[京都・一乗寺]中華そば「高安」は、親切でおしゃれなラーメン屋。味は天下一品の〇〇に似ている!?

中華そば「高安」(京都・一乗寺)|

「誕生日に何が食べたい?」と妻に聞かれ、思い付いたのが京都の一乗寺に店を構える、中華そば『高安』のラーメンでした。もう、かれこれ10年以上前に食べたきりで、その美味しさに感動した記憶があります。

夕食にわざわざラーメンを食べに車を走らせる、なんてことは、子供が産まれてからはほとんどなくなりました。なので子供たちに、普段とは違う”ワクワク感”と”食べたことのない味”を楽しんでもらいたい、という思いもあったのです。

そんなわけで、以下レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

中華そば『高安』(京都・一乗寺)

明るくて清潔な店内。小さな子供を連れていても居心地が良い。

中華そば「高安」(京都・一乗寺)|看板

東大路通に面したお店は、3階建ての細長い建物。赤と黒のツートンカラーで目立つだけでなく、「高安」と大きく描かれた看板が壁面に掲げられているので、見落とすことはないでしょう。

中華そば「高安」(京都・一乗寺)|店内の様子

到着したのは、18時を少し過ぎた頃。平日ということもあって、お客さんの数はまだまだ少ない。おかげで並ぶことなく、席に着くことができました。昔は並んで食べたものです。

席数は、およそ20席ぐらい。そのうちのほとんどがカウンター席で、テーブル席は3つほど。それでも、全体的にゆったりとしたレイアウトなので、窮屈な感じはありません。むしろラーメン屋さんで、こんなに余裕があると、なんだか申し訳なく思ってしまいます。ちなみに、僕たちが座ったのは、円柱をぐるっと囲む丸いカウンター席でした。

中華そば「高安」(京都・一乗寺)|ちょっと古くなった感のある店内

イスやテーブルは白を基調とし、間接照明や木のインテリア、ポップなカラーリングの小物を置いたりと、さながらカフェのような空間になっています。暗くて小汚い、といった昭和のラーメン屋のテイストは微塵もありません。

現在の場所に移転されたのが、およそ10年ほど前だそうで。当時は、こういったスタイルのラーメン屋が他になかったので、とても驚いたものです。けれども、今となっては少し時代を感じてしまい、オレンジのアート的なティッシュケースなんかに、どこか気恥ずかさを感じてしまいます。

それでも女性や子供にとって、敷居が低いのは歓迎すべきこと。壁に取付けられたモニターにはトム&ジェリーが流れていたり、子供用の椅子が用意されていたり。なによりも明るくて清潔。家族連れにはウェルカムな雰囲気が、そこかしこに漂っています。

やっぱり美味しい中華そば。けれども、天下一品のあの味に似ている。

中華そば「高安」(京都・一乗寺)|メニュー

僕は「からあげ定食(中華そば)」を注文し、妻と下の子はそれぞれ「中華そば」を選択。上の子は「中華そば」に「半熟たまご」をトッピングしました。

注文してから約5分。

中華そば「高安」(京都・一乗寺)|中華そば+半熟たまご

10年ぶりのご対面!やったー!写真(↑)は、息子が注文した半熟たまごトッピングバージョンです。

高安の中華そばは、豚骨と鶏ガラを22時間煮込んだ白濁スープ。見た目ほどのこってり感はなく、どちらかというとシャバシャバした、マイルドなスープです。麺は中細タイプでストレート。スープが絡みやすいように”かん水”の加減が調整済とのことで、スルリと食べられるものの、しっかりと味が付いてくる。薄めのチャーシューはトロトロで、口に入れると溶けるよう。大きくカットされたネギは、ザクザクした食感がたまらない。

やっぱり美味しいなぁ、とホフホフ食べながら、ふと思ってしまいました。

天下一品の屋台味ラーメンに、味が似てるよね?

10年前にだって、屋台味ラーメンを食べたことはあったはず。けれども、味が似ているとは思わなかった。次元の違うラーメンを食べている感覚すらあったほど。僕の舌の解像度が粗くなったのか、それとも高安の味が変わったのか。

決して美味しくなくなったわけではないのですが、それなら天下一品でいいじゃん、ということになってしまう。10年ぶりに食べた高安の中華そばを食べた感想は、少し複雑なものになってしまいました。

ボリューミーなからあげと、店員さんの気配り

中華そば「高安」(京都・一乗寺)|からあげ

からあげは、ほんのりカレー風味が効いていて、他ではあまり食べた記憶がない味付けです。

なんといってもボリューミー。この大きさのからあげを3つ食べるのは、アラフォーおじさんには至難の技です。おまけに、並盛りごはんを頼んだはずなのに、出てきたのは大盛りのような並盛りでしたよ。

そんな事態を見越してか、あらかじめ一口サイズに切ることを、店員さんが提案してくれました。これなら子供たちも食べやすいし、お持ち帰りもしやすいです。小皿も多めに用意してくれたり、高安の店員さんはとっても親切な対応をしてくれるので、居心地最高です!

あとがき

久しぶりに食べた高安の中華そばは、味も量も、10年前の記憶とは少し違ったものでした。残念、とまでは言いませんが、どこか寂しい気持ちになってしまいました。それでも、接客の丁寧さに感動するなど、当時は気が付かなかった良さを発見できたので、トータル的には良い記憶が上書きされたと思います。10年分、歳を重ねたということですね。

5歳の息子が、一人前の中華そばを完食したのにはびっくり。普段はあり得ないことなので、かなり美味しかったのだろうと思います。子供を気軽に連れていける美味いラーメン屋って、なかなか少ないものなので、そういった意味で高安はありがたい存在です。

中華そば『高安』

住 所〒606-8185 京都市左京区一乗寺高槻町10
電話番号075-721-4878
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク