で簡単。骨組みはスチールで頑強に造られています。

GW2480(BenQ)|滑り止め

裏の滑り止めも効き目バッチリ。スマートな見た目に反して、実物は質実剛健な印象です。

あとがき

使い始めてまだあまり時間は経っていませんが、妻曰く「めっちゃ快適!」だそうです。早く買っておけば良かったね。

iMacの5K Retina Displayと比べれば、格下の映りであることは否定できませんが、ノートパソコンのサブディスプレイとしては十分だと思います。値段も手頃でおすすめです。

良いモノ・欲しいモノ
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com