【初心者キャンプ】星と火と睡眠と。僕を駆り立てる、キャンプの魅力。

キャンプ|自然の中で眠る

10月も後半に入り、さすがに半袖短パンではいられないぐらいの肌寒さになってきました。今年はもうキャンプに行く予定はありませんが、もうすでに来年の企画を考えたりして、今からワクワクしています。

一体キャンプのどういうところが、僕をこれほどまでに駆り立てるのだろうか。

2シーズンを終えて、今強く思うことを整理してみます。

スポンサーリンク

満天の星空に宇宙を感じ、癒される

星空

ロマンチックな見出しになってしまいましたが、他に言葉が思いつきませんのでそのまま。

肉眼で見るから感じる”宇宙”

僕は視力がとても悪いので、普段、見ることのできる星はほんのわずかです。夜空はただの真っ暗な闇。そこには何もなく、何も感じません。

それがキャンプ場では一変します。

夜空には敷き詰められたように星が存在していることを、僕のこの弱い眼でも確認することができるんです。”天の川”ですら、これまでの人生で見るのは初めてでしたし、”すばる(星の赤ちゃんにあたる星団)”を見たときはとても感動しました。先日のキャンプでは、”流れ星”にも遭遇しましたよ。

これまでは教科書やテレビといった媒体を通しての情報だった星、すなわち”宇宙”が、肉眼で見ることによって、”今そこにあるもの”として認識できるようになります。

〇〇億光年の世界

「〇〇億光年とは光の速さで進むと〇〇億年かかることなんだよ」というような話を聞くと頭がクラクラしてきます。意味は理解できるのですが、実感として結びつかない、というある種の”不安”に似た状態です。

でも満天の星空を眺めていると、クラクラはしぼんでいき、逆に安心感に変わっていきます。

圧倒的な存在に身を委ねてしまうときの安心感、といえばいいのかなぁ。

”〇〇億光年”という時間を確認できたわけではないのにね。〇〇億光年前に放たれたと言われている光を確認し、それが何個も何個も、数えきれないぐらいあることを認識した瞬間、あー自分ってちっぽけ、ってなる。そんな感じ。全然うまく言えてませんね。

これは自分の眼で見ているからこそ生まれる感覚であることは確かです。伝聞では、こうはいきませんよ。

宇宙に癒やされる、スペースセラピーなんて流行りませんかね。

揺れる火に、ほぐされる

焚き火

『焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き』

昔は普段の生活の中に、焚き火がありました。庭の掃除として、落ち葉や枯れ枝を集め、それを燃やし、一緒に焼き芋を焼いて食べたりしていました。それがいつからか焚き火禁止の自治体が多くなり、火といえばガスの火ということになってしまいました。

火=感情

ガスの火は、安定していてとても便利なのですが、揺れることがないので見ていても面白くはありません。コォーって、燃料が無くなるまで、人工的で直線的な火を吐き出し続けます。

一方、落ち葉や枯れ枝を燃料とした火は、着火に時間がかかるし、火の粉もはぜるという扱いにくさがあります。でも燃える時の、パチッ、バチッ、ていう音と火の揺れは、ずっと見ていてもあきません。むしろずっと眺めていたくなります。

『燃えるような情熱』とか『恋の炎』とか、火は感情とどこかで結びついているのでしょう。眺めていると、何とも言えない気分になります。”せつない”なのか、”やさしい”なのか、”いとおしい”なのか、心の奥底にある感情が、じゅわーっとほぐし出されてくる。そういや感情も”揺れ”がツキモノですものね。

火=統一

キャンプの夜、周囲の音といえば、虫の音と、風で葉っぱがこすれあう音のみ。友人たちとお酒を飲みながら、焚き火を囲む。火が小さくなれば、だれかれともなく枯れ枝をくべる。みんなの視線は、踊るように揺れる火に注がれ、次第に夜が深くなっていく。

そんなことをしていると、嫌でもみんなの気持ちが一つになります

寝る人がいてもいいんです。気持ちが良くなっている表現ですから。その姿を見て、また和やかになりますしね。

大地を感じながらの睡眠

『人間は地面に近いほど熟睡できる』っていう論文ってないんですかね??

一戸建住宅の2階で寝ている普段の睡眠よりも、地上高わずか数センチのテントで寝るほうが明らかに良い睡眠ができています。川の音が聞こえるような場所なら、本当に気持ち良く寝れます。

日中、よく遊んでほどよく疲れているからなのかもしれませんが、吸い込まれるように眠りに落ちます。僕は夜中に1度は目を覚ますのですが、それもありませんし、何よりも次の日に疲れが残っていない

睡眠時間で言えば、この前のキャンプなんて5時間弱(普段は8時間)だったのですが、日の出とともにパンを焼いていました。テントの遮光性って、目覚めにはちょうどいい感じなんでしょうね。

地面が近い=安心感

に僕の場合はなっているような気がします。

よく眠れた朝に飲む珈琲がまた格別です!

キャンプの朝の淹れたて珈琲

まとめ

ここまで書いていて分かったことがあります。

キャンプ=癒やし

キャンプってアクティブなイメージを持っていましたが、僕の心を駆り立てているのは”癒やし”的な側面が強い。もちろん動的な楽しさも必要ですよ。でも絶対ではない。ただただ星を見て、焚き火をして、自然の中で眠る。それだけのキャンプでも、僕にとっては十分魅力的です。

来シーズンが待ち遠しいです。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク