【初心者キャンプ】ダッチオーブンでパンを焼く|1次発酵までは出発までに済ませておくとイイですよ。

ダッチオーブンでパンを焼く

ダッチオーブンを手に入れたなら、ぜひとも取り入れてもらいたいメニューの1つが「パン」です。

”焼きたて”のパンは、それだけでも美味しいものですが、ダッチオーブンで焼くと熱の入り方が違うからなのか、ふんわりもちもちのパンが焼き上がります。2つに割ると、湯気がほわぁとたちのぼり、最後まで白肌の生地が細く長く引き合い続けます。マーガリンなんてなくてもOK。噛めば、口の中に甘みが広がり、しあわせな気分に浸れます

我が家では、ほぼ毎朝、ホームベーカリーで作った自家製パンを食べているので、”焼きたて”のパンの美味しさは分かっているつもりでいましたが、ダッチオーブンで焼いたパンの味をを知ってしまうと、ホームペーカリーで焼いたパンの味は少々貧弱に感じてしまいます。

キャンプでの朝食は、焼きたてのパンと淹れたてのコーヒー、そして大自然の綺麗な空気が我が家の定番になりつつあります。

スポンサーリンク

キャンプ前日までの準備

パンの生地作り(こねる→分ける→冷凍する)

なにはなくとも、まずはパンの生地をつくらなければ話は始まりません。

生地は冷凍して持っていこう

この”生地づくり”ですが、前日までに用意して、十分に冷凍したものを持って行くことをオススメします。この前準備をすることで、”焼きたてパン”がグッと手軽になります。

仮にキャンプ当日、現地で生地作りからおこなう、というのならば、

  • 材料(粉、塩、砂糖、バター、牛乳、イースト菌など)を持ってかなければならない。
  • 道具(ボウル、サランラップ、まな板など)を持っていかなければならない。
  • 温度管理に気をつかわなければならない。
  • 準備の時間が結構かかる。

少なくとも、これだけのことは覚悟しておかなければなりません。

たまにイベント的にするのなら、生地をこねたり、発酵でパンが膨らんでいくのを待っているのはとても楽しいことだとは思うのですが、これを毎回おこなうとなると、結構骨が折れる作業であることには間違いないので、嫌気がさしてくるかもしれません。そうなれば”焼きたてパン”を食べられない、ということになりかねませんので、前準備をしておく方法もマスターしておいて損はないのではないでしょうか。

材料(バターロール仕様)

現地にマーガリンやバターを持っていくのは、溶けてしまう恐れがあるので、できれば避けたいところ。我が家では、それらを多めに生地に混ぜ込んでおく「バターロール」仕様にしています。


【材料(1斤分)】

  • 強力粉 280g
  • バター(orマーガリン) 50g
  • 牛乳 150ml
  • 卵 25g(1個の半分量程度)
  • 砂糖 25.5g
  • 塩 5g
  • ドライイースト 3g

これは次にお話する我が家のホームベーカリーの説明書に記載されている、そのままの配合です。

混ぜる、こねる

これらの材料を混ぜ合わせこねあげるのですが、先述のとおり、我が家ではこの作業をホームベーカリーにお任せしています。(SD-BH102というパナソニック製の機種で、もう廃番になっているので、ここでは後継モデルを参考にご紹介しておきます。)

材料を入れ、「パン生地コース」に設定を合わせ、スイッチを押すだけ。1時間ほどで生地が完成します。

ホームベーカリーを使うと、生地の質が安定するし、粉も飛び散りませんし、圧倒的に楽ちんです。これもキャンプで焼きたてパンを”手軽に”食べるための、大きなポイントですね。

分ける、丸める

できあがった生地を、スケッパーなどで等分し丸めるのですが、上記材料の分量だと45gづつ12等分ぐらいがほどよい大きさかな。

あまり大きなかたまりだと、

  • 熱の入り方にムラが生じやすくなる
  • 焼き時間が長くなり、内側がふんわりする前に、皮の部分が固くなってしまう

など、温度管理が一段階むずかしくなってしまいます。

小分けにしておくと、

  • ダッチオーブンに敷き詰めやすい(12インチに2斤分が、びっしり入ります)
  • ちぎりやすい&分けやすい
  • 仕上がりのビジュアルがかわいい

など、こまごましたことですが色々な良い面があります。

冷凍する

丸めたものをバットなどに並べ、冷凍庫でカチカチに凍らせます。冷凍することで、イースト菌の活動を一時的に停止させることができます

イースト菌の活動は、5℃以下で停止、27℃〜30℃で活発になります。この温度と活動の関係を覚えておくと、状況に応じて発酵具合をコントロールできるので、是非とも頭に入れておきましょう。

