マスクで眼鏡が曇る問題を「メガネが曇りにくいマスク」で速攻解決!

ずいぶんとマスク生活にも慣れましたが、寒くなってくると悩みのタネになるのが”眼鏡の曇り”。昨年から、あれやこれやと対策してみてはいるのですが、もひとつ決定打と呼べる方法が見つかりません。

さて今シーズンはどうしようかと考えていたところ「メガネが曇りにくいマスク」なるものを発見。”曇りにくい”と控えめな商品名に期待少なめで試してみたところ、これがめちゃくちゃ効果あり!

というわけで以下レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

メディコムジャパンの「眼鏡が曇りにくいマスク」

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|外箱

購入したのはメディコムジャパンの「メガネが曇りにくいマスク」。40枚入って、大体6〜700円ぐらい。

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|外箱

サイズは「ふつう」と「小さめ」の2種類があります。成人男性の僕の場合、「ふつう」サイズで丁度良い感じでした。あご下ラインまで、すっぽりカバーされます。

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|外箱

眼鏡が曇ってしまう主な原因は、自分が吐く呼気にあります。温かく湿った呼気が冷たいレンズで急激に冷やされ、水滴となってレンズに付着する仕組み。いわゆる結露と同じ

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|外箱

なので対策としては、呼気がレンズに接触しないようにすることが重要になります。

メガネが曇りにくいマスク」では、

  • 折り返しメッシュで、呼気漏れを大幅カット
  • アルミノーズピースで、顔の形状にピッタリフィット

の2つの工夫が施されています。実物を見てみましょう。

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|マスク

マスクは一枚一枚が個包装。外出時に箱から取り出してカバンに入れやすい。僕は常時、車にもセットしています。

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|マスク

メーカー名は凹凸のある仕上げ。どちらが表なのか裏なのか、はたまた上なのか下なのかは一目瞭然。非常に使い勝手が良いです。

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|マスク

これが折り返しメッシュ。マスクの内側の上端にメッシュ生地が設けられています。これを鼻に被せるように装着することで、レンズ方向へ呼気が漏れるのを防ぐ効果があります。

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|マスク

また通常はワイヤーが使われているノーズピース部分に、幅広なアルミバーを採用。かなり強固に形状が保持されるので、顔へのフィット具合が段違いです。

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|マスク

これらのおかげで、レンズ方向への呼気はほぼ漏れてきません

商品名は’曇りにくい”と控えめですが、顔の形状に合うよう調節すれば、ピタッと眼鏡の曇りを抑えることができます。これは想像以上!

メガネが曇りにくいマスク(メディコム)|マスク

いわゆる不織布タイプ3層構造。細菌やウイルス、花粉などは99%カットと、マスクとしての基本性能は申し分無し。

メッシュ部分を起こさなければ普通のマスクと同等なので、眼鏡無しの方でも普通に快適に使えます。

あとがき

僕の呼気は湿度が高めなのか、ひどいときにはレンズがびちょびちょになることもありました。

去年はこうした曇り止めをレンズに塗り込んだりしていましたが、曇りムラがあったり、持続性に乏しいなど効果はかなり限定的。

手間もかかるし、出先では塗り込みに使ったティッシュの処理にも困ります。

それがこのマスクでは水滴が全く付かない。使い捨てなので扱いもラク。天と地の差。冬場の眼鏡着用によるストレスがゼロになりました。かなりオススメです。