ホッと一息。アウトドアで活躍する「3種類」のコーヒーとお気に入りの道具たち。

アウトドアコーヒー

キャンプはもちろん、アウトドアで飲むコーヒーの美味しさは格別だ。

良い景色、綺麗な空気、解放感。どれが要因なのか、はたまたどれもが要因なのかは分からないが、家の中で飲むコーヒーよりも確かに美味しく感じる。僕にとってのアウトドアコーヒーは、今ではキャンプをする楽しみのひとつになっている。

そもそも僕はコーヒーが好きなのだ。普段から、1日2杯、多い時で3、4杯のコーヒーを飲む。決して「違いが分かる男」ではないが、朝から1杯も口にしなければ、何か物足りない気分に陥ってしまう”ライトな中毒者”になりつつある。

自宅にいれば気軽にコーヒーを淹れることができるけど、アウトドアではそれなりの準備が必要だ。道具は当然のこととして、シチュエーションに応じて複数のコーヒーを用意すべき、というのが僕の考えである。

スポンサーリンク

美味しいコーヒーの条件

ドリップコーヒー

まずは美味しいコーヒーの条件についておさらいしよう。

新鮮

コーヒー豆は生鮮食品である。固くて黒っぽい色をしているので、一見、乾物のように思いがちだが、野菜や果物と同じく、悪条件の下では風味が落ちるのも早い。

挽きたて

コーヒーの風味は、豆を挽いた直後からどんどんと失われていく。挽きあがり間もないタイミングこそが、最も美味しいコーヒーが生まれる瞬間なのだ。

温度

コーヒーにとって、温度はきわめて重要な問題だ。沸騰したお湯と少し冷めたお湯では、抽出する時間と成分に明らかな差がでる。どちらが良いという話ではない。適正な温度とは、使う豆や焙煎の度合い、味の好みによって異なるのだ。

淹れたて

適正な抽出温度については、様々な意見があるだろう。けれども、冷めたコーヒーが美味しいという方は少数ではないかと思う。

冷めるということは、空気に触れ酸化が進むことを意味する。また熱によって膨らむべき香りがしぼんでしまい、風味が感じにくくなることでもある。やはりコーヒーは淹れたてが一番である。

【第1のコーヒー】<挽きたて&淹れたて>ペーパードリップコーヒー

アウトドアで美味しいコーヒーを楽しむには、挽きたて&淹れたてのドリップコーヒーが最適だ。淹れるのも慣れればそれほど難しいことはなく、電源不要で全てが手動で行える。

それでも最低限、揃えなければいけないものはあるので順に見ていこう。

コーヒーミル

コーヒーミルとは、コーヒー豆を挽く道具のこと。

多くのミルが市販されていて迷うところだが、いくつかの理由から、僕はこのミルをおすすめしたい。

ポーレックス|セラミック コーヒーミル ミニ

ポーレックス|セラミックコーヒーミルミニ

コンパクトなボディ

このミルの一番の特徴は、コンパクトであること。ハンドルを収納したときは、手の平にすっぽり収まってしまう。

後から紹介するコッヘル(モンベル)の中に収納することができるので、

ポーレックス|セラミックコーヒーミルミニをコッヘルに収納

余計にスペースを占領しない。

ステンレス製で頑丈

直径5cmのボディはステンレス製。筒という形状もあいまって、非常に頑丈な印象である。とてもじゃないけど、アウトドアにガラス製のミルを持ち出すことはできない。

ポーレックス|セラミックコーヒーミルミニのハンドル

ハンドルはおよそ2.5mm厚のスチールでできていて、曲がったり折れたりするような気配は全くない。表面は梨地仕上げ、エッジの処理も丁寧で、造りの良さが感じられる。このことはフタ・本体・受け容器の合わさる精度の高さからも言えることだ。