凍らせた生地は、出発とともにクーラーボックス(5℃以下をキープ)に移し、キャンプ場にて解凍〜2次発酵へと進めていきます。

キャンプ当日(パンを食べる前の日)の準備

解凍〜2次発酵

と言っても、クーラーボックスから取り出して、翌朝まで放っておくだけです。

ただしその日の温度状況によって、取り出すタイミングが変わってきます。

夏キャンプ

夜中でも25℃ぐらいはあるような季節なら、晩ごはんの準備を始める、夕方5時ぐらいにクーラーボックスから取り出せばいいかな、と思います。直射日光を避けるという理由から、日没を目安にしてもいいですね。

ホコリや虫がくっつかないように、また乾燥を防ぐためにも、固く絞ったふきんは被せておきましょう。さらに深夜、猿などに荒らされることも考えられるので、できればフタ付きの箱の中に入れておくか、車の中に入れておくというのも一つの方法ですね。

ダッチオーブンが使える状況なら、いっそのこと、この時点でクッキングシートを敷き、生地を並べてしまい、あとは焼くだけの状態にしておけば、翌朝にかかる手間と時間が省けるので一石二鳥ですよ。

おおよそ1.5倍ぐらいに膨らめば、2次発酵は成功です。

秋キャンプ

夜中は1枚羽織らなければいられないぐらいの肌寒い状況なら、深夜の発酵はあまり期待できません。せいぜい1.2倍ぐらいにしか膨らまない。

この場合は、もう少し早い段階で解凍を始める作戦をとりましょう。大体、お昼ごはんぐらいのタイミングで、クーラーボックスの外に出しておくぐらいかな。

ただしこの時期、日中はまだまだ暑さが残っていることも多いので、温度管理が難しい。直射日光を避けるのはもちろん、車の中など温度上昇が激しい場所には置かないように

焚き火の近くに、生地をセッティングしたダッチオーブンを置き、発酵の具合を確認しながらお酒を楽しむ、というのもキャンプならではの風情を感じることができていいものです。

それでも膨らみが足りないようなら、就寝時は毛布か何かでくるんでおくと少しは発酵が進む、かもしれません。

いずれにせよ生地と気温とにらめっこしながら、パンが膨らむ過程を楽しんでください

「焼く」、というよりも「高温であたためる」

朝食の1時間前ぐらいから、炭に火を起こし始めます。

下の火は弱火、蓋の上は中火というのが基本で、炭の量でいえば、1対2ぐらいの感じです。10cmぐらいの炭なら、下が3〜4本、上が6〜8本ぐらいかな。

「焼く」と書きましたが、感覚的には「高温であたためる」といったほうがしっくりきます。「焼く」というと、ボォーボォーと燃える強い火をイメージしてしまいますが、「あたためる」といえばじわりと伝わる熱をイメージする。経験上、少し弱いかなと思うぐらいで始める方が、皮が固くならずに美味しく仕上げる確率が高いので、時間をかけてじっくりいくことをおススメします。

クッキングシートを、底と側面に敷くことをお忘れなく

  • 焦げ付きを防ぐことができる
  • 焼き上がり後、ダッチオーブンからパンを取り出すのに、シートを引っ張るだけで簡単

というメリットがあります。

まとめ

パンへの愛情が深いせいで、思いつくままにつらつらと書いてしまいました。

要点をまとめると、

  • 1次発酵まではホームベーカリーに任せよう
  • 生地はカチコチに冷凍しよう
  • 温度と生地の様子をみながら、2次発酵。基本は放置。

となります。

2次発酵の温度管理が少々難しく感じるかもしれませんが、焼き始めれば少しは膨らむので、それほど神経質になる必要はないと思います。教科書通り1.5倍に膨らめばラッキー、ぐらいな感じでいきましょう。最悪、膨らまなかったとしても、ぼってりしたパンが完成するだけで、味はそんなには変わりませんしね。

手塩にかけて、焼き上げまでこぎつけたパンはとても愛おしい存在に思えてきます。


12インチのダッチオーブンなら、先述の材料であればギリギリ2斤分を焼くことができます。丸パンの数が24個分。複数の家族でいく場合にも、十分対応可能です。

さすればグリルはファイアーグリルがおすすめです。造りがしっかりしているので、パンを焼いているダッチオーブンの上火を利用して、お湯を沸かすといったこともできてしまいます。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

フォローする