【おすすめテーブルゲーム】「ナインタイル」は一人でも子供でもドハマり!

スポンサーリンク
ナインタイル(オインクゲームズ)|完成
スポンサーリンク
スポンサーリンク

年末年始にかけて、いくつかのゲームを買いました。ゲームといっても、テレビゲームではありません。電気の要らないテーブルゲームです。

なかでも「ナインタイル」にドハマり!

小学生の息子2人とアラフォー夫婦、時には祖父母も参戦。最大60歳の年の差なんて関係なく、本気の勝負で大盛り上がり!

というわけで、以下にてご紹介。

スポンサーリンク

ナインタイル|オインクゲームズ社

パッケージ

ナインタイル(オインクゲームズ)|外箱

今回購入したものは新装版。マテリアルデザインっぽい、今風な感じに変わりました。

いまだにAmazonなんかでは、従来品の取扱いがあるようです。

違うのはパッケージデザインのみなので、よっぽどのこだわりが無い限り、わざわざプレミア価格を支払う理由はないでしょう。

ナインタイル(オインクゲームズ)|外箱

パッケージの大きさは、ちょうどiPhoneSEぐらいと非常にコンパクト。ポケットサイズで持ち運びにも、収納にも困りません。

カード自体もそうですが、厚みのある紙が使われていて、しっかりとした造りになっています。つるりとしたコーティングがかけられていて撥水性もありそう。集中するとヨダレを垂らすうちの子には、心強い限りです。

内容物

ナインタイル(オインクゲームズ)|内容物

内容物は、以下の通り。

  • お題カード×30枚
  • ゲームタイル×36枚
  • 説明書

お題カードとは、9つのマークが1枚にまとめて描かれたカードのことを指し(写真上)、ゲームタイルとは、マーク1つがでっかく描かれたカードのことを指します(写真下)。

ナインタイル(オインクゲームズ)|ゲームタイル

ゲームタイルの四隅には、1つ〜4つの点が描かれています。それぞれ9枚づつで4セット。つまり1つのパッケージで4人が遊べる、ということです。

またパッケージを追加することで、同時に8人まで遊ぶことが可能。Nintendo Switchの「スマブラSP」にも負けていません。

遊び方・ルール

ナインタイル(オインクゲームズ)|ゲーム風景

内容物もさることながら、遊び方もいたってシンプル。手持ちのゲームタイル9枚を、お題カードと同じ並びにすれば完成です。

ゲームタイルには、表裏に6種類のマークが描かれています。

  • 花火
  • さくら
  • チョコレート
  • メロン
  • ドーナツ
  • ハーベスト

というのが我が家の通称。ハーベストがお気に入り。

スピード勝負!

並び替えてはひっくり返し、ひっくり返しては並び替えてを繰り返すわけですが、なかなか思うようにいきません。最後の1枚が合わなくて、いろんなタイルを引っ繰り返すうちに崩壊!なんてことも頻繁に起こります。

基本的にはスピードを競うゲームなので、めちゃくちゃ焦ります。でも焦るとパニックに陥いるので、冷静に手を動かすことこそが勝利への近道。

年齢は強さに比例せず!

ルールが理解しやすいため、数回行えば大人と子供の差はなくなります

差がなくなるどころか、回数を重ねるたびに、小学1年生の息子にフルボッコにされてしまうようになりました。子供の脳がすごいのか、大人の脳が劣化しているのか、悲しい現実。

1人でシミュレーションするのも楽しいようで、すきま時間を見つけてはトレーニングをしていた賜物です。

あとがき

負けても達成感が得られ、脳が活性されていることを実感できるので、身体にはかなり良い影響がありそうです。

テレビゲームに熱中すると嫌な疲れが残りますが、ナインタイルのようなアナログゲームだと、体も気持ちも爽快になります。寒さで引きこもりがちな体もリフレッシュされます。

ただし、フルボッコにされると悔しくてたまりませんけどね。

テーブルゲーム
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com