ハンドルホルダー付属

ポーレックス|セラミックコーヒーミルミニのハンドルホルダー

本体に付いている黒いシリコン製のベルトはハンドルホルダー。これがあるおかげでフィールドでハンドルが無くなる確率はグンと減る

また滑り止めの役割も兼ねているので、豆を挽くときに無駄な力をかけなくて済む。非常によく考えられた商品だと思う。

ドリッパー

お次はドリッパー。

単なるペーパーフィルターを固定する器具のように思っていたが、材質や形状、穴の数など、コーヒーの味に直接関わる要素が多く、実は奥の深いアイテムなのだ。

僕はこのドリッパーを購入した。

モンベル|O.D.コンパクトドリッパー2

モンベル|O.Dコンパクトドリッパー2

重さ4g!畳むととってもコンパクト

コーヒーミルと同じく、コンパクトさが一番の魅力。重量なんて、たったの4g。”重量”という言葉の方が重く感じてしまう。

モンベル|O.Dコンパクトドリッパー2をコッヘルに収納

これもまたコッヘルに収納可能。しかもコーヒーミルと一緒に入れておける。これぐらいの薄さならどこにだってしまえるのだが、管理という意味でセットにしておけるのは大きなメリットだ。

お味は”すっきり目”な印象

約60マイクロメートルの目を持つマイクロ・メッシュ地でドリップすることによって、旨味が凝縮されたアロマオイルを透過し、豆本来の味を楽しめます。

モンベル公式HPより引用)

この商品説明にグッときた。特に「旨みが凝縮」、「本来の味」という言葉が、自分にはとても響く言葉なんだと、はじめて知った瞬間である。

実際に使ってみた感想は、良く言えば「すっきりとした味」、悪く言えば「抽出不足」といった印象。でもコーヒーの味に関しては、先にも書いたとおり、豆の挽き方やお湯の淹れ方にもよるので、この感想は鵜呑みにしないで欲しい。

自宅で使っているドリッパーが、メリタのものなので、ついつい同じように淹れてしまっているのが原因だろう。豆は細かめに挽く、蒸らし時間は長め、湯温は低め、注湯スピードは遅くなど、O.D.コンパクトドリッパー2に適した淹れ方を研究しなければならないと感じている。

ケトル

ドリップ(drip)が【したたり、しずく】という意味であることからも分かるように、ドリップ式コーヒーの真髄は、”しずく”としてのコーヒーをいかに”したたらせるか”にある。

酸味を強めに出したいのなら速く、苦味を十分に出したいのなら遅く抽出する、というのが基本的な考え方。お湯の量だけでいえば、速く抽出したいのなら多く、遅く抽出したのなら少なくということになる。もちろんこれは一定時間に注ぐお湯の量のことだ。この加減が効くかどうかが、ケトルの性能ということになる。

僕が使っているのは、このケトル。

モンベル|アルパインケトル 16

モンベル|アルパインケトル16

注ぎ口が細く狭まっている

湯量の加減を容易にする決め手は、注ぎ口の形状にある。ここが小さく、細くなっていれば、糸をひくようにお湯を注ぎ入れることが可能になる。

モンベル|アルパインケトル16の注ぎ口

その点で、このケトルは合格だ。注ぎ口の内径は、およそ10mm。形は「しずく型」で、湯切れし易い構造になっている。

モンベル|アルパインケトル16

このように少量のお湯を途切れることなく出すことができるので、落としたいところにピンポイントで注湯が可能になる。

取り回しが良い

ハンドルは折畳式だが、本体との接合は結構きつめで、しっかりと自立する。折畳式にありがちなユルユル、カタカタとすることは一切ないので、安心してお湯を注ぐことが可能だ。

アルミ製で軽く(187g)、片手でもラクに操作が行える。取り回しは非常に良い。

ただしフタと本体の密着度はほとんど無いので、注ぐのに夢中になり90度を超えて傾けてしまうと、ポロッとフタが落っこちてしまうので注意が必要だ。

ガスバーナー

キャンプであれば料理のために、コンロやバーナーなど、何らかの熱源は用意していることだろう。けれども半日ほどのレジャーや、ちょっと公園へ遊びに行くぐらいのときには、そのような大きな熱源を持っていくことはない。

そんなときでも小さなバーナーをひとつ荷物に忍ばせておけば、コーヒーはもちろん、インスタントラーメンだって作れるので、かなり自由度が高まる。

イワタニ|カセットガス ジュニアバーナー

イワタニ|カセットガスバーナージュニア

カセットガスが使える

カセットガスが使える点は、多くの点でメリットだ。

操作は簡単だし、どこに行っても手に入れることができる。コンビニにも売っているので、いつでも手に入れられる、と言っても過言ではない。

備蓄品として置いているご家庭も多いだろうから、有効期限が迫ったガス缶を使うのを理由に、ハイキングを計画するのも楽しそうだ。

最小

イワタニ|カセットガスバーナージュニアとケース

カセットガスが使えるバーナーのなかで、最も小さなバーナーである。僕の握りこぶしよりも一回り大きいほどだ。

小さいといっても造りはいたって頑丈で、お湯で満タンのアルパイン16(約800g)を乗せたぐらいではビクともしない。構造もシンプルなので、壊れることは少ないだろう。


これらのアイテムがあれば、近所の公園でも挽きたて&淹れたてのコーヒーが楽しめる。実際、桜や紅葉の季節には、子供を遊ばせながら夫婦、有人とティータイムを満喫している。いつもの公園が、ちょっと豊かな空間に感じられるのである。

【第2のコーヒー】<淹れたて>ドリップバッグコーヒー

お気に入りの道具の紹介に、ずいぶんと文字数を使ってしまったが、メインテーマはここからなので続けて読んでほしい。

豆を挽いて、そのあいだにお湯を沸かし、じっくりと美味しさ成分を抽出しながら一杯のコーヒーを完成させる。現実には、これぐらい時間をかけられることはあまりない。ついつい遊びや談笑にふけてしまい、タイミングを逃してしまう。

それでも体はコーヒーを欲する。

そんなときに活躍するのが、粉とドリッパーがパッケージングされた『ドリップバッグ』だ。

これならば豆を挽く行程が減るので、大幅に時間を短縮することができる。一応、【淹れたて】の雰囲気は楽しめるので、保険として持って行くことをおすすめする。といっても結構出番は多いのだが。

【第3のコーヒー】<注湯のみ>スティックコーヒー

最後におすすめするのは、いわゆるインスタントコーヒー。

これまで美味しいコーヒーを飲むためには、挽きたて&淹れたてであることが重要だと言ってきた。その主張に嘘はない。

けれども先ほども少し触れたが、その美味しさの対価は”時間”と”手間”にある。極端な話、時間がなければコーヒーにありつけない、ということだ。”ライト”とはいっても中毒者の端くれなので、そのような事態は避けたいところなのだ。

そんなピンチを救ってくれるのが、スティックコーヒー。

なんといってもお湯を注ぐだけ、という手軽さが頼もしい。1杯分が個装になっているので、管理するのに便利で、分量を間違えることもない。空袋を棒状に丸めればマドラーとして使えるので、別途スプーンなどのかきまぜるための余分な道具も必要としない。まぁ、他人には積極的におすすめしない方法だが。

スティックコーヒーが重宝する場面は、なにもピンチに限ったわけではない。

現在はブラックコーヒー以外にも、カフェオレや紅茶オレ、抹茶オレやノンカフェインタイプなど、実に様々な商品が販売されている。

これだけバラエティに富んでいれば、コーヒーが苦手な方や子供、妊婦さんなども一緒にティータイムを楽しむことができるはずだ。

また深夜、焚き火を囲みながらおしゃべりを楽しんでいるとき、なぜか甘いものが欲しくなる。カフェオレやキャラメルオレをさらりと飲むことができれば、1日の疲れも癒され、さらに会話の火が灯し続けられることだろう。

あとがき

「結局のところコーヒーだったら何でもいいんじゃない」という声が聞こえてきそうだが、さすがに缶コーヒーというのは味気ない。スティックコーヒーですら缶コーヒーと比べると、味わいに雲泥の差がある。しかも最近のスティックコーヒーは、とても美味しいのだから。

そう考えると、僕にとっての美味しいコーヒーの分かれ目は、【淹れたて】にあることが分かる。お湯を注ぐだけといっても、スティックコーヒーは間違いなく淹れたてだ。缶コーヒーはそうではない。だからこその缶コーヒーだったりもするわけで。

まとめると、

  • アウトドアに持って行くコーヒーは3種類。
  • かけれる時間や味の好みによって、3種類のコーヒーを使い分ける。
  • お湯を沸かすための道具(ケトル&バーナー)は最低限必要。

ということになる。”できたてほやほや”って、それだけで美味しさの要素なんだな。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク