[香川]和三盆の干菓子作り体験は、金比羅宮近くの「にしきや」で!

和三盆の手作り干菓子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「和三盆の干菓子は、作りたてが絶品!」という噂を聞きつけまして、金刀比羅宮をお参りした後、「にしきや」さんにて手作り体験をしてきました。

子供たちは「和三盆?干菓子?」ってな感じでしたが、終わってみれば、すっかり和三盆ファンに!

というわけで、以下レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

「にしきや」で和三盆の干菓子作り体験

金刀比羅宮の参道

「こんぴらさん」って呼ばれているから、てっきり金刀比羅宮のことを「こんぴらぐう」って読むのかと思っていたら、正しくは「ことひらぐう」でした。

奥社までの石段の数は1,368段。予約の時間があったので、あわてて途中で引き返し、やってきたのがしょうゆ豆で有名な「にしきや」。表参道口から歩いて5分のところにあります。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|順番待ち

到着したのは予約時間の10分前。

前のお客さんが作業した分の後片付け中ということで、その作業を眺めたり、お土産を物色したりしながら、ゆったり待ちました。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|和三盆の説明

はじめに、和三盆や干菓子を作る木型などについての説明を受けます。

  • 和三盆の原料は、サトウキビからできる黒糖
  • 木型は、桜や樫で作られる
  • 木型職人は全国で数人しかいない

などなど。子供たちが退屈しないようクイズ形式で出題するなど、楽しく学ばせていただきました。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|木型の説明

こんなに大きな木型もあります。

あれ?こういうのどっかで見たことあるなぁと思ったら、以前行った「ラコリーナ近江八幡」の壁一面にディスプレイされていましたね。

[滋賀]ラコリーナ近江八幡|店舗限定スイーツと藤森建築に惹かれて。

同じ職人さん(市原吉博 氏)のものかどうか、聞くの忘れた!

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|たくさんの木型

たくさんの木型の中から、好きなものを4つ選びます。これだけでも楽しい!

初心者は、ざっくりとしたデザインのものを選ぶほうが良いようです。装飾が細かなものや、尖ったパーツがあるものは、最後の型抜き作業の難易度が上がるみたい。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|木型に片栗粉をまぶす

それでは、作業開始!

まずは木型に片栗粉を薄くまぶします。ポンポンポン。こうすることで干菓子が型から抜けやすくなります。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|木型に和三盆を詰める作業

ボウルの上で、和三盆を木型に詰める作業。ギュッギュッギュッ。そこそこの力と素早さが必要です。なので小さな子供だと手間取るかも。

詰め込む力が弱かったり、ゆっくり作業をしてしまうと、割れや欠けなど、崩れる原因になりってしまいます。特に、湿度が低い日は要注意だそうです。

和三盆の色は、ピンク、黃色、緑色、水色、白色の5種類。どの木型に、どの色の和三盆を使ってもオッケーです。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|余分な和三宝をこそげ落とす

しっかり詰め込んだら、木べらを使って、余分な和三盆をサクッとこそげ落とします。気持ちいい!

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|固さをチェック

固さのチェック。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|へこめば詰め方が甘い証拠

指で押して凹むようなら、まだまだ詰め方が甘い証拠。固くなるまで、しっかりと詰め込みます。十分な固さに仕上ったら、型抜き作業に入ります。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|木型を叩く

木型を作業台に2、3回軽く打ち付けます。トントントン。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|干菓子の取り出し

枠を取って木型を傾けると、コロリン!と干菓子が外れます。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|手慣れてくると、テンポよく進む

一度通して作業を行うと、小学4年生ぐらいなら、テンポよく進むようになります。大量生産まっしぐら!

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|完成!

完成!

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|出来上がりは、お抹茶とともに

12個のうち、2個はその場で抹茶とともにいただき、

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|箱詰め

残りの10個は箱に詰めてお土産に。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|箱詰め作業に一苦労

”はまぐり”など、全体的に大きめの木型を選んだため、箱詰め作業が難航しました。あれをこっちに、これをあっちにと、まるでパズルのよう。そういや職人さんが忠告してくれてたのにね。

和三盆の干菓子作り体験(にしきや)|抹茶

作りたての和三盆の干菓子は、いわば半生状態。口の中に入れると、スゥーと溶けてなくなります。砂糖自体に風味を感じるなんて初めての体験。上品な甘さで、優しい気持ちになります。作りたて最高!

和三盆ソフトクリーム

にしきや(香川)の和三盆ソフトクリーム

作りたての和三盆がめちゃくちゃ美味しかったので、家族全員に和三盆ブームが到来。

その勢いで、店内の喫茶スペースで販売されている「和三盆ソフトクリーム」もいただきました。これがまた美味しい!

甘すぎないけど、深い味わいの、とっても上品なソフトクリーム。

混ざりモン無しの和三盆ソフトクリームは、うちだけ!」とは、お店のおばちゃんの言葉。本当かどうかはわかりませんが。

あとがき

はじめから最後まで、約1時間。簡単な作業ですが、ちょっとした達成感があって、子供たちは大満足でした。噂に違わず、作りたての和三盆は絶品です!

お店の前の道路は一方通行で、セブンイレブンの裏に無料の駐車場があります。予約は電話で2日前までに、小さい子供は親の付き添い(補助)オッケー、とのことでした。

にしきや

住所〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町696
電話0877-75-3264(予約)
営業時間9:00 ~ 17:00
定休日年中無休
料金1,000円/人

 

おでかけ
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com