[三重・松阪]道の駅「飯高駅」で車中泊|温泉併設で便利。どいなか寿司が美味しい。

スポンサーリンク
道の駅「飯高駅」|案内板
スポンサーリンク
スポンサーリンク

車中泊の旅。今回も三重県です。

利用させていただいたのは、道の駅「飯高(いいたか)駅」。前回泊まったのも道の駅でしたが、

[三重・津]道の駅 「津かわげ」で初めての車中泊。津ぎょうざドッグが絶品!

やっぱり安定しています。治安良し、施設完備。なんてったって、他にも車中泊をしている方々がおられるんですから、安眠レベルが違います。

しかもこの飯高駅、施設内に天然温泉が併設という豪華スペックの道の駅。

早速レポートといきましょう。

スポンサーリンク

道の駅「飯高駅」で車中泊

だだっ広い駐車場、地元感溢れる施設

道の駅「飯高駅」|駐車場全景

奈良県へと通じる国道166号沿いにある道の駅「飯高駅」。一応、松阪市に入るようですが、山間なので、ぐるり見渡せる風景は、日本全国のそれと違いありません。

道の駅「飯高駅」|駐車場全景

駐車場はかなりの広さ。普通車116台、大型車8台を収容することができます。

三重県下では最も古い道の駅だそうで、駐車スペースを示すラインが消えかかっているのは、そのあらわれなのかもしれません。

この日もポツポツと同士たちの姿が見えます。手前のキャンピングカーからは、かなりの気合いを感じます。

道の駅「飯高駅」|メインとなる施設

建物自体は2004年にリニューアルオープンがなされ、まだまだ綺麗そのもの。

道の駅「飯高駅」|屋外トイレ

夜間に利用可能な屋外トイレも広くて清潔です。

道の駅「飯高駅」|屋内の様子

古民家風の屋内は、良い意味で雑多な雰囲気。

地元のマダム達が参加する絵画サークルでしょうか。即席のギャラリースペースには、かなりの腕前の絵が、見事な額縁にはめられて飾ってありました。

道の駅「飯高駅」|有名人のサイン

もう一方の壁には、有名人のサインが数多く飾られています。彦摩呂さんと内山くんのサインが横並びになっているのを見ると、ほっこりしますね。レストランへの期待が高まります。

「レストランいいたか」でジビエカレー堪能

道の駅「飯高駅」|レストランいいたかの店内の様子

高まった期待を胸に「レストランいいたか」へ。老舗の蕎麦屋のような、ウッディで落ち着いた設えが素敵です。

道の駅「飯高駅」|レストランいいたかのメニュー

「松阪まで来たんだから、松阪牛っしょ」と思いきや、値段を見て即撤退。家族が一緒じゃないと、食にお金を使うのに罪悪感を感じてしまう小心者です。

道の駅「飯高駅」|レストランいいたかのメニュー

第二希望の鹿肉を使った「もみじカレー」をチョイスしました。それでも1,000円オーバーなんですけどね。下調べ時点では890円と、HPに書いてあったのに。少し残念。

道の駅「飯高駅」|ジビエカレー

と思いきや、ボリューム満点で、ちょっぴり落ち込んだ気持ちも回復。ベースは欧風カレーで、後味が少しスパイシー。鹿肉もホロロと柔らかくて美味しい!結果的に大満足でした。

道の駅「飯高駅」|どいなか寿司

翌日の朝食のために、店長が考案したという「どいなか寿司」を購入。こんにゃくで包んだいなり寿司という他所では見かけない一品。B級感がたまりません。

「香肌峡温泉いいたかの湯」で入浴プラス森林浴

道の駅「飯高駅」|温泉施設への通路

お腹を満たした後は温泉へ。

レストランのすぐ横の入口から、休憩所のある通路を抜けて向かいます。徒歩10秒、屋根あり。この日は大雨だったので、この利便性の高さには助かりました。

道の駅「飯高駅」|香肌峡温泉いいたかの湯

シャンプー、リンス、ボディソープ完備。フェイスタオルであれば無料で貸していただけます。なので着た服の汗臭さを気にしなければ、手ぶらでの利用が可能です。

お湯自体は、特に際立った特徴のあるものではなく、普通の良い泉質です。

特筆すべきは、環境の良さ。山間の景色とナチュラルに漂う森林の匂いが、実に爽快な気分にさせてくれます。

加えて、櫛田川のせせらぎや鳥の鳴き声がヒーリング効果を増大させています。入浴と森林浴が一度に味わえる気持ちの良い温泉でした。

飯高駅名物「どいなか寿司」は、ド直球のB級グルメ

道の駅「飯高駅」|どいなか寿司

次の日の朝、楽しみにしていた「どいなか寿司」を頂きました。飯高駅名物と銘打つ横には、2010年10月7日発売の文字が。そろそろパッケージはリニューアルした方が良いようです。

道の駅「飯高駅」|名物どいなか寿司

けれども味付けはリニューアル不要。よく味の染みたこんにゃくは、もっちり酢飯と相性良し。いなり寿司とは、また違った食べ物に仕上がっています。お米がとっても美味しいですね。

あとがき

温泉施設が併設されているのは、やっぱりポイント高いですね。通例なら入浴後は運転が控えているので、長湯はセーブ、飲酒も禁物のところ、全開でリラックスできます

欲を言えば、もう少し遅くまで営業していただければ(受付20時まで、20時50分閉館)。でも、貸切状態だったこの日の需要からすると、難しいのかもしれません。

早寝早起きの車中泊民には最適。眺望もさることながら、気分も圧倒的に開放的になれる道の駅です。

道の駅「飯高駅」

住所〒515-1502 三重県松阪市飯高町宮前177
休館日水曜
トイレ24時間使用可
道の駅
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com