LUMIX G 25mm / F1.7とLEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4もMTF特性曲線で比較。

LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.

MTF特性曲線でレンズの良し悪しが決まるわけではありません。それは分かっているのですが、こういうグラフを使った比較って、昔から好きなんですよね。

野球ゲームが進化して、選手の能力値を細かく表示するようになったときもそうでした。この選手はこういう部分が優れているからこういう時に使おう、なんてデータやグラフを分析しながら、ストーリーを描き、ペナントレースを進めていく。高スペックな選手ばかりを集めて大味な試合をするよりも、ワクワクしてましたね。

だからやっちゃいます、第二弾。

今回はパナソニックのレンズから。これまた本日新発売(2015年10月23日)のLUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.と発売から4年が経過したLEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH.。両レンズとも35mm判換算で焦点距離が50mmの標準レンズです。

このレンズを選んだ理由は、

  • 1つのメーカーがリリースしている、同じ焦点距離のレンズである
  • 標準レンズである
  • 絞り値に半段の差がある
  • 発売時期に4年間の開きがある

という点です。

XF35mmF2 R WRが発表。XF35mmF1.4 RとMTF特性曲線で比較。
先日、富士フィルムから新レンズ「XF35mm F2 R WR」が発表されました。35mm判換算で焦点距離が53mmとなる標準レンズで、普...

の時と、状況が似ていますね。

スポンサーリンク

MTF特性曲線でみるLUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.

これがLUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.(以下、新レンズ)のMTF特性曲線です(パナソニック公式HPより引用)。

LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.のMTF特性曲線

富士フィルムと違って、一つのグラフに空間周波数が異なる曲線が描かれています。パナソニックでは、ヌケを意味するグラフは20本/mm(青色)、解像力を意味するグラフは40本/mm(緑色)の空間周波数が使われています。

いやー凄いですね。ほぼ周辺までヌケがよく、均質な画質であるようです。最も隅の方で少し落ち込みを見せていますが、一段絞れば全く気にることはないんじゃないでしょうか。いや、開放でも気になることは少ないだろうなぁ。

曲線もほぼほぼ重なっているので、ボケも綺麗なのでは、と予想します。

MTF特性曲線でみるLEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH.

一方、こちらがLEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH.(以下、旧レンズ)のMTF特性曲線です(パナソニック公式HPより引用)。

LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH.

新レンズのグラフと色使いが異なっているのでご注意。赤色がヌケで、青色が解像力です。

随分と性格が違うことが、所見で分かります。

両曲線で、レンズ中心から隅にかけて50%ほどの地点で落ち込みが見られます。曲線の差分も大きくなっているので、絞り開放時のの周辺画質はそれほど良いものとは言えないようです。

ただし両周波数ともM方向の曲線は、ほぼ周辺部まで高い値を維持しており、このレンズの味やクセを作り出している部分なのかな、と想像します。

まとめ

新レンズは現代的で、とても優等生なレンズだと想像します。Gブランド(LEICAブランドではない)ということで、購入しやすい価格設定になっていることも魅力的です。マイクロフォーサーズ機をお使いの方で、単焦点標準レンズをまだお持ちではない方は検討する価値アリだと思います。

一方、旧レンズの方ですが、実は僕、以前E-M5を使っていたときに、このLEICA SUMMILUX 25mmを使っていました。こってりとした色乗りで、非常に柔らかな写りをしながらも、一本芯がのこっている。そんな繊細な描写をするレンズで、これがライカというものなのかと、素人ながらもうっとりしていた記憶があります。

ん?

LEICA SUMMILUX 25mmと、今度発売する富士フィルムのXF35mm F2のMTF特性曲線って似てると思いませんか??

番外編:XF35mm F2 R WRとの比較

【XF35mm F2 R WRのMTF特性曲線(富士フィルム公式HPより引用)

MTF曲線|富士フィルム公式HPより引用

空間周波数:15本/mm

MTF曲線|富士フィルム公式HPより引用

空間周波数:45本/mm

本数の少ない方のグラフ(パナソニック:20本/mm、富士フィルム:15本/mm)で、M曲線が高い値で周辺部まで維持していながら、S曲線がある地点から急激に落ち込んでい点や、

本数の多い方のグラフ(パナソニック:40本/mm、富士フィルム:45本/mm)で、両曲線がムニョムニョ交じりながら落ちていく点。

一般的には、メーカー間でMTF特性曲線を比較するのは、測定の設定や方法が違うので意味がないと言われています。でもね、XF35mm F2のあのくびれがセクシーでコンパクトなルックスは、

XF35mm F2 R WR

XF35mm F2 R WR(富士フィルム公式HPより引用)

ライカ|ズミルックス35mm

LEICA-SUMMILUX-M-35-mm-f-1.4-ASPH(ライカ公式HPより引用)

かなりレンジファインダー式カメラのレンズ、つまりライカレンズを意識しているような気がするんですよね。ひょっとすると写りの方も、柔らかかつ繊細な味わい深いものになるような設計がなされているんじゃないでしょうか。まっ、信ぴょう性は乏しいですがねー。

旧レンズの方も安くなってきたので(僕が購入した時で5万円オーバー)、少しでも明るいレンズを希望される方には、今でもこちらをおススメします。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

フォローする