【Fujifilm X-Pro2】ミニレビュー|X-Pro1と比較してスピード200%UP!XF35mmf1.4を買い換える必要はなし。

x-pro2+xf35mmf2

X-Pro2の発売日(執筆時2月18日、後に3月上旬に延期)が待ちきれず、展示機を触りに大阪の富士フィルムサービスステーションに行ってきました。

ペケプロことX-Pro1が発売されたのが4年前。その間、多くのノウハウを蓄積し、大幅なスペックアップとなったPro2ですが、操作した部分の全てに感動を覚えるほど、隔世の進化を感じました。

今回のレポートでは、初代機愛用者として、特に強く心打たれた部分をピックアップしてご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

【朗報1】AF速度が体感2倍!XF35mm f1.4でも瞬時にピントが合うので、買い替え不要。

なによりもまず、このことをお伝えしたかった。

Pro1所有者の多くの方が気になっているであろうAF速度ですが、Pro2では全くの別物と言っていいぐらいのスピードに仕上がっています。

見出しのとおり、体感で2倍

サービスステーションではXFレンズの全てを、展示機はもちろん、持参したXシリーズのカメラでも試させてもらえます。

今回は、展示機のPro2にXF35mmf1.4とXF35mmf2を、手持ちのPro1にXF35mmf1.4を装着し比較してみました。

X-Pro1+XF35mmf1.4 →「クー、ククッピッ」

まずは比較のベースとなるこの組み合わせ。

発売当初は何とものんびりしたフォーカシングでしたが、ファームアップを重ねるにつれ、我慢できないレベルからは脱しました(それでもまだお世辞にも速いとは言えませんが)。

「クー、ククッピッ」っていう感じかな。

このレンズは画質を優先するため、全群繰り出しという方式を採用しています。レンズ全体を力技で前後に動かしフォーカシングをするので、どうしてもスピードは遅くなる。おまけに「ジジッ」という現代レンズではあまり耳にしない音も発生します。

X-Pro2+XF35mmf1.4 →「クピッ」

それがPro2では、一瞬でピントが合う。

「クピッ」っていう感じ。体感2倍!

このことは僕にとってサプライズでした。

なぜならこのレンズには、現状以上のスピードは望めないとあきらめていたからです。

先ほども書きましたが、Pro1は幾度もファームアップを重ねてきました。AFの速度に関しては、2年ほど前に施されたファームアップ以来、改善されることはありませんでした。それでてっきりレンズを含め、これで限界、だと思い込んでいたんです。

その思い込みのせいなのか、X-T1と組み合わせた時にも、それほどスピードアップしているようには感じませんでした。

それがPro2では明らかにスピードアップしているのがわかる。

新しく搭載されたエンジン”X Processor Pro”を筆頭に、処理スピードがこれまでの4倍になったことが、AF速度の大幅なアップに貢献しているそうです。

X-Pro2+XF35mmf2 →「クピッ」

それでは同じ焦点距離の新しい方のレンズ、XF35mmf2との組み合わせはどうなのか。

「クピッ」。

微妙な違いで文字にするのが難しいのですが、XF35mmf1.4よりも半角分程度速い、といった感じ。実用上、差を感じることはほとんどない、というレベルです。

XF35mmf2にはインナーフォーカスが採用されているので、フォーカシングがとても”静か”に行われます。他にも”防塵防滴”、”コンパクト”といったアドバンテージがあるのですが、すでにXF35mmf1.4をお持ちの方は、これらのアドバンテージに必要性を感じないのなら、買い替えや買い増しをする理由はないんじゃないかな。良い意味で裏切られました。

【朗報2】ホールド感が格段に向上。持った時のバランスが良くなりX-Pro1よりも軽く感じる。

次にお伝えしたいことが、ホールド感についてです。

Pro1に比べ、前面部のグリップが高くなり、形状もより手がかりが良いものに改良されています。さらに背面部はボタン類が整理され、親指を置くのに十分なスペースが確保されている。

そのおかげで持った瞬間、すっと手に馴染み、しっとりと手に収まります

重量と掴む力のバランスが丁度良く、手にかかる負担が軽減されていて、Pro1(450g:バッテリー+メモリーカード含)よりも45gほど重くなっているにもかかわらず、軽く感じられ、片手での取り回しもラク。

そういえばPro1を持つ右手は、つまんでいる感じが強く、片手撮影をしなければならない場面では少々頑張らなければなりません。

あまりグリップが張り出すのもこのカメラでは無粋なので、上手な落とし所のように思います。

【朗報3】ハイブリッドマルチビューファインダーの進化は、OVFを積極的に使いたくなるレベルまでアップ。

X100Tから、ある程度の仕様は予想がついていましたが、細かな部分に手が加えられ、想像よりも実践的なものに仕上がった印象です。

エレクトロニックレンジファインダー

OVF上にEVFの小窓を表示する機能のことで、フォーカスエリアを拡大表示し、ピント合わせや確認ができるようになっています。

この機能はX100Tから搭載されたのですが、Pro2では新たに倍率100%表示が加わったことで、画角、露出、ホワイトバランスまでもリアルタイムにモニターできるようになりました。

