【X-Pro1が好き!】真の画質は店頭デモ機では分からない。液晶モニターやEVFに惑わされないで。

X-PRO1の背面液晶モニター

ペケプロちゃんことX-Pro1の最大の魅力(ウリ)は、画質の良さであることに間違いありません。

このように断言してしまえるのも、その他の多くの面(特にAF精度&速度)でライバル機に劣っているから。野球で言えば、打率.254・本塁打49本というタイプですね。ホームランか三振か。トリプルスリーを狙えるようなオールマイティなカメラでは、決してありません。

X-Pro1の画質の良さって、撮影した瞬間を底辺として、後工程にいくに従って、段々と体感できます。

スポンサーリンク

背面液晶モニターやEVFはあてにならない

X-Pro1の背面液晶モニター(以下LCD)は、3.0型 RGB+W画素の123万ドットという、現在でもトップレベルのかなり高精細なものを搭載しています。

にもかかわらず、なぜかX30(3.0型 TFTカラー 約92万ドット)やRX100(3.0型 TFTカラー 約123万ドット)なんかと比べると、地味な印象を受けるんですよね。EVFなんて、X30やX-T1には足元にも及びません。

あまり良い比較写真ではありませんが、一応貼り付けておきます。

X-PRO1とX30の背面液晶の比較

X30との背面液晶の比較

X-PRO1とRX100の背面液晶の比較

RX100との背面液晶の比較

よってX-Pro1で撮影するときは、これらの電子画面はフレーミング専用と割りきって使っています。ピンボケぐらいは確認できるので、ちゃんと撮れているかチェックするぐらい。

またEVFとLCDに映し出される画像の質(色味、明るさ、精細さ)に差がある(ある程度、調整はできるのですが、一致させることは僕にはできない)のも、もひとつ信用をおけない理由です。

だから撮影直後は、まぁ撮れたな、ぐらいの感じのときが多く、名作品をものにした的な手応えはあまり感じることが少ないです。

コンピュータに取り込むと、印象が変わる

でもコンピュータのような大きい画面で見ると、おっ!となることが多いんです。

なだらかな階調の繋がりや美しいボケ、金属から布まで質感表現の幅の広さなどなど、改めて発見することや感動することがしばしばあります

一方、RX100なんかはこれとは逆で、周辺部の歪みやピンズレによくがっかりさせられています。ちなみにX30では、良くも悪くも撮影時の印象のまんまという感じですね。

プリントすると、さらに印象が変わる

この傾向は、プリントしたときにも続きます。

普通、プリントというのは、ディスプレイで見ているときよりもサイズが小さくなるので、細かな部分は潰れて見え、ベタッとした印象に仕上がることが多いです。

けれどもX-Pro1のプリント写真は、色の出方や分離が良く、しっかりと一本一本の線を描き分けてくれているので、とても精細な仕上がりになります。

さすがにディスプレイより高精細ということはないのですが、プリントというモノとしての魅力がプラスされ、違った味わいを感じることができます。

これは自宅プリントでも感じることなので、お店プリントや富士フィルムのX-PRINTサービスなんかでプリントすると、もっと良い印象になるんでしょうね。

まとめ

E-M1を使っていたときもそうだったんですが、カメラ背面LCDで確認→PCディスプレイで確認→プリントの順で、撮影時の感動が薄れていくような感覚がありました。

でもX-Pro1を使いだしてから、まずはコンピュータに取り込んで確認することが楽しくて、自信作をプリントするのもまた楽しいです。フィルムを現像に出してプリントを待つワクワクする感じが、X-Pro1のこういうところにももありますね。

店頭においてあるデモ機を触って、その背面液晶に写る画像の印象でカメラ選びをしては決していけませんよ。綺麗な印象を与えるよう、彩度や輝度が調整されていたりするので。

液晶モニターに写る画像と、実際の写真のクオリティとは無関係です。要注意!

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

フォローする