【男の家事入門】ヨシケイはお得。完全自炊の見えないコストを考える。

ヨシケイのコスト

ヨシケイは割高である、という声はごもっともです。僕もそう思います。

うちはまだ子供2人が小さいので3人前を4人で分けているのですが、大体、週6日分で8000円ぐらい払っています。一日当たり、1300円ぐらい。

スーパーで特売品を買ったり、メニューを工夫するなどすれば、上のような金額を下回るのは簡単だと思います。だから割高である。

が、果たして本当にそうなのでしょうか?

スポンサーリンク

見えないお金が結構かかる

完全自炊をするとなると、見えないけれど必要なお金が結構あります。

1.交通費

スーパーが近ければ徒歩や自転車で行くことができるけど、僕のように3km以上離れた場所にあるとどうしても車を使うことになります。

うちの車の燃費がおよそ10km/Lほどなので、一度買い物に行くとなると、ガソリンを1リットル弱使うことになります。現在のガソリン価格は130円/Lぐらいなので、およそ100円ほどが一度の買い物に掛かる交通費になります。

2.時間給

といってもどこかから給料が貰えるわけではありません。時間給に換算すると、ということです。

ソニー生命の調査(「女性の活躍に関する調査」)では、家事に関しての色々な項目が時給換算されています(自由回答形式のアンケートではありますが)。そのなかの”買い物”の項目を見てみると、”778円”となっています。諸外国の調査結果では2000円とも言われているみたいなので、この値を下限と考えてもいいでしょう。

一度買い物へ出ると、1〜2時間ぐらい。800〜1600円ぐらいのコストが発生していることになります。

またメニューを考えたり、調理にかかる時間もヨシケイ導入時に比べて増加していると考えれば、週に1〜2時間ほどは余分なコストがかかってきます。

3.食材のロス

料理に不慣れなほど、ロスする食材の量が増加します。

切り方や剥き方が下手くそで、食べることのできる部分を捨ててしまうこともしばしば。生ごみも増えるので悪循環ですね。

また市販されている分量がレシピに書いてある量と合わず、少しだけ余らせても腐らすだけだからと全量投入し、結果味は薄く、コストは高くなり、こちらも悪循環です。

感覚から言えば、1割程無駄にしている気がします。料理の上手な人はこの1割をプラスに転換していくのでしょうけど、素人にはなかなか難しい。

4.無駄遣い

嗜好品や特価品など、魅惑的な香りがするものには手が伸びてしまいます。これはコントロールすれば済む話かもしれませんが、ついついやってしまうのが人間です。

またパッケージされている分量の制約もあり、足りないよりはイイと考え、多めに食材を買ってしまいがちです。結果、レシピよりも多めの食事を摂ることになり、ダイエット的にもよろしくないことになってしまいます。

まとめ

買い物を週2回=計3時間、メニュー検討&料理時間に週2時間(ヨシケイ導入比)と仮定すると、

(買い物)778円×3時間+200円=2534円
(増加時間)778円×2時間=1556円

 合計 4090円

1週間に4000円、1日600円弱、潜在的なコストが発生していると考えられます。

僕が注文している「プチママ」が平均1300円/円程なので、差し引き700円/日程が材料費ということになります。栄養士さんが作成するレシピで健康管理できていることを考えると、むしろ割安なんじゃないかとも思えてきます。

【男の家事入門】ヨシケイで健康管理。ダイエットにも効果あり。
夕食メニューはヨシケイにお任せするようになって、健康面で思いもかけない副作用がありました。 ダイエットに成功 栄養士さんが監修しているだ...



関連コンテンツユニット
スポンサーリンク