「フォーカスレバー」でOVF使用時でもフォーカスエリアの移動が可能

Pro1では、OVF使用時にフォーカスエリアを移動しようとすると、

  1. カーソル▼ボタンを押す
  2. フォーカスエリアを移動
  3. シャッター半押し

のように、かなりの手順を踏まなければなりません。

さらにOVF+MF使用時には、

  1. カーソル▼ボタンを押す
  2. EVFに切り替わる
  3. フォーカスエリアを移動
  4. シャッター半押し
  5. OVFに戻る

という、もうひと手間かけなければなりません。

けれどもPro2ではEVFに切り替わることなく、フォーカスエリアの移動が可能になりました。しかも新搭載された「フォーカスレバー」を使って、ダイレクトかつスムーズに操作が可能です。

忌まわしき”▼ボタンを押す”行為から解放されるので、OVF使用時でもシャッターチャンスを逃しにくくなります。

OVFの使用率が格段に上がる、と期待

Pro1のファインダーでは、OVFとEVF、それぞれの”できること”がはっきりと分かれていました。しかも、かなりEVF側の機能に頼ることが多く、OVFの使用率は低かった。図にするとこんな感じ。円の大きさは、個人的な使用頻度を表しています。

X-Pro1|OVFとEVFの役割

それが今回、OVF周りの機能が強化されたことで、随分とOVFでできることがが増えました。

X-Pro2|OVFとEVFの役割

これだけOVFでできることが増えると、積極的に使いたくなります。

「日常スナップはOVF、風景や動きものを撮るときはEVF」のようにな使い分けを想像するだけで、今から胸が躍ります。それぐらい今回のOVFは優等生です。

【朗報4】露出補正ダイヤルが大きくなって、固さも調整されていて、回しやすくなった。

一回りほど大きくなったのかな。露出補正ダイヤルがとても回しやすくなっています。

Pro1のダイヤルは少し固めで、背面グリップからの奥まり具合が深く、操作するには少し力をかけなければなりませんでした。

一方、Pro2のダイヤルは、大きさもさることながら、重過ぎず軽過ぎず、ちょうど良い固さに調整がなされています。奥まり具合も少し改善。そのおかげでスムーズに操作でき、集中して撮影に挑むことが可能です。

カタログには載らない地味な部分ではあるけれど、このあたりのブラッシュアップが初代機愛用者にとってはたまらない気持ちにさせてくれます。

あとがき

全ての機能を試せたわけではありませんが、ほんの少しの時間触っただけでも”覚醒”と言っていいほど、質の高さが伝わってきます。

全般的にレスポンスが速く、キビキビと動く。Pro1操作時に発生した、ひっかかりやもたつきはほとんどありません。普通のステアリングからパワーステアリングに変更したぐらいの違いのように。

またシャッターの音が、とても上品で心地良い。何かを撮らずとも、ただただシャッターを切りたくなってしまいます。

画質に関しては、発売前ということでSDカードへの保存&持ち帰りは禁止だったので、ここで語ることはできません。今後様々なメディアで実写画像がアップされるのを楽しみに待ちましょう。PHOTO YODOBASHIさんあたりで、早くレビューされないかなぁ。

※この記事後、3月3日にレビューが掲載されました。

以前、「X-Pro2に望むこと」と題して、記事をいくつか書きました。

【Fujifilm X-Pro2に望むこと】タッチフォーカスの搭載
Xシリーズでは、いまだかつて背面モニターをタッチしてピントを合わせる「タッチフォーカス」を搭載したモデルは発売されていません。 タッチ...
【Fujifilm X-Pro2に望むこと】チルト式液晶モニターを搭載。さらにひっくり返すことができればなぁ。
カメラがデジタル時代に突入し、様々な点で、フィルム時代にはあり得なかった”革命”とも呼べる機能が搭載され続けてきましたが、最も大きな革命...
【Fujifilm X-Pro2に望むこと】マニュアル露出でも露出補正ができるように
X-Pro1の使い心地は、昔のカメラの感覚に似ています。その理由は、露出をコントロールするときの操作にあります。露出とは、カ...

ほとんど望みは叶ってませんね。

タッチフォーカスは、「フォーカスポイントの移動」という点ではフォーカスレバーが搭載されたことによって少し実現された感じです。

チルト式液晶モニターの非搭載は、素直に残念です。

マニュアル露出時の補正はどうなんでしょうね。できるのかな。確認するのを忘れてました。もうすぐ取扱説明書がダウンロードできるようになるみたいなので、その時確認してみます。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク