初心者釣り|17セドナC3000DH(シマノ)。オクマとの差は?

セドナC3000DH(シマノ)|外観

前回、オクマのリール(サフィーナとフィスカー)がコスパ優秀!という記事を書きました。

初心者釣り|初めてのリールはシマノやダイワより、オクマがおすすめ!
釣りに必要な道具と言えば、 ロッド(竿) リール 仕掛け(糸、針、エサなど) の3点セット。細かい話はさておき、とりあ...

入門セットからのファーストステップとしては、もってこいの性能と価格。是非とも購入候補に検討していただきたいメーカーです。

けれどもシマノやダイワといった有名どころのエントリーモデルも気になりますよね。それらを試さずしてオクマを勧めるのもアンフェアというもの。

というわけで、今回はシマノのエントリーモデルの中でも評価の高い、「セドナ」のレビューをお届けします。

スポンサーリンク

17セドナC3000DH(シマノ)

セドナを選んだ理由

セドナC3000DH(シマノ)|型番

購入したのは「C3000DH」というモデル。

頭の「C」はコンパクト(Compact)の意味で、無印の3000番よりも1段小さいことを表します。つまり2500番と同等サイズ、ということです。

所有している2つのリールが2000番と3000番だったことと、普通の2500番よりもドラグパワーが欲しかったことが選んだ理由です。

お尻の「DH」は、ダブルハンドルを表します。これは所有リールの全てがシングルハンドルだったため、一度使ってみたいという興味本位で選択しました。なので特に深い意味はありません。

シマノには、最も安い「アリビオ」というリールがあります。

価格帯的には、こちらと比較するのが妥当かもしれません。ですがサフィーナやフィスカーよりも、カタログスペック的にずいぶん見劣りがするので、今回はセドナを購入した次第です。

スペック比較

セドナ、サフィーナ、フィスカー、そしてアリビオのカタログスペックは以下の通り。

 セドナ
(シマノ)
サフィーナ
(オクマ)
フィスカー
(オクマ)
アリビオ
(シマノ)
番手C300020003000C3000

BB数
(ボール/ローラー)

3/14/04/01/1
重さ250g
(DH付は275g)
240g300g260g
最大巻上量73cm67.5cm70cm74cm
最大ドラグ力9.0kg不明不明3.0kg
付属ライン無しナイロン
100m
PE
150m

ナイロン
150m

実売価格約4,300円
(DH付は約5,000円)
約2,400円約3,500円約3,200円

わずか1,000円ほどの中での攻防ではありますが、アリビオを選ぶなら。サフィーナやフィスカーの方が幸せになれる、というのがお分かりいただけるかと思います。

セドナのイイところ

逆に1,000円多く出せるなら、セドナを選ぶ理由があります。

軽い

セドナC3000DH(シマノ)|Gフリーボディ

ダブルハンドル付で275g、シングルハンドル付だと250gと、数値的には2000番のサフィーナと同程度の重さ。コンパクトタイプということを差し引いても、2段分小さいクラスと同じなわけですから、軽量モデルと言っても差し支えないでしょう。

「軽い」のは数値だけの話ではありません。実際に手にした時にも、ちょっと驚くほどに軽い

その秘密は「Gフリーボディ」という設計にあるそうで。

【Gフリーボディ】

ウォームシャフトをドライブギア上部に配置し、手元に重心を近づけたGフリーボディを採用。軽量自重を体感レベルでさらに軽く感じさせ、操作性に長けた攻めの釣りが可能となる。

シマノWEBサイトより)

確かに、数値的には10g軽いサフィーナ2000と比べても、セドナの方が若干軽く感じます。

わずかな違いですが、1日中釣りをする状況では、手にかかる負担が大きく違ってくるかもしれません。

ドラグ調整が細やか

セドナC3000DH(シマノ)|ドラグ

サフィーナやフィスカーのドラグは「カチカチカチ」と、割と大雑把な動きをするのですが、セドナのドラグは「チチチチ」と、より細かな動きをします。回転自体も滑らかで、操作するのが楽しくなります。

最大ドラグ力も9.0kgと、アリビオの3倍。サフィーナやフィスカーでは公表されてないので、決定的なことは言えませんが、造りの感じから想像するとアリビオと同程度といったところ。

セドナのドラグは、イイもの感が違います。

起こしたベールが、しっかり保持される

セドナC3000DH(シマノ)|ベール

造りの良さで言えば、起こしたベールがしっかりとキープされることでも実感。

サフィーナやフィスカーでは、キャスティングした勢いでベールが戻ってしまうことが多々ありました。半分は僕の腕の問題で、もう半分はベールの構造の問題だと、自己弁護的に理解しています。

今のところ、セドナではそうした問題が起きていないので、やっぱり造りが良いからだ、と思います。

巻き心地が滑らか

セドナC3000DH(シマノ)|ダブルハンドル

比べてみると、やっぱりセドナの方が巻き心地が良いです。滑らかで、ブレも感じず、手を離してから回転が止まるまでの時間に、数秒の差があります。いつまでも回したくなるとは、このことですね。

ダブルハンドルとシングルハンドルの違いは、釣果を含め、正直どっちでも良いかな。カッコいいとは思うんですけど。

セドナの残念なところ

ハンドルが折り畳めないところ。以上、終了。

あとがき

このように、セドナの良さはスペックシートに表しにくい部分にあります。デザインや質感、塗装、剛性感なども合わせて。

実使用的にはサフィーナやフィスカーでも十分だと思いますが、格下感は拭えませんね。

ただし、釣りのレベルや、子供も使うことを考えると、やっぱりセドナじゃなくても良いかな、と思う今日このごろです。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

フォローする