ご当地スーパーがおもしろい。キラヤ(長野県)編

長野県のスーパー|みそコーナー

その地域限定の小規模で営業をしているスーパーを見つけると、ついつい入ってみたくなってしまいます。

スポンサーリンク

地域スーパーのおもしろさ

”小規模”というのがミソで、少なくても3店舗以上の多店舗経営をしているお店がいいですね。その理由は、

  • 地域の”平均的”な値段相場が分かる
  • 地域の”平均的”な商品の顔ぶれが分かる

ところにあります。

複数の店舗を経営していれば、一般的には、仕入れを一括でおこない、チラシやPOPなどの販促物も統一した様式を用いるなどして、店舗間のバラつきが少なくなることを目指していきます。そうすることが経営の効率化であり、コストダウンにつながるという論理です。

これを全国的な規模に広げてしまうと、一様な風景になり、おもしろさが失われます。範囲が限定されることで、その地域の”平均”が自然と浮き彫りになり、おもしろさがうまれる。”平均”を知れば”傾向”が分かり、地域の”文化”を理解することににつながります。

個人商店ではダメなのか

それではもっと規模の小さな、単店舗経営の個人商店には、そういったおもしろさはないのか。ありますよ、たくさんあります。でも”平均”という”無意識の集合”を発見するおもしろさとは違うんです。

珍しいものが売っていたり、びっくりするぐらいの安値が付けられていたり、味のあるおっちゃんがいたり、手描きのPOPが並んでいたり、とても魅力的です。

でもそれらはあくまでも、そのお店単体の魅力であって、地域の魅力ではない。

もちろん似たような特徴をもつお店がたくさんあれば、その地域の魅力ということになるのかもしれませんが、それを確認するためには多くのお店を見てまわらなければなりません。

その点、スーパーなら地域の”平均”が編集された状態なので、把握するのに少しの時間しかかかりません。

大勢の無意識な行為に潜む”らしさ”

ちょっと脱線。

”東京タワー”や”富士山”をあしらったものをみれば、多くの人が、そこから日本という国を連想します。外国人だけでなく、中に住んでいる日本人までも。

一方、”渋谷のスクランブル交差点”が、今や外国人にとって人気の観光スポットだそうで、ぶつからずに向こう側まで難なく渡りきる秩序の高さに、”日本人らしさ”を感じているみたいです。

こんなこと、外部から指摘されるまでは、中にいる日本人が、”らしさ”を見出すことはなかったと思うんです。なぜなら自分たちは、その行為を無意識、無自覚におこなっていたから。自覚的であれば、自らそこを「観光スポットだ」と主張していたでしょうしね。


このように、ある地域に住む人間の”無意識の行為の集合”が、地域スーパーには溢れていて、僕の好奇心をくすぐるのです。

キラヤ ピア店(長野県)

前置きが長くなりました。

今年、長野県のキャンプ場に行ったのですが、その時に食材を買いに寄ったスーパーです。

お盆が近かったこともあって、入口近くには関連アイテムが並んでいました。

長野県のスーパー|お盆関連アイテム

結構な広さ(什器3スパン分くらい)のスペースが割かれていたことに、まずはおどろきました。僕の地元のスーパーではま、まず見ない光景です。それだけ盆というものを大事にされていることがうかがえます

あかし?迎え火セット?見たこともないものばかりです。ござもお盆用として売られているのですね。

お次は、みそコーナー。

長野県のスーパー|みそコーナー

さすが信州味噌の地。みそコーナーも3スパン分あります。しかも知らない名前のもの多数。

「お父さんみそ」ってなんだろう。「お父さんみそⅡ」というのもありますね。「お母さんみそ」は無いのかな。いやぁ、おもしろいなぁ。

最後は、卵コーナー。

長野県のスーパー|卵コーナー

一見、普通の卵コーナーに見えます。

でもここの卵は、1パック8個入りなんです。僕の地元のスーパーでは1パック10個入りが標準なので、とても違和感を覚えます。どうして2個少ないのか。謎のままです。

最後に

精肉コーナーもジンギスカンの種類が豊富だったり、まだまだおもしろいポイントはたくさんあったのですが、お伝えできるような写真を撮っていなかったので、これにておしまい。

引き続き今後もこの企画を続けていきます。次の予定は、、、来年かな。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

フォローする