[愛媛・内子町]道の駅「内子フレッシュパークからり」は美味しいもの満載!

スポンサーリンク
道の駅内子フレッシュパークからり|
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年春キャンプの拠点は愛媛県内子町。麓川沿いの「知清キャンプ場」にテントを張りました。

[愛媛・内子町]知清キャンプ場は無料!スーパー、コンビニ、道の駅近し。

そこから徒歩3分の場所にある道の駅「内子フレッシュパークからり」

ハンバーガーがとっても美味しくて、地元のお土産も充実。何より川沿いのイートインスペースからの景色が最高!

というわけで、詳しいレポートをお届けします。

スポンサーリンク

道の駅「フレッシュパーク内子からり」

道の駅内子フレッシュパークからり|知清キャンプ場からの道

知清キャンプ場の北側、麓川と小田川に挟まれた三角地帯に道の駅「内子フレッシュパークからり(以下、道の駅からり)」はあります。

奥へと続く遊歩道を歩いていくと吊り橋(からり橋)があり、渡るとそこが道の駅からり。

道の駅内子フレッシュパークからり|橋にかかる鯉のぼり

この日はGWということで、たくさんの鯉のぼりがお出迎え。気持ち良さそうに泳いでいました。

道の駅内子フレッシュパークからり|からりちゃん

お目当ては、地元の内子豚を使ったハンバーガー。その名も「内子豚もろみ焼バーガープレミアム」。

お昼には少し早いAM11時に向かいましたが、すでに順番待ち。カウンターには「一旦オーダーストップ」の札がかけられていました。

傍らのベンチに腰をかけているマダムたちとともに、何となく列を作ったつもりでオーダー再開を待っていましたが、KY系の親子に先を超されてしまいました。残念。

道の駅内子フレッシュパークからり|直売所前

注文を済ませ、番号札をもらい、待ち時間は施設内を見学することに。

直近の4月27日に、直売所がリニューアルオープンされたそうで、ピッカピカの店内は地元の食材やお土産でにぎわっていました。

道の駅内子フレッシュパークからり|丸寿し(サヨリ)

これからハンバーガーを食べるというのに、どうしても味わってみたくなったのが「丸寿し」。お米の代わりに”おから”を使った、他ではあまり見かけないお寿司です。ネタは季節によって変わるそうで、この日はサヨリでした。

お米と違って、後味がとっても爽やか。子供たちの評価はイマイチでしたが、僕はまた食べたいと思う味。ただし、掴むとボロっと崩れやすいのが難点ですが。

丸寿しは、愛媛県の郷土料理。卯の花がは縁起物で、おめでたい時に食べられているそうです。ちなみに、ここの丸寿しは、内子町にある「かつ盛」という鮮魚店さんが作っています。

道の駅内子フレッシュパークからり|内子豚もろみ焼バーガープレミアム

20分ほど待って、登場しました内子豚もろみ焼バーガープレミアム

どーんと、このボリューム。お肉が美味しいのはもちろん、上の写真では分かりづらいですが、野菜もたっぷり入っているのがうれしい!キャンプって、油断するとビタミン不足に陥ってしまうので。

道の駅内子フレッシュパークからり|パン工房とハンバーガーショップ

ハンバーガーショップの隣には、焼きたてのパンが買える「からりパン工房」があります。こちらも大人気。パン好きの上の子は、ハンバーガーを食べた後に追加で食べていました。

道の駅内子フレッシュパークからり|イートインスペース

道の駅で購入したものは、屋外のイートインスペース「ふれあい広場」で食べることができます。川沿いの席はウッドデッキで一段高くなっていて、眺望抜群!新緑の景色と、そよそよと吹き抜ける心地良い風とで、とってもリッチなランチになりました。

あとがき

道の駅内子フレッシュパークからり|レストランからり

他にも、地元の食材を使った本格的な料理を楽しめるレストランや燻製工房、シャーベット工房など、美味しいものには事欠きません。また訪れたいと思う道の駅です。

知清キャンプ場はもちろん、内子の町を観光した時には、是非ともお立ち寄りください。

道の駅「内子フレッシュパークからり」

住所〒791-3301 愛媛県内子町内子2452番地
営業時間直売所、シャーベット工房 8:00〜18:00(冬季17:00)
レストラン 11:00〜18:00(冬季17:00)
パン工房 9:00〜17:00(冬季16:30)
ハンバーガーショップ 10:00〜15:00
道の駅
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット
関連コンテンツユニット
ふじこめうどんをフォローする
ふじこめうどん.com