車中泊にUSB式ホットアイマスク。寝落ち→安眠で目の疲れにも効果あり!

スポンサーリンク
USB式ホットアイマスク|
スポンサーリンク
スポンサーリンク

車中泊を重ねると、あったらいいなと思うアイテムがいくつか出てきます。アイマスクは、そのうちの1つ。

道の駅なんかに泊まると、安全な反面、常夜灯の明かりで寝付きは悪くなります。カーテンを付けることも考えましたが、なんかゴチャゴチャしそうで止めました。

アイマスクなら手軽だし、車中泊以外の旅行や日常でも活躍しそう。

ということで、以下レビューをお届けします。

スポンサーリンク

USB式ホットアイマスク

素材や機能、仕様など

USB式ホットアイマスク|本体

購入したのは、ただのアイマスクではなくて「USB式ホットアイマスク」。電気の力で、中のヒーターパッドを温めて使います。

USB式ホットアイマスク|素材

素材は、表と裏で異なります。

薄い色の方は、スウェット生地のような風合いで、比較的サラッとしていてドライな感じ。汗が滲む季節は、こちら側が適しているかな。

濃い色の方は、ふわふわした柔らかい起毛素材。温かさを重視するなら、断然こっち。

USB式ホットアイマスク|ベルト調節

頭に固定するベルトは、よく伸びるゴム製。

軽く引っ張るだけで長さを調節できるので、フィット感は良好です。締め付けの痛みもありません。

USB式ホットアイマスク|リモコン

ケーブル途中にあるリモコンで温度調節が可能。ボタンを押すごとに、35℃、40℃、45℃、50℃の4段階ループ式に切り替わります。ボタンの反応も上々です。

もう片方のボタンはタイマー用。10分、15分、20分、30分に設定できます。

USB式ホットアイマスク|USB端子

電源はUSBから。出力電圧DC5V、出力電流1A以上のものに対応しています。

USB式ホットアイマスク|モバイルバッテリーが使える

USB充電器やPCからはもちろん、モバイルバッテリーでも使用可能

ちなみにPowerCore10000(Anker)だと、

就寝前の30分間、1週間毎日使っても、残量メモリは1つも減りませんでした。

USB式ホットアイマスク|コードは分離できる

コードは途中で分割できます。

USB式ホットアイマスク|ヒーターパッドは取り出し可能

さらにヒーターパッドも取出し可。

なので、純粋にアイマスクとしても使えるし、保冷剤を挿入すれば、冷却マスクとしても活用できます。保冷剤はケーキに付いてくるやつで十分ッス。

本体が汚れたら、手洗いができて衛生的です。

スポンサーリンク

使用感

まず遮光性能は申し分なく、これを付けて眩しく感じることは皆無。常夜灯でもコンビニの明かりでもどんとこいです。

素晴らしいのは温熱機能

初日は恐る恐る35℃に設定していましたが物足りなく感じ、2日目は40℃、3日目からは50℃で使いました。

目の周りの血行がジュワ~と良くなるのを感じ、むくみや凝りが緩和し、視界がスッキリします。就寝時に使うと、起きた時の目やにが大変です。

癒やし効果もあるようで、今のところ、使えば100%”寝落ち”しています。

タイマーを15分に設定しても、切れるまで起きていた試しがありません。「気持ち良いぃぃぃ」と思いながら寝てしまい、目が覚めると夜中の3時というように。

あとがき

というわけで、車中泊民のみならず、目の疲れや不眠症に悩む人にも、一度使ってみて欲しいアイテム。2,000円もしない値段でこの効果は、かなりオススメです。

人間にとって、血流は大事ですね。

便利アイテム
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com