おでこで2秒!赤外線体温計が早くて手軽。忙しい朝におすすめ。

赤外線体温計TO-303(ドリテック)|本体

学校でプールが始まるようになり、毎日の朝に「体温の測定」というルーティンが加わりました。

昨年までは下の子が保育園に通っていたので、出発時間が上の子と被るなんてことはありませでした。けれども、今年からは下の子も小学生。同じ時間に準備をし、一緒に出発します。なので世界で一番短い検温待ちの列が発生するようになったのです。

そこで予備の意味も含めて、もう一本追加することにしました。

スポンサーリンク

実測式、予測式、赤外線体温計

テルモの体温計

今まで使ってきたのはテルモの体温計。20年近く使っているんじゃないでしょうか。体温計なんて、そうそう壊れないですしね。見ての通り、見事に黄ばんでしまってます。

予測式と実測式を兼ね備えていて、予測式なら腋に挟んで1分で測定が完了します。確か、当時は最速モデルだったと記憶しているのですが、どうなんでしょう。

実測式体温計とは

ちなみに「実測式」とは、その名の通り、測定部位そのものの温度を測る方式です。

一般的に、腋なら10分間の測定時間を必要とします。昔によく使われていた水銀式がこの方式です。今、家庭用ではあまり見ないですよね。

予測式体温計とは

一方、「予測式」とは、温度変化を分析し演算処理することによって、体温の推定値を表示する方式です。

実測式に比べて精度は落ちるものの、早いものだと15秒ほどで測定が完了するモデルもあります。家庭に限らず、病院なんかでもこちらのタイプが使われているのを目にします。

たいていの予測式体温計は、実測式で測ることが可能です。ビーブ音が鳴った後も測り続けてることによって、実測値が表示される仕組みになっています。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

フォローする