[新潟・糸魚川市]美山キャンプ場は、真夏でも木陰で涼しく快適!

スポンサーリンク
美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|林間サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年の夏キャンプは前・後半の2本立て。後半は、2泊3日で新潟県に行ってきました。

場所は糸魚川市にある「美山キャンプ場」。前半の「松江市宍道ふるさと森林公園」とはうって変わって、最低限の設備しかない素朴なキャンプ場です。

というわけで以下、レポートしたいと思います。

スポンサーリンク

美山キャンプ場(新潟県糸魚川市)

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|美山公園案内図

「美山キャンプ場」は、その名もズバリ、「美山公園」内にあるキャンプ場です。

美山公園自体はものすごく広い敷地の公園で、キャンプ場以外にも、野球場や陸上競技場、テニスコートといったスポーツ施設があり、遺跡や「フォッサマグナミュージアム」などの文化施設も併設されています。

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|管理棟

キャンプ場を利用するには、まず管理棟に立ち寄って受付を済ませます。

今回は、電話で事前に予約を入れておきました。名前を伝えるだけで、話がスムーズに進みます。2泊3日分の代金を支払い(テント1張850円/泊、利用料1人100円/泊)、許可証を受取ってキャンプ場へ向かいます。

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|キャンプ場へと続く道

キャンプ場への道は細く、離合するのは難しいように思います。

サイト前の道まで乗り付け可能ですが、荷物の出し入れが終われば、少し下った場所にある「市民クラブハウス美山」の駐車場まで車を戻すようにと、管理棟で説明がありました。

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|サイトの様子

のはずですが、半分以上の利用者が、サイト内まで車で進入している始末。画になるぐらいカッコイイんですけどね、ランクル。

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|許可証

許可証は、見える位置に掲示しておくのもルールのひとつ。受付を済ませているか否かを判別できるわけです。

けれどもこのキャンプ場、夜間は管理人さんが不在になります。それを知ってか、夜遅くにやってきて、テントを張り出す輩の多いこと。もちろん車は乗り込みで。明るくなったら、そそくさと撤収していく。

2泊とも同じような状況だったので、常態化しているのかもしれません。

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|概略図

そんな人たちは、たいてい開けた側の芝生側に陣を張ります。なので気になる方は、林間側を選択しましょう。

フラットな部分は少ないですが(一部、整地箇所あり)、常に木陰で涼しいですし、多少の雨なら防いでくれます。ただし時期によっては、セミの数が気になるかもです。

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|トイレ

トイレと炊事場は、それぞれ一箇所づつ。こじんまりとしたキャンプ場なので、こんなものかと。

両設備とも、お世辞にも綺麗とは言い難いです。炊事場の水の出が悪いのも気になります。古いことと虫が多いことはともかく、ゴミがちらほら目立つのは利用者の問題ですね。

お風呂やシャワーなんてものは無いので、車で5分の「ひすいの湯」を利用しましょう。石油系の臭いが漂う、珍しい温泉です。

美山公園キャンプ場(新潟・糸魚川市)|飯盒

ネガティブ要素が多めになってしまいましたが、キャンプ場の居心地自体は結構良いものでした。

先述の通り木陰で涼しく、タープも不要です。地面もふわふわした土で柔らかい。風の強い日でしたが、木々が適度に遮ってくれるので、守られている感があります。

そこそこの利用客がいたようですが、同じく木立のおかげで、パーソナル空間は確保されます。

やっぱり林間サイトは良いなぁ、と再認識した次第です。

ただし虫は多めなので、対策はしておきましょう。

あとがき

そういえば予約の際に「混んでいるんで、テント1張ぐらいだったらなんとか〜」と聞いていたのですが、全然大丈夫でした。もう倍ぐらいは収容できるんじゃないか、と思うぐらい余裕な感じ。予約無しでもいけそうです。

美山キャンプ場

住所〒941-0071 糸魚川市大野65-1
連絡先025-552-8290
キャンプ場
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com