iPhoneSEの液晶保護フィルム選びに迷ったら、ANKER(アンカー)のガラス保護フィルムをおすすめします。

ANKER(アンカー)|iPhoneSE用ガラスフィルム

防塵防水ケースの記事を書いた直後に言うのも少々気が引けますが、

【解約したiPhone5s】耐衝撃・防水ケースを購入&レビュー。アウトドア用タフネスカメラ(子供用)として再活用。
解約したiPhone5sを活かすべく、耐衝撃・防水ケースを購入しました。宣伝文句をそのまま信じるならば、『IP68クラスのタフネスカメラ』に...

やっぱりiPhoneシリーズは、ケース無しで持つのが一番だと思います。

壊れさえしなければ、本体に多少の傷が付くのは許容範囲。それよりも、デザインやサイズ、操作性なんかが台無しになるほうが気になります。

ただし液晶画面は別

傷や割れが生じてしまうと、操作に支障が出ますし、見た目も悪くなってしまいますからね。なのでiPhone4sのときからずっと、液晶保護フィルムだけは貼るようにしています。

以前は、安いことを理由に、PET素材のものを貼っていました。けれども、Nexus5xにガラスフィルムを採用したところ、こっちの方が断然イイ!となり、今回もガラス製を選択。モバイルバッテリーでお世話になっている、ANKER(アンカー)製のフィルムです。

スポンサーリンク

ANKER|GlassGurad for iPhone5/5s/SE

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|同梱品

白をベースに、鮮やかなブルーが印象的なパッケージは、かなり厚手の紙が用いられ、ツルンとした上品な触り心地です。

パッケージを開けると、中には

  • ガラス保護フィルム本体
  • ホームボタンに貼るプレート
  • アルコールクリーナー
  • マイクロファイバークロス
  • スティッカー×3
  • ホコリ除去シール×1

が入っています。

スティッカーとは聞きなれない言葉ですが、ガラス保護フィルムを位置合わせするときに、仮固定するシールのようなものです。

詳しい使い方が、パッケージの中に描かれています。

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|取付け手順

昔から、この手のフィルムを貼るのは苦手だったのですが、今回、これまでで一番の出来栄えになりました。それも、このスティッカーが用意されていたおかげだと思います。

こういう繊細な作業では、仮固定するなんてことは、基本中の基本なのでしょうけど、なにぶん面倒くさがりなもので、ついつい作業を省略して進めてしまいます。もれなく、あちゃぁ、と頭を抱えることになる。

このように、材料も手順もここまで完璧に用意されていれば、よしやろう!という気になりますね。

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|貼付完了

作業は5分ほどで終了。くりかえしになりますが、歴代最高の仕上がりです。

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|厚みは0.38mm

ガラス保護フィルムの厚みは0.38mm。昨今では0.2mmのものも珍しくないので、驚くほどの薄さというわけではありません。それでも十分、iPhoneSEとの一体感は保たれています。

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|iPhoneSEと一体

真横から見ると、ぴたっと貼り付いているのが分かります。エッジはR加工がされているのかな。触っても、引っかかりが全くありません。

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|ホームボタン周り

1点だけ気になるところをあげるとすれば、ホームボタンが若干押しづらくなること。

0.38mmといっても、厚みがあることに変わりはなく、その分、指の腹が届きにくくなるわけです。それでホームボタンに貼るプレートが用意されているのですね。

カラーはシルバーとブラックの2色。

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|ホームボタン用プレート(シルバー)

ANKER(アンカー)GlassGuard fo r iPhone5/5s/SE|ホームボタン用プレート(ブラック)

仮置きしてみましたが、残念ながら、どちらの色もホワイトベゼルのiPhoneには似合いません。なので、このプレートは却下。

押せないわけではありませんし、指紋認証も問題なく動作するので、見た目を優先することにしました。0.2mmのフィルムだと、違和感ないのかな。

あとがき

ホームボタンの問題はありますが、クオリティは非常に高いフィルムだと思います。

メーカーがうたう、その他の宣伝文句をまとめると、以下のとおり。

  • 硬度:9H。最高レベルの硬度。ナイフよりも硬い。
  • 感応度:非常に高く、タッチ操作の反応が損なわれない。
  • 透明度:94%。元々の画質が損なわれない。
  • 表面のコーティング:防油防汚コーティング。手入れも簡単。
  • 気泡発生なしの取付け

なるほど、確かに言っていることに間違いはありません。しかも1,000円もしない値段で買えてしまうのですから。

iPhone7やiPhone7plus用も販売されているので、数多くあるフィルム選びに迷ったら、まずANKER製品を検討してみてください。

追記

残念ながら、半年も経たないうちに、傷や割れ、欠けが生じてしまいました。特別、雑に扱った記憶はありませんが、みすぼらしい姿になってきたので交換することに。詳しくは、この記事で。

iPhoneSEのガラス保護フィルム。ガラスの厚みは0.2mm、メイドインジャパンが必須かな。
iPhoneSEの液晶画面を保護するため、ANKER製のガラスフィルムを使っていましたが、半年経たないうちに、傷や割れ、欠け...