XF56mmF1.2 R APDレビュー|被写体全てが主役になる!

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|作例

今回ご紹介するレンズは、「XF56mmF1.2 R APD(以下XF56mmF1.2APD)」。APD(アポダイゼーション)フィルターを搭載した、”ボケ”表現をとことん追求したレンズです。

当ブログでは、以前に「XF56mmF1.2 R(以下XF56mmF1.2)」のレビュー記事を書きました。

XF56mmF1.2レビュー|スナップで威力発揮!主題浮き立つ魅惑のレンズ。
F1.2という、非常に明るい開放値を持つフジノンレンズ「XF56mm F1.2 R」。 メーカーの公式ページをみると「ポートレート撮影に最...

このレンズも、大変素晴らしい描写を見せてくれていただけに、APDの有無でどれぐらい変わるものなのか、疑問と期待を抱きながらのレビューになりました。

スポンサーリンク

XF56mmF1.2 R APDの使用感

非APDのXF56mmF1.2と同じサイズ、同じ操作感

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|外観

サイズ、操作感ともに、非APDであるXF56mmF1.2と変わりありません。

絞りリングはカタカタと軽快なクリック感。フォーカスリングもXF単焦点レンズ共通のしっとりしたもので、鏡筒が太い分、軽めな印象。撮影していて気になる部分はありませんでした。

違う部分といえば、絞りリングに朱色でAPDフィルターによる減光分のF値が記されていること。実絞りである白色表記との差が大きいほど、APDフィルターの効果が高くなります。もちろん最も効果が出るのは開放で、F5.6になると効果なし、ということになります。

APDフィルターについての詳細は、富士フイルムの解説ページをご参考に。

XF35mmF1.4比較だと大きくて重いけど、すぐ慣れる

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|吸い込まれそうになるぐらい大口径

普段メインで使用しているのが、XF35mmF1.4(鏡筒Φ65.0mm、重さ約187g)やXF23mmF2(鏡筒Φ60.0mm、重さ約180g)ということもあって、大きく、重く感じてしまうのは仕方のないこと。

けれどもまぁ、数枚ほど撮影した時点で、そんなこと忘れるぐらいにXF56mmF1.2APDの表現力に魅了されてしまうのですが。

F1.2という、覗くと吸い込まれそうになるほどの大口径レンズですから、大きくて重いことも撮影能力の表れだと、信頼感が持てます。

XF56mmF1.2 R APDの画質

画面全域でムラのない、とろけるような優しいボケ

とにもかくにも、XF56mmF1.2APDを使う以上、ボケの具合を見ないわけにはいきません。なので特別な表記がない限り、全て開放絞りでの撮影となっています。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|途切れのないボケ方

被写界深度がきわめて浅いF1.2。ピントピークの白い提灯(左側)以外は、すべてボケの魔術にかかっています。

画面全域で、とろけるように柔らかい描写。どこか一部が強調されるのではなく、ムラなく、滑らかに。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|前ボケ、後ボケともに自然

前ボケ、後ボケともに、輪郭のゆるみ加減が同じような印象。どちらも自然で、まったく嫌味な感じがありません。前ボケが綺麗だと、画に奥行きが出るので嬉しくなります。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|点光源が真円

各光源が、グラデーション豊かにじんわり滲んでいます。

手前の提灯よりも、奥のスポットライトの光に心を奪われてしまうのは、写真として良いことなのか考えものですが。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|黒門市場

ごちゃごちゃとザワつきそうな背景も、穏やかにきっちり描き分けてくれます。画面にうるささを感じる部分がありません

XF56mm F1.2 R + X-Pro2

上の写真(↑)は、非APDのXF56mmF1.2で撮影したもの。

撮影状況が違うので単純な評価はできませんが、こちらの方が背景はゴチャつくように思います。光源が重なる部分も、XF56mmF1.2APDの方が丁寧に描写する印象です。

凄まじいキレ

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|ピント面が浮き立つ

柔らかなボケからは想像しにくいほど、ジャスピン部分のキレはハイレベル。かなり高い精度で結像します。

上の写真(↑)で言えば、背広の織り目なんて朝飯前。髪の毛の1本1本、帽子のステッチまで判別できるほど解像しています。ほら、この通り。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|ものすごい解像力

確か、4〜5mぐらい離れて撮影したと記憶しているのですが。凄まじいほどのキレ具合です。

主題が浮かび上がる

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|浮き立つ主題

アウトフォーカス部分がムラ無くとろけ、フォーカス部分はきっちり解像する。自ずとピント部分は浮き上がります

上の写真(↑)は、もちろんマグロの握りにフォーカスしています。前後のボケに加え、ライティングも手伝って、握りが壇上のスター歌手のように輝いています。美味そう!

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|主題が浮かび上がる

たとえ背景との距離がわずかでも、

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|主題が浮かび上がる

あるいは離れて撮影したとしても、XF56mmF1.2APDは、何食わぬ顔で主題を世界から浮かび上がらせます。しかも、ごくごく自然に。

換算85mmの自然な間

換算85mmが生み出す間は、人々の行為を自然な眼差しで捉えるのに適しています。これよりも長いと、僕の視力では間に合わないので。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|魚をさばく姿

何かの作業に没頭している状況では、5〜6mほど離れて撮影しても、たいていの場合、作業の邪魔になることはありません。

お二方の息の合った動きに見とれて、思わずシャッターを押させていただきました。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|中望遠レンズの間

普段どおりのお金の受け渡しも、カメラの存在を意識されると、ぎこちなさが生まれるかもしれません。それではこの味が生まれません。街角スナップは、自然体が命です。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|街角スナップ

このように、少し角度に気を使いさえすれば、ショーウィンドウに撮影者の姿が映り込むことこともありませんしね。

XF56mmF1.2 R APD(富士フイルム)|無造作に置かれた靴の空箱

どうしてこんなところに靴の空箱が?無作為が生み出す妙ですね。

そんなヘンテコなものでも、XF56mmF1.2APDで描写すれば主題っぽくなるのですから、すごいものです。

あとがき

APDの有無で、描写は確実に変わります

ボケはどこまでもなだらかに優しく均一、ピント面はワンランク上のキレッキレに。1.5倍ほどする価格差を容認できるなら、絶対にAPD有の方が幸せになれるんですけど。

APD無しのXF56mmF1.2でも十分魅力的な描写をするだけに、比べなければ良かったという後悔は無きにしもあらずです。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

フォローする