[大阪・岸和田]道の駅「愛彩ランド」で車中泊|温泉はスパリフレがおすすめ

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|案内板
スポンサーリンク
スポンサーリンク

車中泊の旅。場所は変わって大阪。1泊目は、だんじり祭りで有名な岸和田市です。

前回、大仏山公園を利用して、少々怖い思いを抱いてしまったので(何か事件が起こったわけではなく、ただのセルフホラー体験)、

[三重・明和町]大仏山公園で車中泊|人の気配が無いのはやっぱり怖い

できれば人里離れた公園は避けたいところ。

そこで今回は、安心の道の駅「愛彩ランド」を利用させてもらいました。

スポンサーリンク

道の駅「愛彩ランド」

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|案内板

道の駅「愛彩ランド」は、岸和田市のど真ん中を貫く国道170号線(バイパス)に面しています。

国道170号線は、大阪府の外かく部を通る「外環状線」と呼ばれる道路。大阪平野の東側にそびえる和泉山地から金剛山地、生駒山地に沿って走っています。

朝昼の交通量はそこそこ多いですが、帰宅ラッシュの時間を過ぎれば、途端に静けさを取り戻します。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|閉門の案内

しかも実際に車中泊をする場所は、国道170号線の反対側の駐車場。国道沿いの入口は、午後7時に閉門されてしまいます。なので、夜間はより一層静かな環境となり、安眠は保たれます。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|中央の池

敷地の中央には池があり、それを取り囲むように、駐車場、農産物直売所、ビュッフェ&カフェ、そして体験交流館といった施設が立ち並びます。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|トイレ

写真は車中泊側の駐車場にあるトイレ。もちろん24時間使用可能。自販機も併設されています。

建物自体、比較的新しいとは思うのですが、綺麗&清潔ではありません。飲み物用のゴミ箱からは、お弁当などの容器が溢れかえっている惨劇。利用させてもらっている立場なのですから、ゴミの持ち帰りは徹底して欲しいものです。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|農産物直売所

犬の散歩をしていた初老の男性と、なんとなく歩調を合わせながら、池沿いのゆるい坂道を登っていくと「農産物直売所」にたどり着きました。

この日は定休日(水曜日)だったため、買い物や食事をすることは叶いませんでした。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|屋台

手造り餃子や草餅、練り天の屋台など、美味しそうなものがたくさん販売されていただけに残念です。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|鮮魚直売所

鮮魚直売所も併設されていたりと、営業日はさぞや賑やかなことだろうと想像します。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|駐車場全景

駐車場は、約280台を収容可能な広さ。通行路を含め、ゆったりとした設計になっているので駐車はしやすいです。

道の駅 愛彩ランド(大阪・岸和田)|夜間の駐車場

トイレの照明もそうですが、夜間でも常夜灯は点灯しているので安心。大仏山公園のように、真っ暗闇に包まれることはありません。

この日、キャンピングカーは見当たりませんでしたが、長距離運送の大型トラックは数台停車していました。他にも普通車が数台停まっていたので、恐怖を全く感じることなく過ごすことができました。

近くの日帰り温泉

天然温泉 清児の湯

天然温泉 清児の湯(大阪・貝塚)|外観

温泉施設としては、車で約10分ほどの場所に「天然温泉 清児の湯」があります。国道170号線を西に走り、一箇所だけ右折すれば到着というアクセスの良さがポイント。

天然温泉 清児の湯(大阪・貝塚)|営業時間案内板

年中無休翌朝9時まで営業。さらに土日祝は24時間営業という、車中泊民にとっては最高の条件が設定されています。逆に、従業員さんの労働環境が心配にはなりますが。

天然温泉 清児の湯(大阪・貝塚)|料金

さらにさらに、大人440円という料金の安さも嬉しいですね。昨今、1,000円オーバーのスーパー銭湯が増えているなか、ノーマル銭湯価格は本当にありがたい。

天然温泉 清児の湯(大阪・貝塚)|エントランス

館内は、かなりクセのある昭和レトロなインテリア。

令和になった今、2つ時代を遡るのは、平成時代に大正ロマンを追いかけるようなものであり、さらに言えば、昭和時代に文明開花の音を聞くようなもの。いつの日か、懐かしさを超えた価値が生まれることを期待します。

どうしても内装に引っ張られてしまいがちになりますが、泉質はかなり良く、お風呂そのもののレベルは高いです。高濃度炭酸泉と合わせて、肌がスベスベになります。

ただし設備は古く、悪い意味で地元コミュニティが形成されるので、外様にとって居心地はあまり良いものではありません。

おざなりな接客を見ると、やはり長時間営業の負の側面が出てしまっているのではないかと邪推してしまいます。

天然温泉 清児の湯

住所〒597-0041 大阪府貝塚市清児583
営業時間昼12時~翌朝9時(最終受付8時15分)
土曜・日曜・祝日は24時間営業
定休日年中無休

天然温泉 スパリフレ

天然温泉 スパリフレ(堺市)|外観

居心地の良さを求めるなら「天然温泉 スパリフレ」をおすすめします。

設備が古いのは同じですが、全体的に広々としていて、開放的な雰囲気の中、くつろぐことができました。接客も普通で、地元コミュニティのクセはないようです。

お風呂自体、何気にかなりのハイレベルで驚きました。

赤褐色の金泉は浸透性が高いらしく、湯上り後も長時間にわたって、体のポカポカが持続します。

とりわけ良かったのがジェットバス。噴射の圧力がめちゃくちゃ強くて、種類が豊富。体の部位をくまなく刺激することができます。コリがほぐれ、仕事の疲れが吹っ飛びました。

愛彩ランドからは車で約20分と、少しアクセスに難ありですが、行くだけの価値はあると思います。

天然温泉 スパリフレ

住所〒590-0136 堺市南区美木多上903-6
営業時間10:00~25:00(最終受付24:00)
定休日年中無休

あとがき

これまで通り、安定の道の駅。車中泊するにあたって、何の問題もありません。

強いて言えば、直売所(10:00開店)やレストラン(11:00開店)の開店時間が遅いかな。できれば食事は地元のものを頂きたいので、7:00オープンだとありがたいです。

でも、これってブラック推奨になるのかもしれないので、強くは希望できないですけど。

道の駅「愛彩ランド」

住所〒596-0817 大阪府岸和田市岸の丘町3-6-18
定休日水曜日
車中泊
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com