Jabra(ジャブラ)Elite 75t用のシリコンカバーを購入。

スポンサーリンク
Jabra Elite 75t用シリコンジャケット|
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めて購入した完全ワイヤレスイヤホン『Jabra Elite 75t』。充電ケースは小ぶりで軽く、持ち運びはラクチンなのですが、反面、落っことしそうで、常に不安がつきまといます。

なので念の為、シリコンカバーで覆うことしました。滑り止め効果だけでなく、傷や衝撃からもケースを守ってくれて不安が解消

というわけで、以下レビューです。

スポンサーリンク

Jabra Elite 75t用のシリコンカバー

Jabra Elite 75t用シリコンカバー|

Amazonなんかのメーカー名がよく分からないものは、いずれも某国製で物自体は同じものだと推測。

となると、それほど選択肢があるわけではないので、最も価格が安いものをチョイスしました。一応、Amazon choiceにもなってるし、まいっか!ぐらいな感じで。

Jabra Elite 75t用シリコンカバー|

カバー本体は、全方位シリコンラバー素材。カラビナを引っ掛けるリングもシリコン製。

ロゴなど一切の装飾はなく、ただただ充電ケースを覆うことに集中した商品。

Jabra Elite 75t用シリコンカバー|

充電ケースはブラック、シリコンカバーもブラック。造形精度が高く、ジャストフィットなことも相まって、統一感は抜群です。

Jabra Elite 75t用シリコンカバー|ジャック側

USBポートとインジケーターランプ部分は、正確にくり抜かれています。充電時にも、わざわざカバーを外す必要はありません。

Jabra Elite 75t用シリコンカバー|

ブラックのシリコンラバー製ということで、どうしてもホコリが目立ってしまいますね。けれどもサッと拭き取るだけで綺麗になるので言うほど気にはなりません。

Jabra Elite 75t用シリコンカバー|

ひとつ不満点を挙げると、上蓋が完全に開き切らないこと。

本体部分と繋がるヒンジが邪魔をしているため、カバーを装着していない時よりもイヤホンが取り出しにくくなりました。

マグネットでケースに吸着、つるっとした素材であることなど、そもそもイヤホンを取り出す時には慎重に行う必要がありましたが、より強くなってしまった次第です。

その点、Spigen製の『ラギッド・アーマー』は上下分離構造でヒンジが無いため、干渉はしなさそうで羨ましい。でも、なにせ値段が倍。尻込みしてしまいました。

あとがき

にしても、充電ケース(イヤホン含)を各種リスクから守る目的は十分に達成。1,000円ほどで安心感が得られるのですから安い安い。これでポケットやカバンに気軽に放り込んで外出できます。

Jabra Elite 75t音質とフィット感が最高にお気に入りなイヤホンなんで、なんとか壊さずに使っていきたいです。

Jabra(ジャブラ)『Elite 75t』レビュー。初完全ワイヤレスイヤホンは感動だらけ!