[旅行記]小豆島(香川)でキャンプ|森國酒造のパン屋さん「モリクニベーカリー」でカフェタイム。酒粕コッペが美味い!

森國ベーカリー|看板

朝からプラプラと観光していると、どうしたって小腹が空いてきます。お昼ごはんはしっかり食べているはずなのに、甘いものの誘惑は避けて通ることはできないようです。

子供が欲しがるから、休憩するために、せっかくここまできたのだから、などなど。時と場合に応じて理由を使い分けながら、小豆島でも美味しいスイーツにありつくことができました。

スポンサーリンク

モリクニベーカリー|大吟醸 酒粕あんこのコッペパン

モリクニベーカリー|酒粕あんこのコッペパン

ここのコッペパンの味には、驚きました。

僕が注文したのは「大吟醸 酒粕あんこ味」。その名のとおり、酒粕が練り込まれたあんこをサンドしたコッペパン(280円)です。

”酒粕で意表を突く”系のものって、好き嫌いが分かれるところだと思います。クセのある食材なので、入れすぎると、一気に酒粕感が支配してしまいますし、少ないと、物足りなさを感じてしまう。丁度良い分量しろみたいなものが、とても狭い食材なのでしょうね。結構、失敗しているものに出くわします。そもそも、日本酒離れが進んだ現代では、キワモノ感が先立ってしまうので。

ところがどっこい、モリクニベーカリーの酒粕あんこは、その狭いポイントを見事に突いている。このあんこの甘さには、この分量しかない、と確信できるほどのベストなバランスで仕上がっているのです。

コッペパン自体、酒米粉から作られているので、とても相性が良い。ふんわり、もっちりで優しい甘さのパンが、少しクセのある酒粕あんこと馴染んで、骨抜きになるような美味しさを生み出しているのですから、こりゃあ、たまりません!

モリクニベーカリー|シナモンの揚げパンとココア

子供たちはホワイトチョコがサンドされたココアコッペ(300円)を、妻はシナモンがかかった揚げパン(180円)を注文しました。いずれもとても美味しくて、大きさが小振り(約15cm)なこともあり、全種類食べたくなる衝動に駆られてしまうので要注意。

モリクニベーカリー|イートインスペースのグラス

買った商品は、すぐ横のテーブルで頂くことができます。イートインスペースってやつです。コーヒー(ホット&アイス)はもちろん、オリーブリーフティーや季節の果物を使ったドリンクなんかも注文することができます。コッペパンは日本茶と合うようですよ。

モリクニベーカリー|工房

職人さんがパンを作る様子を見ることもできたりと、小さなお店ではあるけれど、とても居心地の良い空間になっています。

お店のFacebookによると、他にもこんな商品が販売されていたようです。

【米コッペパン】
酒粕あんこ 280円
ピーナッツバター 280円
ミルクジャム 280円
日本酒レーズン&カスタード 280円
ココアコッペ(ミルクジャム&ホワイトチョコ) 300円
揚げパン(砂糖、きな粉、シナモン)各180円

小豆島自然放牧 豚の旨煮 430円
酒粕グラタン 300円

【天然酵母ぱん】
酒種 バゲット 300円
山食パン 450円
レーズン&カシューナッツ 380円
クルミ 380円
カンパーニュ 460円 1/2 230円

【お菓子】
米コッペ ラスク 300円
スコーン(バナナ黒糖、レーズン、ココア)
各300円

【つまみ】
酒粕&ブラックペッパーグリッシーニ 80円

今度また小豆島に来たときにも、必ず立ち寄りますよー。

モリクニベーカリー

住 所〒761-4426 香川県小豆郡小豆島町馬木甲1010番地1
営業時間9時00分〜17時00分
定休日水・木曜日
電 話0879-61-2077

森國酒造|燻製ポテチ

森國酒造

酒粕や酒米粉など、モリクニベーカリーのコッペパンには、日本酒関連の材料が使われていました。それもそのはず、親元は森國酒造という小豆島で唯一の酒造会社なのですから。

モリクニベーカリーから歩いて1分もかからない場所に、森國酒造はあります。写真(↑)は、ギャラリーショップ兼カフェ&バーの建物です。

森國酒造|ギャラリー

築70年の佃煮工場を改装したギャラリーには、森國酒造が製造する日本酒が展示されています。もちろん購入することも可。

森國酒造|カフェ&バー

奥には、カフェ&バー。ベーカリーで使われていた酒粕を使った粕汁なんかがいただけるようです。

森國酒造|ぴぴぴ

店内をプラプラしていると、ひとつの商品に目が留まりました。それが、燻製ポテチ。愚かなことに、写真を撮っていませんでした。代わりに日本酒「びびび。」の写真を。

試食品が置いてあったので、1枚食べてみたところ、これは美味しい!ポテチって、燻製と相性バッチリなんですね。使っているチップは、おそらくサクラだと思うのですが、どうでしょう。これをつまみに、日本酒でも、ビールでも、グイグイいけちゃいそうです。

調べてみると、製造しているのは森國酒造ではないようです。

燻製ポテチ - 小豆島の燻製職人
瀬戸内海は小豆島に住む燻製職人(二足のわらじ中)の燻製奮闘記録⁈(その他もあるよ♪)

つまみや」という、小豆島にお住いの燻製屋さんですね。今年に入ってから販売されはじめた商品のようです。値段も300円と手頃なので、お土産はもちろん、キャンプの夜、焚き火をしながらの一杯に最適です。

森國酒造

住 所〒761-4426 香川県小豆郡小豆島町馬木甲1010番地1
営業時間ギャラリー・ショップ:9時00分〜17時00分
カフェ:11時00分〜17時00分
定休日木曜日
電 話0879-61-2077

[番外]白鳥SA|はりまのやわらか塩味(しおみ)生大福

やわらか塩味生大福

番外編として、小豆島からの帰りみちに食べた「はりまのやわらか塩味生大福」も紹介させてください。

トイレ休憩と称して立ち寄った白鳥IC(上り)で、大々的に宣伝をしていたので試しに買ってみたのですが、これがまた絶品!

塩味がほどよく効いた、あまじょっぱいあんこと生クリームが、とろけるような柔らかさのお餅に包まれ、感動レベルの美味しさに仕上がっています。

値段は165円(税込)/個。1つ食べたら、必ずもう1つ食べたくなるので、複数個、購入することをおすすめします。

以前は、龍野西SA(上り)でしか販売していなかったようですが、今では通販で取り寄せることもできるようになっています。お正月前にでも、購入しようかな。

あとがき

モリクニベーカリー|山食パンをお持ち帰り

モリクニベーカリーのコッペパンが、あまりにも美味しかったので、次の日の朝食用に山食パン(450円)を買って帰りました。天然酵母使用の、これまた楽しみな食パンです。

モリクニベーカリー|山食パンをトースト

ふわふわと軽い食感の生地で、そのまま食べるのが一番だと思います。試しにトーストしてみたのですが、ご覧のとおり、少し焦がしてしまいまして、美味しさダウン。

炭火でトースト

前日は、とっても美味しく焼けたのです。スーパーで購入した普通の食パンだったにもかかわらず。やっぱり炭火が良いんでしょうね。外側はカリッと、中はふんわりに仕上げてくれます。おおよそ2斤分、子供たちは、お腹いっぱいになるまでねだってました。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク