クイックチェア(フィールドア)はローチェア30(スノーピーク)より優秀!?

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の姿勢が悪くなってきたので、脱・床座生活のために、FIELDOOR(以下、フィールドア)の「クイックチェア」を購入しました。

FIELDOOR(フィールドア)の「クイックチェア」で脱・床座生活

いわゆる「ロースタイルチェア」というやつですが、見た目やフォルムからして、スノーピークの「ローチェア30」と非常によく似ています。コピーしたんじゃないかと思うぐらいに。

今回は、これら2つのチェアを詳細に比べてみようと思います。

スポンサーリンク

「クイックチェア」と「ローチェア30」を比較

見た目や形状がそっくり

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|外観

すでに書いたとおり、見た目やフォルムはほとんど同じ。

ローチェア30の方が10cmほど背もたれが高く、その材料分なのか1割ほど軽量。フレームの色がシルバーなので、スタイリッシュに見えるかな?程度です。

一応、比較表を掲載しておきます。

クイックチェアローチェア30
使用時サイズ57cm×64cm×78cm58cm×65cm×86cm
収納時サイズ20cm×18cm×91cm16cm×18cm×101cm
重量3.3kg3.6kg

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|肘掛け

アームレストは両方とも木材。クイックチェアに使われているのは「ブナ材」で、ローチェア30には「竹」の集成材が使われています。

両方とも表面保護材が塗布されていますが、仕上がりが丁寧なのはローチェア30の方です。他にも、厚みや加工の具合など、比べてみるとクオリティの違いは明らかです。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|アームレスト裏

例えば、裏側を見てみると、クイックチェアの方は単にビス留めされているだけですが、

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|アームレスト裏

ローチェア30のアームレストは、フレームがきっちり収まるように彫り込み加工がされています。

また、おそらくですが、使用されているビスの素材にもステンレスとスチールの違いがあり、ローチェア30の方は、よりビス頭の大きなものが採用されています。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|シート

同様の差は、シートにも見られます。

所有のローチェア30は古いタイプということもあって、シートには6号帆布が使われています、現行品は、両方とも「ポリエステル」素材が使われています。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|シート

縫製は、どちらも丁寧な仕事がなされていますが、クイックチェアに補強用のパーツは使われていません。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|補強の具合

一方、ローチェア30には補強パーツが用いられています。しかもカラーリングが素敵で、デザイン上のアクセントになっています。おしゃれ!

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|リベット留め

フレームは、どちらも「アルミニウム合金」製で、主要部分にはリベット留めが採用されているので、頑強さは同程度に感じます。強いて言えば、クイックチェアの方が若干しなりを感じるかな。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|フレーム形状

形状やサイズ、仕組み、接合部分の位置など、ほんの少しの差はありますが、ほとんど同じと言っても差し支え無いレベル。設計図が同じか、パ○ったか。いやリスペクトしたのか。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|脚元(後ろ)

支える脚元の形状や仕組みについても、後ろ脚はほぼ同じ。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|前脚

前脚の底面パターンこそ異なりますが、面積と形状が同じなので、力の掛かり具合には大きな差はないことが推測できます。

座り心地は別物

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|フレーム形状

これだけフレームが同じなら、座り心地も近いんじゃないかと考えてしまいますが、全くの別物です。

クイックチェアは沈み込みがほとんど無く、”浅い”座り心地。一方、ローチェア30は、すっぽり体を包み込むように、”深い’座り心地を実現しています。

例えるなら、普通車と高級車のような違い。

ローチェア30の座り心地が良すぎるのであって、決してクイックチェアが悪いわけではありません。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|シートの遊び

この違いの原因は、ひとつはシートの設計にあります。

クイックチェアのシートは、座面から背もたれにかけて”遊び”がほとんど無く、常に張った状態をキープし続けます。背もたれ座面ともフラット。座った時の体は、”点”で支えられる感覚です。

一方、ローチェア30のシートは、全体的に余裕があり、ゆるりとした形状で作られています。体は曲面で支えられるので、まるでハンモックのような”包み込まれ感”を味わうことができます。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|シートの形状と座面の高さ

もうひとつの原因は、床からの座面の高さにあります。

クイックチェアの座面高が約34cmに対し、ローチェア30の方は、その名が示す通り30cm。わずか4cmの差ですが、見える景色は予想以上に変わります。

地面に近いローチェア30の方が、よりゆったりした気分に浸ることができます。

クイックチェア(フィールドア)とローチェア30|背面

リラックス度この上ないローチェア30ですが、いざ立ち上がろうとすると、相応の労力を必要とするので要注意。

座面の低さと、体が深く沈み込むことが合わさって、再起動がかなり辛い。天国から地獄。膝に持病を抱えている方は、迂闊に座らない方が良いかもしれません。

座り心地の良さも含め、二度と立ち上がれないかも、です。

あとがき

クイックチェアとローチェア30。クオリティにおいて、ローチェア30の方に分があります。ですが、その差はごくわずかであり、人によっては誤差の範囲に収まるレベルでもあります。

座り心地に限って言えば、好みや用途によって、クイックチェアを選んでも、何らおかしくありません。しかも価格差が3倍であることを踏まえると、クイックチェアは最良の選択になり得ます。コスパ最高!

極上のリラックスを得て、まったりするならローチェア30、

ガシガシ使って、アクティブに動くならクイックチェアといった感じかな。

繰り返しになりますが、良いですよ!クイックチェア。

キャンプ道具
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com